塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2009年03月31日

2009年3月の読書

池波正太郎『鬼平犯科帳』(七)
今尾恵介『地図で歩く 路面電車の街』
上西一郎『理科年表読本 理科年表を楽しむ本』
千葉憲昭『カメラ常識のウソ・マコト』
中川人司『宇宙授業』
新田次郎『孤高の人』(上)(下)
宮脇俊三『駅は見ている』
宮脇俊三『殺意の風景』
宮脇俊三『日本最長片道切符の旅』


posted by ふくだ at 21:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

次回作

ISAS | 「はやぶさ」ペーパークラフト / 「はやぶさ」と遊ぼう!
(via.はやぶさまとめニュース
探査機の運用手順通り、太陽電池パドル展開、中利得アンテナA駆動、サンプラーホーン伸展、イオンエンジンジンバル駆動、ターゲットマーカ分離、ミネルバ分離、再突入カプセル分離、パラシュートカバー分離が可能ですので不屈の闘志で挑戦してみてください。
Movable paper model of “Hayabusa”(Seiichi Sakamoto))
 受けて立ちましょう!年度末が過ぎてから……
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現在製作中3

  「かぐや」のレーザー高度計のデータを元にした国立天文台の月球儀ペーパークラフトの「その3」。半年以上放置したままでしたが、ようやく完成させました。
 南北両半球まで組んだあと、最後のかみ合わせでどうしても隙間が出来てしまいます。ごまかす修正する方法がないかといろいろ考えたのですが、妙案は浮かばず、結局そのまま木工用ボンドでくっつけました。近くで見るとアラだらけですが、大きいので迫力はあります。

 このシリーズ、一通り組みましたが、おすすめは「その5」です。いちばんきれいに球体に近い形が出来上がります。目指せ、一家に一台月球儀。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

芦屋ロックガーデン

 午後から用事があったので、午前中を利用して、芦屋ロックガーデンの中央尾根から風吹岩を歩いてきました。

 このルートは、六甲山系屈指の人気コースという評判。
 JR芦屋駅ですでにハイカーの姿を見かけるのですが、重装備……とはいわずとも、きっちり身を固めた方が多いようです。塩屋あたりで見かける人とは雰囲気が違います。
# 塩屋から須磨の山は、軽装の人が多いのです。犬の散歩道にしてる人もいるくらい。

 阪急芦屋川駅を過ぎると、そこかしこに山へ向かう人々が屯しています。小公園ごとにハイカーのグループが点呼を取っていたり、準備運動をしていたりと、阪急+芦屋=高級住宅街のイメージとは少し別世界です。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

京阪神近郊エリアのホーム禁煙化

・「京阪神の在来線ホーム、7月から禁煙 JR西」(神戸新聞2009.3.27)
・「在来線特急列車などの全席禁煙化ならびに在来線ホームの禁煙化の拡大について」(JR西日本2009.3.26)

 やっとこJR西日本が腰を上げてくれました。
 ホームの喫煙所は開放空間なので、周囲に煙が流れますし、停車中の電車に煙が入り込んでくることもあります。
 通勤時に乗る車両は、途中駅の喫煙所も計算しながら選んでいるのですが、ようやくそれも解消されます。

続きを読む
posted by ふくだ at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

おとめ座銀河団攻略戦

 ここ数日、おとめ座銀河団のメシエ天体を巡っています。
 機材は10cm屈折(BORG100アクロマート)、空は最微等級が4等前後という状態。

 図のうち、赤・オレンジ・マゼンタで示したものは確認できた天体、青で示したのがまだ未確認の天体です。以下、残った天体のリスト。数値と「」のコメントはアストロアーツのメシエ天体ガイドから。

  • M61……9.6等。「淡い対象なので空の条件が少しでも悪いとかなり厳し」い。
  • M91……存在不明のM天体。かみのけ座のNGC4548説が有力で、10.8等。「空の条件が良ければ、淡い丸い小さな光斑が見える」
  • M98……10.7等。「40〜60倍程度で、好条件下で存在が分か」る。
  • M99……10.1等。「40〜60倍程度で、好条件下で存在が分か」る。
  • M100……10.6等。「40〜60倍程度で、好条件下で存在が分か」る。

 コメントはいずれも、口径10cmでの見え方の説明ですが、はたして神戸の空で見ることが出来るのでしょうか。

posted by ふくだ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ガリレオの世代


 天文春分祭の寸劇プラネタリウムを見ていて、ガリレオってどのくらいの世代の人なのか、不意に気になりました。
 もちろん世界天文年のきっかけの人ですから、400年前に活躍した人というのは知っています。それが日本史のどのあたりの人と同世代なのかと思ったのです。で、比べてみました。

 ケプラーの親分のティコが徳川家康と同年代、ケプラーとガリレオが伊達政宗と同年代です。なので、おおざっぱにいえば、ティコの活躍は日本の戦国時代終盤から安土桃山、ケプラーとガリレオの活躍は江戸時代初頭という感じです。

 ちなみにコペルニクスに近い人は、小田原北条氏の二代、北条氏綱(1487-1541)あたりで、日本の戦国初期。
 ニュートンに近い人となると徳川五代将軍綱吉で、こちらは元禄の人になります。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

長峰山(神戸市灘区)

 長峰山は摩耶山から南に突き出た尾根上のピークです。頂上は天狗塚と呼ばれる岩塊で、六甲山系でも屈指の眺望です。

 ただし、それなりの登りごたえはあります。まじで。
続きを読む
posted by ふくだ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ツバメ見参2009

 天文春分祭へ出かける途中、商店街で見かけました。2009年はだいぶ早めのようです。
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮りテツ志願2(期間限定)

 まだやってるのか、というこのシリーズ。
 このラッピング電車が走り初めて3週間目で、ようやく一区切りです。

 ということで、人丸前駅ホームの子午線通過シーン。


続きを読む
posted by ふくだ at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。