塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2009年06月30日

ピンホールの日食像

 ピンホールで日食を観察できるということ、言葉で説明するのはなかなか難しいです。
 厚紙を用意して、小さな穴を開けます。で、これを部屋の天井の蛍光灯の光にかざします。
 するとどうでしょう。穴を通った光が、天井の蛍光灯の丸い形になっているではありませんか。
 これはピンホールカメラと同じ原理です。
# ピンホールカメラについては詳しい説明のサイトがあります。

 日食の時は、小さな穴を通った光が、欠けた太陽の形になるわけです。
 木漏れ日は、葉っぱの隙間が小さな穴と同じ役目を果たすので、地面にたくさんの欠けた太陽が映って見えます。

 国立天文台のサイトにピンホールを利用した観察例が紹介されています。
 http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/obs.html

 JAXAではこの木漏れ日の日食の写真を集めるキャンペーンを企画しています。携帯のカメラでも撮ることが出来ると思いますので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。
 http://edu.jaxa.jp/komorebi/

(2009.7.3追記)
ピンホールを利用した観測器の製作例↓
皆既日食の観測器、手作りできます 明石・天文科学館」(2009.7.2神戸新聞)
 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002083165.shtml


posted by ふくだ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年6月の読書

有川浩『図書館戦争』
池波正太郎『鬼平犯科帳』(十)
司馬遼太郎『アメリカ素描』
司馬遼太郎『春灯雑記』
中西準子『環境リスク学 不安の海の羅針盤』
フィリップ・プレイト『イケナイ宇宙学』
堀田善衞『めぐりあいし人びと』
水戸岡鋭治『ぼくは「つばめ」のデザイナー 九州新幹線800系誕生物語』
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

太陽を撮ってみる

 ビクセンの日食グラス(旧型)をコンパクトデジカメ(Canon PowerShotA650IS)の対物レンズ前に置いて撮ったものです。望遠最大×デジタルズーム4倍(35mm判換算840mm相当)。部分食の経過を追うだけならこれでもなんとかなるでしょうか。

 ピクセル等倍の画像はこんな状態。画質はちょっと辛いものがあります。小さな黒点が出ていても、写すのは難しいかもしれません。

 携帯電話のカメラに日食グラスをあてて太陽を撮ったもの。露出補正をかけても、太陽本体は完全に露出オーバーでした。もう少し濃いフィルターを使わないと難しそうです。
(2009.6.28撮影)
posted by ふくだ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩屋七夕まつり

 商店街じゅうに、笹飾りが掲げられていました。梅雨の最中の七夕祭りです。
 川面の七夕飾りはなかなか風情があるのですが、夜になると電飾がピカピカしているのがちょっと残念。電飾はなんとなく、年末のクリスマスみたいな気がしてしまって……
 とはいえ、星にちなんだまつりが地域にあるのは嬉しいものです。

 ちなみに2009年の伝統的七夕は8月26日。
 いわゆる旧暦では、今年は閏5月があるので、ちょっと遅めの七夕になります。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

日食観測用木漏れ日

 観測室の一般公開の後、午後のプラネタリウム投影を見て家路につきました。
 ドーム内ではもちろん日食の番組を投影中。番組の中で皆既日食のビデオが流れるのですが、じつはこのビデオを撮影していた時、カメラのすぐ脇に私がいまして、皆既食の間じゅう「うわぁ」「うぉぉ」「すごい」と絶叫しまくっている私の声がしっかり録音されています。
 あれが毎日毎回の番組で流れているのかと思うと、恥ずかしい限りですが、始めての皆既食だったので、とにかく興奮しまくっていたんですね。

 よく第三接触のダイヤモンドリングがきれいだと言われるのですが、私がいちばん印象に残っているのは第二接触(皆既食になる瞬間)です。
 太陽の最後の光が消えいりながら、コロナがふわっと広がって、空の色もさあっと深くなるのです。筆舌に尽くしがたい光景で、これはこの世の景色ではないんじゃないかと思いながら見ていました。

 写真は天文科学館の西側、亀の水からの人丸神社の参道にて。日食になったら壮観でしょうねぇ。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16階観測室一般公開

 あいたい兵庫ディスティネーションキャンペーンに伴って、4月から6月までの毎土日祝の午前中に行ってきた16階天体観測室の一般公開。ひとまず今回で一区切りとなります。
 今日は朝からベタ曇りだったので、望遠鏡説明モードで準備をしていました。実際、10:00〜12:00の公開時間のうち、11:20までは曇りっぱなし。少しずつ西から晴れ間は広がっていたのですが、お昼までに晴れるかどうかは怪しいと踏んでいました。

 が、急に天候が回復。最後の40分だけは金星を見ていただくことが出来ました。
 250名を越えるお客さんがいらしたのですが、うーん、実際に金星を見て頂いたのは半分弱だったか。

 この間、25回の16階天体観測室一般公開があったのですが、日誌をパラパラめくってみると、一部の時間帯でも晴れたのは今日を入れて13回。この時期としては、上出来というべきでしょうか。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

ほしとも☆キッズ135「日食博士になろう」

 明石市立天文科学館星の友の会のジュニア部門「ほしとも☆キッズ135」の勉強会。観望会がある土曜日に隔月で開催しているのですが、今回のテーマは日食。
 なんでも一週間前に定員オーバーになってしまったそうで、改めて関心の高さを実感したりします。
 日食の原理の説明や、安全な観察方法の説明、ピンホール式の太陽観測器の工作などなど、もりだくさん。

 あとでメインのサイトにまとめるとか書きながら、実は今年度になってから友の会の海賊版のコーナー、一度も更新していないことに今ごろ気付いたりします。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

騒音と掃除

 職場のパソコンのファンがとってもうるさいのです。
 私の隣のデスクに置いてあるデスクトップPCなのですが、数分に一度、台所の換気扇より大きな音で、ブワワーッとファンが鳴り響きます。

 関係者の「お下がり」のパソコンで、あらかじめ「音がうるさいのが欠点」と聞いて引き取ったので、そういうものだとあきらめていたのですが、この数日の蒸し暑さにガマンならず、バラしてみました。
# 暑い上に騒音って、不快指数が跳ね上がるじゃないですか。

 CPUのファンはホコリだらけでしたが、これは想定内。以前もファンの羽を掃除したことがあって、それでも騒音は改善されませんでした。
 今回は思い立ってファンのユニットを外してみたら……うわ、ヒートシンクのファンに接する面がホコリで完全に目詰まりしています。となりのトトロの「まっくろくろすけ」を10匹束にしてローラーにかけたようなフェルト状の綿ぼこり。これはアカン。ひょえ〜。

 「まっくろくろすけ」を除去したら、ウソのように静かになりました。あの騒音は、きっと悲鳴だったんですねぇ。ていうか、よく熱暴走しなかったものです。
posted by ふくだ at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

全国プラネタリウム大会・明石2009プレイベント

 6月22〜24日に、全国プラネタリウム大会・明石2009が開催されます。
 日程の設定で分かるように関係者向けの行事なのですが、日曜日の21日、市民向けにプレイベントが行われました。

 会場は天文科学館から国道2号線を挟んだ南側にある中崎公会堂。まもなく築100年を迎えようかという、和風の素敵な建物です(こけら落としは夏目漱石の講演会だったそうな)。

 JAXA広報部・阪本成一さんの講演会と、全国天文キャラクターシンポジウム(上写真)、それに天文キャラクターふれあいタイム/移動式プラネタリウムという三部構成。
# 阪本さんは知る人ぞ知るペーパークラフト作家です。

 写真もたくさん撮ったので、あとでメインのサイトにまとめます。

続きを読む
posted by ふくだ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

Mitakaの日食

 月の影を映せるんですね。アニメーション表示させると面白いです。
 日本近海もだいたい晴れているようです(ぉぃ)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。