塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2008年08月31日

花北観望会の歴史(2003-2008)

 まる5年ということで、備忘録。
 とりあえずネット検索で引っかかったもののみ、リストにしました。あと何回かやっているはずですが……まぁ、いいや。

続きを読む


posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年8月の読書

池波正太郎『鬼平犯科帳』(一)(二)
スタジオジブリ:編『サツキとメイの家のつくり方』
瀬戸内晴美『花心』
福井晴敏『機動戦士ガンダムUC』(5)
堀淳一『消えた街道・鉄道を歩く地図の旅』

 いよいよ『鬼平』に手を着けてしまいました。あ〜あ。
 『消えた街道・鉄道を歩く地図の旅』は、地形図をネタに旧道、廃線跡、古代官道などなどを歩いてみる本。

続きを読む
posted by ふくだ at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

DVD『はやぶさの挑戦』到着

 ずーっと昔に、今年の春頃にでるんじゃないか、と聞いていたDVD。ようやく発売されました。「はやぶさの大いなる挑戦」と「祈り」が収録された『小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦』です。

 両番組とも既に見たことがありますし、特に「祈り」はオンラインでも公開されているのですが、やはり手元に置いてじっくり観たいというのが人情です。
# ちなみに「はやぶさの大いなる挑戦」は明石の天文科学館、「祈り」は相模原のISASで観ました。

 発売を知って、さっそく注文したのですが、それが今日、届きました。
# 商売慣れしていないから仕方ないのでしょうけど、着払いの郵便物が前触れ無しにやってくるって焦りますね(汗)

 以下、若干のネタバレ含みます。

続きを読む
posted by ふくだ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

花北観望会(2008年夏)

 姫路市内の播但線野里駅前で開催している花北観望会
 19時〜21時の2時間の設定で、前半は公民館で西はりま天文台の黒田さんのお話。後半は広場(というより見た目は歩道の広い場所)で観望会。
 天気予報も当日の朝の天気も、好天を望むべくもない状況で、たいてい小さな望遠鏡を担いでいく私も、今回は手ぶらで参加。

 ところが。
 姫路について空を見上げたら、木星が輝いているじゃないですか。
 黒田さんのお話がクイズで盛り上がって、20時を少し回って終了。20人ほどの参加者みんなで表に出ると……望遠鏡がない!
 なんと、望遠鏡を積んで会場へ向かっていた車が、トラブルで出発が遅れるハプニング。

 おじさんが自宅に望遠鏡を取りに戻ったり、お客さんが持っていた望遠鏡をお借りしたり、その間にも見えている星の案内を始めたり、やがて遅れていた車が到着して、なんとか観望会スタート。

 雲間の観望会でしたが、観望にあてた一時間のうち、星が見えていたのは20分ほどで、あとは曇り空を見上げながら時間を過ごすことになってしまいました。毎度のことながら天気ばかりは致し方ありません。

 観望会をお開きにした後は、例によって近くのお寿司屋さんになだれ込んだのでした。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

親知らず抜歯

 ということで、抜いてまいりました。左下の親知らず。

 図の通り、親知らずが真横に生えているパターンで、歯を真上に引き抜くことが出来ないため、歯の上部を切断してから、残りの根っこを引き抜きます。

 治療……というよりは電動ノコギリ(?)やペンチ(?)を使った「工作」だと思うのですが、しっかり麻酔を効かせてくれるので、やってる間の痛みはありません。が、かなり強い力で押し引きしている様子や、歯を抜く際のミシミシという音、抜いた穴を縫合している様子は伝わってきます。

 歯根が骨を包み込むようになっていたとかで、先生もずいぶん悪戦苦闘されていました。抜いた歯を見て助手のお姉さんが後で「うわっ」とびっくりされていましたが、えっへっへっ、本人のいる所で驚くな(苦笑)。終わった後だからいいんですけどね。

 治療室に入ってから出るまで、30分。でも検索すると、1時間とか長い人だと4時間とかいう例もあるらしいので、まぁ、まだ、ましな方だったのでしょう。
posted by ふくだ at 12:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

講演会「岩崎一彰 宇宙画の世界」

 天文科学館では2008年の夏休み期間中、岩崎一彰さんの宇宙画の特別展が開かれています。その連動企画として、ご本人の講演会「岩崎一彰 宇宙画の世界」が開催されました。

 私の子どもの頃の宇宙の図鑑というと、たいてい岩崎さんのイラストが載っていたものです。私の家にあった図鑑も、記憶にある限り、太陽・水星・金星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星・小惑星・太陽系全体図は岩崎さんのイラストでした。本やら雑誌やらパンフレットやら、いろんなところに登場するので、同世代のほとんどの方は知らずのうちに岩崎さんの絵を見ているはず。
 ちなみにもう一つの本業としてパッケージデザインの仕事もされていて、ハウス食品の一連のカレーとか、とんがりコーンとか、見たことのない人の方が少ないはず(これは妹尾河童『河童が覗いた「仕事場」』で知りました)。
 
続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青少年のための科学の祭典 東はりま

 青少年のための科学の祭典 東はりま会場に参加してきました。明石市立天文科学館/星空案内人(星のソムリエ)はりま/明石市立天文科学館星の友の会としての出展です。
 移動式プラネタリウムと「太陽と日時計」の出展でしたが、ブースと天候の都合もあって、天体望遠鏡や分光器の実演となりました。出展のスタッフは、実質的に当日が初顔合わせだったのですが、サクサクと展示を組んで、役割分担までいつの間にか出来てしまうという、(私以外は)優秀な方々。

 他の出展では、兵庫県立考古博物館の方が出していた火起こしの体験コーナーが面白かったです。丸棒を板に押しつけてグルグル回して摩擦熱で火をおこすという、昔ながらの点火法。私もチャレンジしたのですが……一人ではバテてしまい、結局4人掛かりでようやく火がつきました。「これで火を付けられないと、ご飯食べられないよ〜」との声が、なんとも身に染みました。

 どこからやってくるのか、お客さんのほとんどが、親子連れの小学生。出展者の半分以上は地元の中学・高校の理科系の部活/クラブで、さながら文化祭みたいなノリでした。
 移動式プラネタリウムも大人気で、2日目の日曜日は、急遽、最終回の投影時刻を繰り上げて、その後に追加公演まで行いました。みんな、星空好きなんですね。
posted by ふくだ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

生解説に挑戦

 イベントでプラネタリウムの生解説をしました。
 移動式プラネタリウムの公演で、1日6回、1回30人のお客さんが対象。投影時間は1回15分程度。解説陣は本職1名にアマチュア2名のローテーション。アマチュア2名のうち、一人は他館での投影経験のある強者で、もう一人は素人。その素人が、私です(汗)。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:32| Comment(8) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

かこがわせんっ!

 先日の野外天体観測会の写真の中に、この一枚がありました。経緯度標の側で、通りかかった電車を撮ったものです。

 友人の家で、互いの夏の遠出のデジカメの写真を見ていたときのこと。
 幼稚園児にしてテツ(鉄道好き)の、友人の息子が、この写真を見るなり叫んだのです。

 「かこがわせんっ!」

 ……いったい、この写真の何から、加古川線と分かるのでしょう?
posted by ふくだ at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

デジカメ修理完了

 2007年12月から使っている、PowerShot A650IS(キヤノン)の撮像に、薄暗い影が写り込むようになりました。ズームを動かすと影の大きさが変わるので、どうやら光学系の内部にゴミか何かが入り込んだ模様。

 一眼レフのようにレンズが外せないので、素人には手が出せず、サービスセンター送りにしました。そしてちょうど一週間で修理完了。

 「光学ユニットの撮影レンズ部に、ゴミが付着」ということで、「光学ユニットを部品交換」したとのことでした。

続きを読む
posted by ふくだ at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。