塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2009年04月30日

2009年4月の読書

池波正太郎『鬼平犯科帳』(八)
司馬遼太郎『歴史の中の日本』
サイモン・シン『ビッグバン宇宙論』(上)(下)
野尻抱介『ロケットガール』(1)〜(4)
安井至『図解雑学 環境問題』
安井至『市民のための環境学入門』
矢野直美『おんなひとりの鉄道旅』

続きを読む


posted by ふくだ at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

いよっ、日本一!

 ローマ字表記で日本一短い駅名なのだそうです。漢字および平仮名では、三重県の「津(つ)」が1文字なのですが、ヘボン式のローマ字では「TSU」の3文字になってしまうので、この粟生駅に軍配が上がるのだとか。
# ほかにもローマ字2文字の駅名はいくつかあるそうです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

デジカメ復帰

 修理に出していたコンパクトデジカメ、CanonのPowerShotA650ISが戻ってきました。所要日数は10日間。
 撮影した画像に薄暗いシミが写り込むトラブルで、「CCDにゴミが付着していたので光学ユニットを交換した」とのことでした。

 現用のPowerShotA650ISは、2007年12月に購入したものです。保証期間内の2008年8月にも撮影画像にシミが写り込み、この時は「撮影レンズ部にゴミが付着していたので光学ユニットを交換」となりました。一眼デジならともかく、コンデジで内部にゴミとは。しかも二度も。
 以前使っていたPowerShotA70は、4年間使っていてゴミにまつわるトラブルはなかったのですが、うーん。A650ISは可動部が多いからでしょうか。

 気休めですが、家電量販店のポイントが溜まっていたので、カメラのケースを買い換えました。
posted by ふくだ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

油コブシ

 途中で小雨混じりの天気。写真は油コブシ三角点。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

海抜80mの雲

 天文科学館の2階から16時頃撮影。寒冷前線の通過直後。
 明石海峡大橋の舞子側の主塔が、橋桁の高さまで雲に覆われています。明石海峡大橋は、海峡の真ん中で海面から橋桁まで約83mですから、雲の高さもおよそ同程度。
posted by ふくだ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き血を抜く

 献血をしてきました。無事終了。
 後から送られてくる血液検査のシートを眺めるのが楽しみだったりします。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

洋書が来た

 そういえば頼んでいた本が届いていました。
 「The Observer's Sky Atlas: With 50 Star Charts Covering the Entire Sky」という本で、2007年に第3版が出ています。

 日本語版は「フィールド版スカイアトラス」の名称で1991年に丸善が刊行したのですが、後が続きませんでした。私が入手した時点で既に品薄で、「出版社に在庫がなくて、少し傷が入ったものしか残っていないそうですが、それでもいいですか?」と本屋の店頭で確認されました。

 「フィールド版スカイアトラス」は10年近く使っていて、多少の痛みはあるものの、まだまだ現役です。夜露にさらされながら使っていることを考えると、よく持ちこたえています。

 とはいえ、完全にボロボロになる前に後がまを用意しておきたく、生まれてはじめて洋書を発注しました。新品が\2,200円、送料入れて\2,540円。あちらのAmazon.comでは$23なので、まずまずの値段だったかと思います。

 判型は一回り大きいのですが、内容の構成は日本語版とほぼ同じなので、違和感なく使えそうです。全部が英語といっても、天体の名前や等級くらいなら、なんとかなりますし。

 星図は旧版を写真に撮ったかスキャナで読み込んで拡大したのか、若干、シャープさに欠けています。といっても、あえて難癖を付ければという程度で、実用上は差し支えありません。

 このまま使うか、バラしてクリアファイルに入れるか、ラミネート加工してリング綴じに直すか(これは高く付きそう)、思案中です。
posted by ふくだ at 00:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

市電の線路? 山へ行く

 シュラインロードを下りきって、裏六甲ドライブウエイを歩いていたときのこと。
 落石よけの柵が廃レールで組まれているのに気付きました。鉄道の柵に古レールが使われているのは珍しくないのですが、ここは六甲山の北側斜面。よくこんな山奥までレールを運んできたものです。
 と思いながら通り過ぎようとしたら、なんだかレールが変です。なんだこの断面は。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAX COFFEE

 「MAX COFFEE」という缶コーヒーがあります。かつては茨城・千葉だけで販売されていたものが、2009年2月から全国展開されています。とはいえ身の回りでは見かけなかったのですが、六甲ケーブル下駅の自販機で発見。思わず購入。

 甘ったるさは昔ながらですが、飲んでいるうちに「あれっ? こんな程度だったっけ」。最近はカフェオレやココアなど甘い飲料も増えたので、舌が慣れたのかもしれません。もっともコーヒーとしては相変わらず異様な甘さ。成分表の100gあたり炭水化物9.8gって何なんだ。

 子どもの頃は缶コーヒーといえばこれで、茨城・千葉の地域限定商品と知ったのは大学生になってからでした。本来の発売元は利根コカ・コーラボトリングなのですが、今回購入したものはコカ・コーラカスタママーケティング扱いになっていました。これだけは利根のままにして欲しかったなぁ。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスロード・シュラインロード

 六甲山の山上は、標高700〜900mの緩やかな起伏が連なる高原状の地形になっています。大阪湾に面して温暖な神戸市街の背後にありながら、冬になると平均気温が氷点下
 明治から大正にかけては、冬季に氷を作って氷室に保管し、春から夏にかけて神戸市街に降ろして販売する商売があったそうです。そのルートに使われたのが通称「アイスロード」。現在の六甲ケーブルと表六甲ドライブウェイの間にあります。

続きを読む
posted by ふくだ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。