塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2010年04月30日

2010年4月の読書

浅井建爾『日本全国「県境」の謎』
有川浩『図書館革命』
有川浩『別冊 図書館戦争I』
有川浩『別冊 図書館戦争II』
大樹連司『ほうかごのロケッティア』
小川洋子『科学の扉をノックする』
野田篤司『宇宙暮らしのススメ』
山崎大地『宇宙主夫日記』


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

SPring-8一般公開

 SPring-8の一般公開に行って来ました。
 いろいろお腹いっぱいに見てきたので(でも公開施設全部は回りきれなかった)、あとで本館にまとめます。
 写真は左がシンクロトン内部、右がX線自由電子レーザー施設の線形加速器。

追記〉SPring-8解説マンガ「エイトハカセ」
http://www.spring8.or.jp/ja/kids/8hakase
posted by ふくだ at 20:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ISS上空通過 4月28日

 軌道情報では最大仰角86度という、ほぼ天頂を通る絶好の条件。
 駅から家まで歩きながら空の様子を確認。薄雲は出ていますが、シリウスと金星は見えています。雲がこれ以上広がらなければ大丈夫かな。

 写真を撮ったものかどうか考えたのですが、頭の上を隅から隅まで通過する豪快な光跡は、手持ちの機材では表現できません。ということで、家の表でのんびり眺めることにしました。
# それでも携帯のカメラで写るかどうか試してみた。

 予報の時刻を30秒過ぎたあたりで、南西の空に光点が見え始めます。
 遅れたのはおそらく低空の雲のせい。ぐんぐん高度と光度をあげながら、ISSは火星とレグルスの間を抜け、北東の雲間へ消えていきました。
# そして携帯のカメラでも写ったけど手ブレでひどいことに。

 そんなこんなで、今週後半の夕方はISSの観望好機です。→JAXAISS を見よう(神戸)
posted by ふくだ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

パッキン交換

 職場の電気ポットのお湯の出が今ひとつなので、調べてみたら蓋のゴムパッキンが劣化していました。
 タイガー魔法瓶の製品で、型番を調べてメーカーのウェブサイトを見ると、交換部品を売っています。
 送料含めて千円程度なので、先週末に発注しておいたら、今日届きました。

 取り外した旧パッキン。外す過程でボロボロに崩れ落ちていきます。もはやゴムではない。ここに至るまで誰も気付かなかったのか……

 新しいパッキンに取り替えて、電気ポットは無事に復活。これであと数年は戦えます。
posted by ふくだ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ある日の移動式プラネタリウム

 神戸大学付属病院にて明石市立天文科学館の移動式プラネタリウムの投影を行いました。お客さんはがん患者さんとご家族、小児病棟の子どもたち。同病院の緩和ケアチームの取り組みの一環としての投影です。
 今年(2010年)1月に行った投影が好評で、2回目を企画したもの。togetterにまとめがありますので、ご参照下さい。
# 「天文ガイド」2010年5月号33頁に初回の様子が紹介されています。
 
 天文科学館側のスタッフは、職員3名+星の友の会のメンバー2名。朝8:30、機材一式を車に乗せて科学館を出発。

 会場の神緑会館は、神大付属病院の敷地内にあり、セミナーやら何やら多目的に使用している建物です。
 病院の敷地内ということで、患者さんの異動の負担も少なく、医師や看護師(がん看護専門看護師や認定看護師も含む)、病院のボランティアスタッフも付き添い、細かい配慮が行き届く体制が取られています。

 バリアフリーの配慮が進んできたとはいえ、様々な制約で外出が難しい方々もいらっしゃいます。まして実際の星見はもっと大変。そこで移動式プラネタリウムの本領発揮というところ。

 ドームの設営は手慣れたもので、30分もかからずに完了。室内には緩和ケアの相談コーナーや、来場された方の交流コーナー、アロマセラピーのコーナーも用意されました。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

花北観望会(2010年春)

 夕方から花北観望会。姫路はJR播但線野里駅前の花の北市民広場で行っている街角観望会で、2003年の火星大接近をきっかけにスタート。
 最初の頃は森本おじさんが自作のチラシをプリンタで印刷してご近所に貼り回ってましたが、今は地元の花北公民館の行事になっています。

 夕方から2時間程度の枠で、前半は公民館の一室で星のお話、後半は外で観望会というスタイル。西はりま天文台公園の黒田さんが講師で、星座早見盤の使い方やら、小冊子を配って惑星のお話やら、近々の天文現象のお話やら。写真はスタート直後で人出がまばらですが、このあと15人くらいまで増えました。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明会

 2010年度から新規に始まる天文科学館のボランティアの説明会がありました。4月10日に続いての2回目で、今回は40人ほどの参加者。
 取り組みの概要は館のサイトに案内が出ています。

 天文科学館への市民参加はこれまでもあり、例えば16階天体観測室(時計塔のてっぺんのドーム)の一般公開は、40cm反射望遠鏡の講習を受けた友の会の会員が担当してきましたし、イベント時にどこかのコーナーに、募集に応じた友の会の会員がお手伝いに入っていました。
 友の会とは別に、「星優登録」という枠組みがあり、こちらはプラネタリウムの星座物語への声の出演や子ども向けの紙芝居やコンサートの司会などが守備範囲。毎年70人ほどの登録があったそうです。
 もう少しゆるいところでは、月に一度の天体観望会の時の、4階屋上で望遠鏡の操作も友の会の有志でやってました。こちらは事前の参加調整はなく、その日その場にいた人たちで担当。

 そういった意味ではすべてが新規事業ではないのですが、館の展示リニューアルに合わせて、制度として位置づけるということで、多少のドキドキ感はあります。

 試行錯誤しながら、いい方向に動いていけばいいなと思います。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

前田のクラッカー

 むかしむかし、私の両親が「あったりまえだのクラッカー」というフレーズを、何とはなしに使っていました。
 なんのギャグかと思っていたのですが、特に気に留めることもなく、そんな記憶は頭の片隅に置き忘れて、やがて私は大人になりました。

 そして、今日。立ち寄ったスーパーマーケットで見つけてしまったのです。「あたり前田のクラッカー」。写真では読みとれませんが、パッケージの左上に「あたり前田の」と刷ってあります。大阪は堺の前田製菓の製品でした。

 「あたり前田のクラッカー」は実在していたのか!

 思わず買ってしまったのは言うまでもありません。
 と、一人で盛り上がりながら綴ってしまった、星とも宇宙とも全く関係のない話でした。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の「はやぶさ」「あかつき」

 JR/阪神福島駅・JR新福島駅と大阪市立科学館の間に「はやぶさ薬局」と「ビアレストランあかつき」の交差点があります。(ふ)さんが編集後記で紹介されていたところ。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

花北観望会のお知らせ=終了

 姫路市の花北公民館&花の北市民広場で開催している街角観望会です。

日時:2010年4月24日18:00〜20:30
  18:00〜19:00頃 花北公民館で星のお話や工作
  19:00〜20:30頃 花の北市民広場で観望会

会場:花北公民館&花の北市民広場
  兵庫県姫路市増位新町2丁目12
  JR播但線「野里駅」下車すぐ

※曇天雨天の場合は、星のお話や工作の時間を長めにとったり、屋外での観望会を取りやめて全体の終了時間が早まる場合があります。
posted by ふくだ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。