塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年03月31日

2011年3月の読書

新井素子『…‥絶句』(上)(下)
小川洋子『博士の愛した数式』
長沼毅,藤崎慎吾『辺境生物探訪記 生命の本質を求めて』


posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

さらば「こうのとり」2号機

 宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)。
 2011年3月29日未明にISSから切り離され、30日昼過ぎに大気圏に再突入します。

 29日と30日の早朝(未明)に、ISSの前を行くこうのとりが視認できるはずでしたが、東日本ほど条件がよく、関西は高度が低い厳しい条件。

 29日は目覚ましをかけたにも関わらず、痛恨の寝過ごし。枕元に置いたはずのアラームを仕込んだ携帯電話が布団の中で発見されました。無意識のうちに耳元から遠ざけて音の聞こえぬ場所に押し込んだようです。手強いぞ寝ている俺。

 30日朝が最後のチャンス。
 湯たんぽと双眼鏡を抱えて、通過10分前に外に出ます。しかし透明度がよくありません。雲のない空ですが、全天がかすんでいます。天頂のアルクトゥルスと東天のベガだけが目立ちますが、他は北斗七星がかろうじて半分見える程度。北極星は双眼鏡で確認する始末。これは……厳しい。

 3:54、こうのとりが地球の影から出る時刻。何も見えず。双眼鏡で見当をつけて探しますが、分からず。
 3:55、こうのとりの高度が10度を切り、視程外へ。

 3:56、ISSが地球の影から出る時刻。何も見えず。双眼鏡でも確認不能。
 3:57、ISSの高度が10度を切り、視程外へ。

 「こうのとり」2号機は気合いの入った模型を作っただけに、一度は実機を拝みたかったのですが、叶いませんでした。分厚いもやの向こうでしたが、見送りに立てただけでもよしとしましょう。

 「こうのとり」2号機は3月30日12時09分、大気圏に再突入して燃え尽きます(予定)。誰ですか、焼き鳥なんて言っているのは。
posted by ふくだ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

JR塩屋駅エレベータ設置

 2010年春から工事が進んでいたJR塩屋駅のバリアフリー化事業。2011年3月29日、ようやくエレベータが稼働しました。
 神戸市内のJR東海道・山陽線では、摂津本山駅・灘駅・塩屋駅がエレベータのない駅だったのですが、灘駅が一足先に橋上駅舎に建て替えられ(北口駅舎は惜しかった)、摂津本山駅も建て替え計画が進んでいるとのこと(あれ、塩屋駅だけ古いまま温存!?)。

 JR塩屋駅は国道2号線と山陽電車に挟まれた敷地。エレベータの設置も驚愕のレイアウトで、改装前後を図示すると楽しいのですが、そんな余裕はないのでパス。駅の外からの通路など、よく確保したものです。

 重い荷物があるときはそのために山電の塩屋駅を使うこともあったので、少しは楽になります。
posted by ふくだ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

大阪・神戸

 大阪市立科学館「電波で見た宇宙」。
 寝不足で観に行って不覚をとりました。大阪のプラネの椅子は座面がフカフカ(業界比)で居心地(寝心地?)がいいのです。半分くらい寝てしまいました。
 パラボラアンテナがたくさん出てくる嬉しい番組です。ほぼ実物大のVERA観測所がスクリーンいっぱいに映るとか、大きなドームならでは。あとでもう一回行こう。

 神戸市立青少年科学館「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 帰還バージョンディレクターズカット版」(な、長い!)。
 3月初めにプロジェクターが更新されたので、どんなものかと観てきました。これまでは全天を6分割して6台のプロジェクターで投影していたのですが、導入から7年近く経ち、映像の継ぎ目や明るさのばらつきが目立つようになっていました。
 更新後は2台のプロジェクターでの投映ですが、継ぎ目も気にならず、現在の水準に追いついたという感じ。安心して観ることが出来ました。細かいことをいえば、黒の締まりと解像度がもう少し欲しいのと、カラーバランスの調整をもう少し追い込めないかなと。でも重箱の隅なのでふつうに観る分には気にならないです。
 土日は夕方から「HAYABUSA」「一般番組」「銀河鉄道の夜」と3本続けて楽しめるのですが、この日はそこまでの体力はなく、一本だけで帰ってきました。一般番組はALMAだし、銀河鉄道の夜も久々にドームで観たいし、こちらもそのうち行ってみよう。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

いまどき世界天文年2009

 「世界天文年2009に参加した全員」に対して国立天文台長賞が贈られたとのこと(via.星の情報

国立天文台長賞世界天文年2009−落ち穂拾いブログ

 ありがたくお受けいたします。国立天文台も粋なことやるなぁ。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠くにありて その2

 エンターティメントに限らずとも、まずは世の中の自分の持ち場をしっかり回していきましょう。歯がゆいかもしれないけれど、被災地の周りが元気でないと、被災地を応援することもできなくなっちゃう。

萎縮しない勇気有川日記
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

神戸の星空

 帰宅途中、久しぶりに星空を見ました。神戸の明るい空ですが、涙が出るほどきれいでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠くにありて

 東日本大震災の支援情報サイト。名古屋の災害救援NPOが作っています。

RSY 東日本大震災 支援関連情報サイト

 「被災地支援について」のコーナー、「物資」「ボランティア活動」「県外避難」の項目がおすすめ。「物資」と「ボランティア活動」は何かしたいと考えている人へ。「県外避難」は、被災地からみなさんの街に避難されてきた方がいる場合、どんなことが起こるのか、どんなことができるのか、考える参考になります。

 「災害に備えて」の「機関誌『あるある』」「あるモノを有効に!まめ豆知識」は読み物(図解多し)としても面白いです。

posted by ふくだ at 07:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

通常業務復帰

 22日から通常業務に復帰しました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

 帰省先(茨城)の家族は当日中に全員無事を確認しました。メールにて連絡も取れています。
posted by ふくだ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。