塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2004年09月28日

川崎重工の労働者たち

川崎重工の労働者たち モザイクの水路の向こう、川崎造船の工場側にあります。先の土曜日(25日)に、散歩がてら友人に紹介したら大ウケでした。

 24時間働き続けるこの人たちの近くに、「八時間労働発祥の地」なんて記念碑が建っていたりします。何考えてやがる川崎重工(苦笑)。


posted by ふくだ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災10周年記念特別番組

 職場の最寄り駅に貼ってあった、神戸市青少年科学館のプラネタリウムのポスター。ポートライナー三宮駅ならともかく、新開地にまで貼るとは、力が入っている。

 「全天迫力のバーチャル体験」
 「神戸初上陸、にじ色に輝くオーロラの姿」
 「まぢかで見る太陽の姿」
 「恒星を巡る宇宙旅行」

って、SFX超大作の宣伝ですかっていうくらいのコピー。なんだかはじけちゃっていないだろうか。

 でもほんとはきっと、まじめな番組なのだ。番組のタイトルが「Soleil 太陽の詩」なら、ポスターに写っている望遠鏡の名前も「たいよう」。イギリスからやってきて、海洋気象台で働いて、青少年科学館でまだ頑張っている苦労人なのだ。彼(彼女?)の語る神戸って、だって80年間といったら、神戸空襲もあれば阪神・淡路大震災もあるわけで。

 ポスターには書いていないのだけれど、館の方が震災10周年記念番組ですとおっしゃっていて、きっと力の入った番組なのだと思う。
 間違いない。
posted by ふくだ at 22:05 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「神戸在住」第3巻 木村紺

 神戸に住む女子学生の視点から、日常の風景を淡々と綴った漫画。2004年9月現在、6巻まで刊行中。続きを読む
posted by ふくだ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

コスモキッズ・ファインダー(とりあえず)

 仮の試作品。前に買ったNASDAの宇宙飛行士マスコットを貼り付けてみました。でも夜は曇りっぱなしなので、まだ空の下では試していない。
 部屋を暗くして見てみたところ、暗闇ではコスモキッズの本体も宇宙飛行士もさっぱり見えないことが判明(^_^;
 蓄光塗料を塗るかなにかしないと、使い物にならない。

 覗く位置がかなり低くなるのが欠点だが、テーブルやベンチの端に置いて使う分には実用になるのではないかと。
posted by ふくだ at 23:55 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

コスモキッズ・ファインダー案

ファインダー案(1)ファインダー案(2)
 コスモキッズは本体が丸っこくて、鏡筒の後ろから筒先を見ても、どちらの空を向いているのか分かりにくい。天体導入の経験者なら慣れでカバーできるのだが、簡便なファインダーをつけることを考えている。

 左側の図は、接眼部の脇に、フィルムケースとガチャガチャのカプセルを組み合わせたファインダーをつける案。レンズはなくて、等倍の素通し。形は本体に合わせただけで、深い意味はない(^^;

 右側は本体の「羽」の部分に突起物を2つ取り付け、その先端を重ね合わせると照準になるというもの。

 低倍率のアイピースを使えば3度程度の実視野は簡単に得られそうなので、ファインダーの精度も大ざっぱで大丈夫。鏡筒が向いている方向さえ分かればよいという感じ。
 しかーし、本体がプラスチックの曲面なので、きれいに取り付けて仕上げるとなると、ちょっと面倒かなぁ。
posted by ふくだ at 10:35 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

天体観望会(2004年9月)

 松江から遊びに来た友人と連れ立っていったのだけど、見事に曇り。というか、天文科学館の16階観測室が強風でうなっておりました。そういう天気でも30人そこそこ集まってくるのだから、みなさんものずきというか、なんというか。
 しっかし、今年度、まともに晴れたことあっただろうか!?
posted by ふくだ at 22:26 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星空鑑定能力検定試験

 明石市立天文科学館の主催する「ほしけん」こと「星空鑑定能力検定試験」。春に続いて第二回。

 試験はプラネタリウムドーム内で行われ、前半はペーパーテスト。後半はドームに星を投影しての「実技」試験。出題レベルは全般的に平易……なのかなぁ? 星を見ている人にとってはまぁ、分かる問題が多かったと思うけど、一般の人からしたらどんなもんだろう。春よりは素直な問題が多かったので、試験としては良かったと思う。

 前回はすごかったのだ。もう時効だと思うので書いちゃうけど、受験生の間で語りぐさになっている「銀経120度にある星座の名前を答えよ」とか、プラネタリウムでポインターで指した星座が「とかげ座」とか。

 今回もとっても困る問題がいくつかあったけど、まぁ、全体的には素直になったと思いますです。でも個人的には適当に答えた問題はみんな外してしまった(;_;) 前回は適当に書いたのもずいぶん当たったんだけどなぁ。

 試験結果は10月上旬発表とのこと。はてさて。
posted by ふくだ at 22:13 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

兵庫縣里程元標

兵庫縣里程元標 中央区元町通7丁目にある「兵庫縣里程元標」。
 東京・日本橋にある日本国道路元標の兵庫県盤と言ったところ。京都市でも同じようなものを見たので、以前は各地方ごとにあったのではないだろうか。
 元々は東海道線を跨いで架かっていた相生橋(今はない)の西詰めにあったらしい。その後、1931年の国鉄線高架化と共に撤去され、戦後は湊川神社の門前に置かれていた。
 現在の場所に移設されたのは2004年夏のこと。いつの間にやら引っ越していて、びっくりした。
posted by ふくだ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

コスモキッズその後

 こちらで公開中。まだ使用感のレポートはなし。昼間晴れていても、夜になると雲が出る今日この頃。そして朝になると晴れている……
posted by ふくだ at 22:45 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

塩害

塩害 2004年9月7日に神戸市域を暴風圏に巻き込んでいった台風18号。大阪湾から潮飛沫入りの強風が吹き荒れ、塩屋一帯で大塩害が発生中。いきなり秋がやってきたかのように、そこら中が枯れ草と枯れ木だらけ……

 この塩害、兵庫から大阪一帯で出ているようで、来年新芽が出るまでは回復しないだろうとのこと。いやいや、こんな目にあっても来年復活する植物がえらいというべきか。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。