塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2005年12月24日

「神戸在住」木村紺

神戸市立図書館の神戸在住 月刊誌の世界の月の進み方は随分早周りで、12月20日頃に発行される号が、翌年の2月号だったりします。
 講談社の漫画誌「アフタヌーン」に連載されている『神戸在住』が、3月発売の号で最終回になるという告知が出ていました。ここ数年では唯一、コミックスを買い揃えていた漫画だけに感慨深いものがあります。
 主人公は関東出身、そして私が神戸に移り住んだのと同じ年に神戸に越しています。連載漫画ですので、主人公との歳の差は開く一方でしたが、ついつい思い入れをしてしまう漫画でした。仕事を通じた知人ばかりの神戸で、人のつながりの幅を広げてくれるきっかけにもなりました。振り返ってみると、この一年ほどは、これまで語られてきたエピソードを、いろいろ回収していく話が多かったように思います。
 誌面で読めるのはあと3回ほどになりますが、精一杯、楽しませてもらおうと思います。

 写真は神戸市立中央図書館に収められている『神戸在住』第1巻。ちゃんと7巻までそろっています。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

RSS配信開始

塩屋天体観測所のRSSの配信を開始しました。RSSエディタ Headline-Editor Lite版を使っています。
http://www.h2.dion.ne.jp/~kazuf/sao/rss.rdf
posted by ふくだ at 00:10 | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

キャンドルナイト2005

キャンドルナイト2005 2003年から毎年、行われているイベント。
 公式サイト「100万人のキャンドルナイト
 夏至と冬至の20:00〜22:00の2時間、でんきを消してスローな夜を過ごしましょうというもの。

 正直、スローライフとかロハスとか、言葉としてはあんまり好きじゃないのです。本来は地味なものだと思うので、流行物的に扱われると気分が悪い。ただ、まぁ、きっかけとしてはよいのかもしれません。ブームに終わらず、しっかり根付いてほしいものです。

 私は星好きとして、参加しています。家の灯りを消すだけの、ささやかな参加です。
 
 実は神戸、街明かりのない星空を、11年前に経験しています。阪神・淡路大震災の発生直後、ライフラインの止まった街の中、冬の天の川が、たしかに夜空に見えたのだそうです。
 街明かりのない街と言えば、内戦が終わった直後の、アフガニスタンのカブールがそうでした。現地に入っていた知人から「世界でいちばん、星がきれいな首都だ」、そんなメールをもらいました。

 街の明かりは、人のくらしの息づく確かな証拠でもあります。悲しみの上に広がる闇夜なら、それなら明かりのある夜の方がいい。
 ただ、それでも、少しだけ、ほんのちょっとだけ、立ち止まって考えてもよいのではないかと思うのです。何もかもが明かりに照らされた暮らしの中で、見失ってしまったものがあるのではないか、と。

 一年でいちばん、長い夜の日に。
posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

到着まで約4分

到着まで約4分 大雪の日のJR。10分15分の遅れは日常茶飯事ですが、30分以上になると、電光掲示板から本来の到着時刻が消えて「到着まで約何分」の表示になるのです。はじめて見ました。
 基本的には京阪神のJR東海道・山陽線、およそ15分間隔で同じパターンの電車が走るので、全列車がきれいに15分遅れてくれれば、一見ふだんと変わらない時刻に電車が来るはずです。イギリスだったか「めずらしく汽車が時刻通りにやってきたと思ったら、ちょうど24時間遅れてきた」という小話があるそうで。もちろんそんな都合のいい話はなく、30分遅れた快速電車に須磨駅で放り出されたら、待ち合わせているはずの普通電車がいなくて、寒い中10分くらいホームで過ごしました。相手が自然現象ですから仕方ありません。帰り着けただけ、よしとしましょう。
posted by ふくだ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雪

雪です神戸200512 今冬はじめての雪景色でした。朝起きたときは、まだ曇り空だったのですが、朝食の準備をしている間にはらはらと白雪が舞い始め、気温が低かったこともあり、見る見るうちに積もりはじめました。
 職場からは一時、自宅待機するように連絡があり、それが解除になるころには当然のことながらJRのダイヤは大混乱。雪への備えのない京阪神のこと、これだけ降られたら仕方ありません。
 5分遅れで塩屋駅に到着した電車は、途中で線路上で立ち往生しながら、遅れの幅を20分まで拡大して進みました。まぁ、動いているだけで立派なものです。幸い通勤ラッシュ時を外していたこともあり、車内もどことなくのんびりムードでした。到着した駅前では、雪玉とカサで野球をしている若者がおりました(^_^)。
兵庫南部で大雪 神戸88年ぶりの積雪量(神戸新聞2005.12.22)
通勤ラッシュを直撃 スリップ、事故相次ぐ(神戸新聞2005.12.22)
posted by ふくだ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

サイエンスZERO

 「はやぶさ」のプログラムマネージャー、川口淳一郎さんが出演した回、再放送で見ました。上手く行った点、行かなかった点、当事者が直接、視聴者に語りかける機会があるというのはいいですね。
posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

「はやぶさ」その後

 その後の「はやぶさ」ですが、既に報道されているとおり、姿勢制御装置の故障の影響で、地球帰還が2010年に延期されました。12月14日現在、探査機との通信は途絶していますが、管制チームはこれについては回復の見込みが高いとしています。ただし探査機自身はリアクションホイールが3台中2台故障、姿勢制御スラスタも2系統中2系統が不調と、満身創痍です。通信が回復しても、探査機の姿勢を何らかの手段で制御できない限りは地球への帰還軌道に乗せることが出来ず、楽観視できる状況ではありません。ただ厳しい状態に陥ったときのISASの方々の体育会的根性と執念と渾身の努力は、今までも幾度となく発揮されてきましたし、今後も続けられていくでしょう。これまで得られたデータによる成果を期待しつつ、これからもエールを送り続けたいと思います。

続きを読む
posted by ふくだ at 00:50 | TrackBack(2) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

北埠頭行き

北埠頭行き 久しぶりに乗ったポートライナー。三宮駅の行き先表示が「北埠頭」になっていました。あれ、島内一周して三宮に戻るのではなかったっけ、と思いながら、事故でも起こって部分運休しているのかな、でも市民広場から先は線路が右回り一方通行だからこの区間は単線折り返し運転をしているのだろうか、いや中公園駅からいきなり北埠頭に直行されたらどうしよう……勝手な想像がどんどん広がります。
 目的地は南公園だったのですが、不安になって駅のお姉さんに、「この電車、南公園まで行きますよね?」と間抜けなことを訊ねてしまいました。

 なんのことはありません、途中の駅から、行き先案内は「三宮」に変わって、やっぱり島内を一周して三宮に戻るのでした。たしかに三宮駅で行き先を「三宮」にするわけには行かないのでしょうけど(^_^; 実は北埠頭駅、島内をぐるりとまわって最後に出てくる駅なので、この駅の名前を出しておけば、いちおう全ての駅はカバーできるのです。でも「ポートアイランド循環」とか、「島内循環」とか、そんな行先案内じゃだめなのかな?
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今こそ土星へ! ―カッシーニ35億キロの旅―(神戸市立青少年科学館)

 夏休み以来、久しぶりに神戸市立青少年科学館に足を運びました。プラネタリウムは年2番組なので、それだけが目当てだと、どうしても訪問回数が少なくなります。

 今回の番組は「今こそ土星へ! ―カッシーニ35億キロの旅―」。そのまんま、土星探査機「カッシーニ」の番組です。
 もうバーチャリウムII全開。ストーリーはカッシーニの土星までの旅路やこれまであがった観測成果をそつなくまとめた構成なのですが、全天周映像を使いまくった演出が効いています。定番とも言える土星の輪くぐりから、個人的にツボにはまったのはタイタン表面のイラストを全天に映し出したシーン。ホイヘンスの録音したタイタンの風の音を流された日にはたまりません。
 なぜかエンディングテーマにDef Techの「My Way」を流していたのですが、これもいい感じにはまっていました。
posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。