塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2004年08月31日

伊能忠敬記念館

 千葉県佐原市の伊能忠敬記念館。行ってまいりました。
 帰省先から自動車で2時間。遠い!

 佐原は古い街並みのよく残るところで、言い方を変えれば時代に取り残されたようなところのある街だ。自動車で街中に乗り込むが、詳しい地図を持ち合わせていない上、道が狭くて行ったり来たり。おまけに昼食を摂ろうとしても適当な店がなかなか見つからず、街外れの香取神宮まで寄り道してしまったり。

 そんなこんなで伊能忠敬記念館にたどり着いたのは午後になってから。勇躍、足を踏み入れるところだが、駐車場の脇に忠敬の石造とセットになった一等水準点があったりして、なかなか足が進まない。

 鉄筋コンクリ造りの記念館は、和風の外観で、周囲の街並みにも程良くとけ込んでいる。館の規模はそれほど大きくないのだけれど、展示品がピリッとしたものばかりで、充分面白い。

 実は2003年秋冬の東京国立博物館の「伊能展」と、今年(2004年)春の神戸市立博物館の「伊能大図里帰り展」を見ているので、展示物的には一度見たことあるものが多かったのだけど(本物は現在も巡回展で廻っているせいか、測量器具はレプリカが多かった)、前2者の展示は忠敬のつくった地図にスポットを当てているのに対し、記念館は忠敬の人物像に焦点を当てているので、違う切り口で見るとまた違った印象を受けるものだ。
 やっぱり来てよかった、うん。

 特別展示室では忠敬所蔵の天文書の特集。ゾクゾクしても良さそうなものだが、活字ならともかく、古文書の筆文字なので何が書いてあるのかよく分からない(^_^; それでもこれを19世紀のはじめに実際に使っていたのかと思うと、それだけで感慨深くなる。

 ちなみに「タダタカ」「チュウケイ」の2通りある「忠敬」の読み方だが、記念館のクイズでは「タダタカ」説を採っていた。なんでも林家からもらった名付け状に「タダタカ」のフリガナがあるのだそうな。もっとも佐原の人々は「親しみを込めて」チュウケイとも読んでいるとのことで、結局どっちでも良いらしい。

 記念館の川向かいには、忠敬の旧居が今も残っている。往時よりは敷地が狭くなっているそうだが、名主の家だけあって堂々の屋敷である。といっても川に面した表だけ見ても、しかめっ面しくないのが当時の名主の雰囲気なのだろうか。奥には忠敬の設計した書院があったりする。
 裏庭に忠敬の銅像があるのだが、恐れ多くも並んで写真撮らせて頂きました。


posted by ふくだ at 18:59 | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

高エネルギー加速器研究機構一般公開

 茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構の一般公開に行って来た。つくばにいた頃は結構近いところに住んでいたこともあるのだが(当時は高エネルギー物理学研究所だった)、一度も足を踏み入れたことがなかった。得てしてそんなものだ。

 母と妹も一緒に付いてきたのだが、この2人は退屈しきり。そりゃそうだろう。むちゃくちゃ大がかりな研究機器が並んでいるのに、やっていることといえば目に見えないレベルの、日常生活にはまるで関わりのないような小さな粒子や途方もないエネルギーの世界のことなのだ。なんの説明を聞こうがチンプンカンプンといった様子。唯一スタンプラリーのスタンプを集めるのだけが楽しみだったようだ。

 とはいえ、こちらも物理は素人だ。宇宙論の本を読んでいると、どうしても最終的に物理の世界になってしまうので、用語としては多少のことは聞いたことはあっても、所詮文系でまともに物理を学んだわけではない。
 ま、それはそれとして、一般公開だからそんなに肩肘張ることなく、あちこち眺めては楽しんできた。

 あいにくの天気で来場者も例年よりは少なかったと思うのだが、敷地隅の臨時駐車場はかなりの入りで、こんな小難しいことをやっている研究所に、よくまぁこんな大勢の人がやってくるものだとそちらの方に感心したりして。

 研究所のメインの施設ともいえる大加速器。昔はトリスタンといっていたような気がするのだが、いつのまにやらBファクトリーになっていた。どう違うのだろう? 聞いておけばよかった。
posted by ふくだ at 19:50 | TrackBack(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

桜が丘・星のつどい

 東京・渋谷は桜が丘、五島プラネタリウム天文資料で月に一度行われている星のつどい。帰省などで関東による際に日程が合えば、大抵参加させて頂いている。

 神戸から早朝に「青春18きっぷ」で大移動。といっても9時間程度で東京に着くのだから意外に(?)速いものだ。実はいろいろ調べているうちに、毎朝通勤に使う普通電車からでも、乗り継いでいくとその日のうちに東京に着けることが分かったりして、なんだか不思議な気分になった。

 それはさておき、桜が丘。
 この日はあいにくの雨模様で、参加者も少な目……かと思ったら、十数人くらいのそこそこにぎやかな会になった。村松さんの新島レポートに始まり、みなさんからのペルセ群観望報告(私も飛び入りでしゃべらせてもらった)。それと天文用語の解説コーナーは思いの外に白熱。
 帰り際にはお月見用の「ススキ」まで登場して、相変わらず面白いところです。

 で、そのまま近所のいつもの店によって、それから高速バスで帰省と相成った。
posted by ふくだ at 23:40 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

ふじ丸出港

ふじ丸出港
 大学洋上セミナーのご一行様を乗せて、オーストラリア往復のクルーズ。外洋航路の旅立ちは風情があっていいものです。いってらっしゃいませ。
posted by ふくだ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸海洋博物館

 メリケンパークで白い鉄骨がひときわ目に付く神戸海洋博物館。
 神戸に住んで7年になるのだけど、初めて足を運んだ。実は2004年の10月からリニューアル工事のため長期休館ということで、その前に一度見ておこうという魂胆。

神戸海洋博物館

続きを読む
posted by ふくだ at 20:00 | TrackBack(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸華僑歴史博物館

神戸華僑歴史博物館 海岸通の神戸華僑歴史博物館を訪ねた。
 前の日に読んでいた、司馬遼太郎「街道をゆく」の神戸散歩に出てきて、ちょっと興味をそそられたのです。

 自転車で塩屋から45分。国道2号線に面したKCCビルの2階に博物館があります。実は仕事でこのビルには来たことがあって、この博物館があることも知っていたのですが、館に入るのは初めてです。

神戸華僑歴史博物館

続きを読む
posted by ふくだ at 19:50 | TrackBack(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

8月11/12日・ペルセウス座流星群

 超早寝超早起きで、2時半に家を出て、近くの漁港で空を眺めていた。
 1時間15分の間に、30個の流れ星を見ることが出来た。

 で、いつもいつも思うのだけど、願い事を言うのを、必ず忘れるんだなぁ。
posted by ふくだ at 10:10 | TrackBack(1) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月11日

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館「たいよう」
 午前中に神戸市立博物館のフェルメールを見て、お昼から青少年科学館へ。
 自宅から自転車で1時間。明石までだと30分なので、ちょうど倍の時間がかかる。これでも神戸市民なんだけどなぁ。
 ちょうど天体観望室の一般公開の時間だったので、さっそく上ってみる。
 青少年科学館の望遠鏡「たいよう」は口径25cm屈折という大砲みたいな望遠鏡で、なんと御年80歳を超えている。使われないまま眠っていた時間も長いのだが、とにかく現役で働き場所を持っているのはめでたい限り。昼間はさすがに25cm鏡で太陽を見るわけにはいかず、サブ機の15cmで白色光、もう一つ小さな10cmくらいの鏡筒でHアルファ、さらにもう一つ、テレビューのプロントでHアルファ。一番小さなプロントとソーラーフィルターの組み合わせだけでもン十万なのだが、値段を知ったら他のお客さんびっくりするだろうなぁ。
 少し前まで派手な大黒点が出ていたのだが、この日は少し落ち着いて、小黒点群が2〜3ほど。プロミネンスはそこそこ全周にケバケバが立っていて、なかなか面白い眺めだった。

 プラネタリウムは、春のリニューアルオープンの番組をまだ投影していて、自転車の疲れもあって、安心して眠りについた。大阪、明石と星の数を抑えた投影機を見ていたこともあり、GSS-KOBEの空はずいぶん微光星が多いなぁ、と思った。
posted by ふくだ at 19:21 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月07日

8月7日・明石市立天文科学館天体観望会

 今年はことごとく曇り続けている天体観望会。
 この日はかすみがかかりながらも、昼間は晴れ。しかーし、夕方から不気味な積乱雲がもくもくと成長をはじめる。絵に描いたような入道雲だ。
 プラネタリウムでの解説が終わって、外に出ると、どよ〜ん。雲量8。
 観望予定天体はベガとアルビレオだったのだが、どんより雲の中。どころか、雷光があちこちできらめく始末。
 とりあえず西空に木星が出ていたので、それを導入。それから雲の切れ間を縫ってベガ→アルタイル→アルビレオ→アンタレスと、見えている星を片っ端から導入していくという大忙しの観望会。
 それでも最後の頃はずいぶん雲の切れ間も大きくなって、夏の大三角もしっかり見えていたのだけど、どうしてこうも、夕方の時間帯だけ曇るかなぁ。
posted by ふくだ at 23:07 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月7日・明石市立天文科学館

 午前中に明石海峡大橋ブリッジワールドで、大橋の主塔に登る。
 午後に天文科学館に寄り、好評だという夏番組を見た。
 天文とはあまり縁のない知人が見て「よかった」と言っていたので、どんなものなんだろうと気になっていたのだ。
 「ビッグバンから生命誕生へ」という壮大なテーマで、宇宙と人間のつながりを感じさせるいい番組だった。明石には珍しくビジュアルにふんだんに訴えかける構成なので、マニアの人はどの映像をどの補助投影機から映してるかを推理すると面白いかも。
 リニューアルの神戸・大阪といい、老舗の明石といい、今年の関西はプラネタリウムが熱い。
posted by ふくだ at 23:06 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。