塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2004年11月30日

日本丸

日本丸 神戸に来て間もない頃、「日本丸と海王丸が来ている」と言う友人に連れられて、新港埠頭までライトアップされた2隻の帆船を見に来たことがありました。当時は全く興味がなかったので「なんでこんな寒い中、船なぞ見にいかなあかんのや」とおっくうがっていたのを覚えています。
 それでも帆船を間近に見たのは初めてでしたので、そのおっくうがった思い出と共によく覚えています。

 毎年、冬の時期に神戸港に立ち寄るそうなのですが、2004年は台風23号で海王丸が難船してしまったので、日本丸だけの寄港となりました。調べてみたら、この船も20歳になるんですね。

 総トン数2,570トン。最大搭載人員190名。1984年就航。

航海訓練所/日本丸


posted by ふくだ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕暮れの日本丸

夕暮れの神戸港と日本丸

 練習船「日本丸」が神戸港に来ています。
 もう、帆船というのはそれだけで絵になります。ましてや夕暮れ時の神戸港です。きれいじゃないわけないじゃないですか。
 (写真をクリックすると拡大します)
posted by ふくだ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

N-1グランプリ in 長田

N-1 GP長田2004 新長田・西神戸センター街恒例の(って2回目ですが)下町漫才大会。出場者数が増えて、予定より30分繰り上げのスタート。着いたらいきなりチアがステージを跳ね回っていてびっくりしました。

 出場者も幅が広くて、アマチュアの大会ですが、素人の域を越えてる組が多いのです。会場の前の方で笑い転げていました。小学生の組もかわいくてよかったです。会場全体が見守ってるような雰囲気になって、下町ならではです。
 ふと脇を見ると、犬の散歩の人なんかが通り抜けて行く。ここが商店街だということをふと我に返って思い出します。
 とにかく上位5組くらいを選ぶならともかく、2組だけ決勝というのは審査の方も相当大変だったのではないかと思います。

 ゲストの松村邦洋さん、いい人です。ものまね入りのコメント、フォローがすごく丁寧で暖かみがある。テレビでは感じられない人柄が伝わってきました。スイミー船(一発で変換できた!)、前年度グランプリの格を見せつけます。この人たち、面白いです。

 写真は優勝した「ニトロ」の表彰風景。この人たちも売れてくれるといいな♪

第2回N-1グランプリin長田 長田下町漫才大会
posted by ふくだ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天文科学館で太陽観望

 朝一番にP.S.T.を持って出かけた。もう、子どもが買ったばかりのオモチャを自慢するのと一緒。
posted by ふくだ at 12:35 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

P.S.T. ファーストライト

 朝一番にファーストライト。
 実は我が家、東側に山があるので、太陽がなかなか出てこない。今の季節だと8時過ぎ……
 先に朝食を取って、職場へ行く準備も済ませて、その時を待つ。って、経緯台の上にP.S.T.を載せただけですが。

 で、太陽登場!
 最初は太陽表面のダークフィラメントがうねうね見えるだけだったのだけど(それでもすごい)、評判で聞いていた雰囲気より、今ひとつというところ。

 単純至極なことで、実は太陽に薄雲がかかっていたのだった(^^;

 雲が退いた瞬間、「うおぉっ!」と声をあげてしまった。隣家に聞こえたんではないだろうか。もう、なんといいますか、彩層面は細かい模様がビッシリだし、ダークフィラメントはウジャウジャしてるし、黒点の周りはゴチャゴチャ細かい模様が集まって、白い斑点もいくつも見えたりして、外周には何ヶ所もプロミネンスがボボーッと上がっている。

 いいのか、こんなものが個人の家で見えてしまって。あはははは。
 付属のアイピースはアイリリーフが短くて、眼鏡使用の身にはしんどいので、PEXTAXのXLに取り替える。若干コントラストは落ちるが(掃除してないからなぁ)、のぞき易さは遙かに上。ブロッキングフィルターのために視界はケラれるが(見かけ視界で40〜50度くらいか?)、10mm(40倍)で太陽の全体像がすっぽり収まるので問題はない。

 で、出勤しないといけないので、5分で切り上げ。
posted by ふくだ at 21:45 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

P.S.T. 1st Impression

 大きさの割には、意外にずっしりとして質感がある。
 アイピースの止めネジがプラスチックだけど、他は基本的に金属製。写真で見ると安っぽそうなイメージだけど、実物はそんなことはない。
 ええと、説明書が英語なので(当たり前だけど)、読むのが大変じゃ。エタロンフィルターの調整は金色の鏡筒の接眼側のヘリコイド状の回転部を回せばよく、ピント調整は本体手前底面部のツマミで行うらしい。
 まあいいや、寝よう。
posted by ふくだ at 23:58 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

P.S.T.到着

 帰宅したら国際小包の不在届けが入っていた。
 「来た!」
 明日再配達してもらってもよいのだが、天気予報では明日後半から明後日にかけて、雨。
 はるばる海を渡ってやってきたのに、雨のお出迎えではかわいそう。なにより今晩手元にあれば、天気が崩れる前の明朝にファーストライトが出来るじゃないか。
 ということで、もちろん後者の理由がほとんどなのだけど、郵便局まで小包を回収しに行くことにした。

 といっても、本局まで片道5km。しかも郵便局は駅から相当離れた場所にあるので、自転車で行く。いや、ちょっとは不安だったのだ。でも本体の大きさは見当付いていたので、あれほど馬鹿でかい箱に収まってこようとは、夢にも思いもせなんだ。国際便て得てしてそういうものだとは郵便局の窓口の方にお聞きした。手遅れじゃ。

 かくして宅配便なら160サイズに届こうかという大箱を、手で抱えて家に帰る羽目になった。つ、疲れた〜。軽いからまだよかったけどね。
 
posted by ふくだ at 23:40 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝る前スターウォッチング

 夕方薄曇りだったのに、窓を開けたらいつの間にか晴れていた。
 思い立って、土星を見たくなった。前にバッグに突っ込んだままだった6cm屈折を組み立てて、外に出る。ファインダーをセットするが、あれ? くるってる。
 月が出ていたので、本体で直接、月を導入して、それでファインダーを合わせる。ついでにちょっとだけ月面観望。
 さーて、いよいよ土星。40倍で小さく、ちぃーさく、輪が見える。最近しばらく夜中に星を見ていなかっただけに、ほんと久しぶりの土星。
 すごーく、得した気分になって引き上げる。この間10分。
 なんだか満足して、床につく夜。
posted by ふくだ at 01:02 | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

Soleil ソレイユ〜太陽の詩〜 再び

 2回目見に行ってしまった。
 いやー、だって、よかったんだもの。
posted by ふくだ at 21:33 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

Soleil ソレイユ〜太陽の詩〜(神戸市立青少年科学館)

 9月から始まった新番組。
 前から期待はしていたのだけど、なかなか行けずじまいで、公開から2ヶ月以上も経ってようやく足を運ぶことが出来た。

 8月に青少年科学館を訪ねたときに、ちょうど25cm屈折「たいよう」の一般公開をしていたのだけど、その時おられた職員の方が「次の番組は震災10周年の記念番組ですから、ぜひ見に来て下さい」とおっしゃっていて、なんだかすごく力の入った番組のような気がしていて、ずっと楽しみにしていたのだ。

 番組紹介は↓青少年科学館のサイトから。
 http://www.ksm.or.jp/astro/planet/ippan_f.html

 ナレーションは「サザエさん」の波平役でおなじみの永井一郎さん。「機動戦士ガンダム」のナレーション(とデギン・ザビ)も実はこの方だけど、どっちかというと、ノリは波平さんに近い雰囲気。でもしっかり関西弁になってるのはさすが。

 ところがこの番組、なんでこんな紹介しか書いてないんですかというくらい、深い番組だった。思いっきり涙腺を刺激されてしまった。神戸に住んでいるからかなぁ。他の人が観たらどんなもんなんだろう。
posted by ふくだ at 23:01 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。