塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年09月30日

2011年9月の読書

安斎育郎「[増補改訂版] 家族で語る食卓の放射能汚染」
川口淳一郎「『はやぶさ』式思考法 日本を復活させる24の提言」
川辺謙一「図解・地下鉄の科学」
神戸市教育委員会・編「和田岬砲台の源流を探る」
司馬遼太郎「城塞」(上)(中)(下)
畠山重篤「鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ『鉄』物語」


posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

宇宙軒

 「うちゅうけん」と聞くと、「宇宙研」つまりJAXA相模原キャンパスの「宇宙科学研究所」を思い浮かべます。
 しかーし、神戸にも「うちゅうけん」があるのです。餃子の店「宇宙軒」。
 JR六甲道駅の北側、フォレスタ六甲の外周南側(線路側)にあります。

 @sctrackerさんに情報を頂いたのですが、仕事帰りに寄れる場所なので、足を運んでみました。
 看板を見て、改めて「おおっ」とびっくり。しかし何故、餃子屋さんで「宇宙」なのか。

 味は取り立てて特徴はないのですが、1列(5個)150円という値段(2011年9月現在)からするとコストパフォーマンス抜群な美味しさ。タレは醤油とニンニク醤油、餃子本体の味が強いので、タレはちょこっとだけつけるのがおすすめ。持ち帰りも頼んだら「今日はもう終わりなんです」とのこと。まだ18時半でしたけど、早っ! ちょっと検索すると19時前後で店じまいになってることが多いらしい。なるほど。

 店内の会話で「うちゅうけん」「うちゅうけん」とお店の名前が出てくるたびに、不思議な気分になるのでありました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

南極観測船「しらせ」一般公開(神戸港)

 南極観測船「しらせ」が神戸に寄港しました。一般公開があったので、明石の星の友の会の福原さんを誘って出かけてきました。
 見学レポートは本館に掲載しました。

 日本の南極観測船は「宗谷」「ふじ」「しらせ(初代)」「しらせ(二代)」と、4代に渡っていますが、今回の2代目「しらせ」一般公開で、4隻全てを訪問しました。

・「宗谷」→東京・お台場の船の科学館前に係留。一般公開中。
・「ふじ」→名古屋港に係留。一般公開中。
・「しらせ(初代)」→2005年の高松寄港時に見学。現在は船橋港に係留。「SHIRASE」と改名して一般公開中。
・「しらせ(二代)」→現役の南極観測船。

 南極観測船、いいですよ。特に「宗谷」は機会があれば、ぜひ見学をお勧めします。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

護衛艦「きりしま」「いかづち」

 「しらせ」と同じ埠頭に、護衛艦が2隻泊っていました。片方の艦は艦橋周りにフェーズドアレイレーダが装備されています。
「へぇ、フェーズドアレイアンテナがついた船かぁ」
とは思ったのですが、これが有名なイージス艦とは思いもよらず。
 岸壁に着いているのがイージス艦の「きりしま」、隣の細身の船が護衛艦「いかづち」です。大阪湾で展示訓練があったそうで、このあと出港して行きました。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛星「UARS」落下顛末

 UARSはNASAの人工衛星で、元々は地球大気の観測を行なっていました。スペースデブリ(宇宙ゴミ)になるのを防ぐため、運用終了後は高度を落としていたのですが、ついに9月24日、大気圏に最突入して消滅しました。
 衛星が5.9tと大型のため、燃え尽きない部品がいくつか地表まで落下する可能性が指摘されたことから、ニュースでも取り上げられました。もっとも人に当たる確率は些少なものですけれども。

 落下の前、9月24日の03時26分頃には中部地方上空を通過。運が良ければ最突入する人工天体を見ることができるかもしれないと、早起きしてカメラをセットしました。
 予報では1等級くらいの明るさで見えるはずでしたが、予定時刻になっても何も見えません。そのまま5分ほど粘りましたが、何事も起こらず、撤収。

 予定コースの真下まで遠征した猛者もいたそうですが、こちらも何も見ることが出来なかったそうです。

 うまく行けば、自分に当たるかどうかはともかくとして、「はやぶさ」の再突入のような景色を見ることができるかもとおもったのですけれども。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

明石の海辺で星見

 昼間のもろもろの用事が片付いたので、誘って頂いていた仲間うちの観望会に参加。
 市街地近辺のお気楽観望会。集合場所に着くと、望遠鏡2台を囲んで、友人たちがワイワイと。いいなぁ、こういう雰囲気。夜が更けて、更に数人、メンバーが加わります。

 星座をたどりながら、明るいメシエ天体をいくつか見て、変わりどころではギャラッド彗星(C/2009 P1)も観望。木星を見て、スバルが昇ってきたところでお開きとなりました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

台風15号

 台風15号が日本列島縦断。
 南から湿った風が吹きこむ場合、神戸は紀伊半島が盾になって、さほどの雨にはならないことが多いのですが、油断はできません。過去にも阪神大水害(1938)や昭和43年水害(1938)など、市街全域で被害を出した水害があり、阪神・淡路大震災以前の神戸の防災対策は水防・砂防を重点的に進められてきたくらいです。
# 神戸市内で配布されるハザードマップには昭和43年水害の浸水域が記されています。

 先だっての台風12号ではさほどの雨量にならなかった神戸ですが、台風15号では、来ました。家の近くの道路が全面、深さ3cmくらいに冠水。しかも斜面なので全面が川状態。隣の家の擁壁は側溝からあふれた水で滝になっています。
 9月20日朝の塩屋谷川は、この通り(左写真)。この下流側は、川岸と水面の差が1mくらいに迫っていて、何かの拍子に溢れ始めてもおかしくない状態です。
# ちなみに右写真が後日(9月24日)撮影した普段の塩屋谷川。

 塩屋谷川は、上流でショートカットの放水路(塩屋谷川放水路)がつくられていて、川が増水したときには、大部分の水を市街地に入る前にトンネルで海に逃がすようになっています。
 それにも関わらず、この水量とは。放水路がなかったらどうなることかと考えると、怖かったです。
# これでも床下浸水が1軒あったそうです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

世界の貯金箱博物館(尼崎市)

 尼崎信用金庫が運営している「世界の貯金箱博物館」。はやぶさ展の隣の建物なので、覗いて来ました。
 館内写真撮影OKかつ、解説の方がフレンドリーに展示ケースの貯金箱を取り出して、からくりの実演をして下さいます。はやぶさ展がガチガチに堅い空気だったので、ほっと一息つける雰囲気。
 世界各地の貯金箱がところ狭しと並んでいるのですが、何となくおもちゃ箱に紛れ込んだ感じ。もともと貯金箱はさほど高価な製品でないものが多いので、玩具っぽい雰囲気のものが多いのです。とはいえ、中には解説員曰く「車が2台買えます」というアンティーク物も。貯金箱買ったら貯めるお金がなくなっちゃいます。

 入ってすぐの場所には、宇宙にちなんだ貯金箱の特別展示。アポロの時代が多いのですね。

 尼信は阪神タイガースの成績に連動した定期預金を発売していて、優勝すると金利が上がったりします。1990年代は冗談以外の何者でもなかった商品です。

 ドレッドノート型戦艦の進水式記念貯金箱って何ぞね。エゲレスでは進水式に貯金箱をお土産にするのでしょうか。
 そうそう、日本の貯金箱は貯蓄を目的に作られたので底に穴がないものが多いのですが、欧米では寄付を募る目的で作られたので、ふたが付いているものが多いのだそうです。へぇ。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル特別展示in尼崎

 2011年9月15〜19日、尼崎市の尼信博物館で、はやぶさカプセルの特別展示が行われました。
 2010年9月に大阪、2011年1月に神戸と、すでに近場で展示が行われたこともあり、見に行く予定はなかったのですが、最終日の午後、仕事で三宮に出ていたついでに足を延ばしてみました。

 阪神尼崎駅前から、係員が案内のプラカードを持って、博物館への経路の要所要所に立っているという力の入れよう。
 人並みが切れることはないものの、列が出来るほどではありません。テレビや新聞で知って出てきたという雰囲気の家族連れが多い印象。事前告知では整理券配布となっていましたが、最終日はそのまま入場できました。

 内部が撮影禁止なのは他会場と同様。
 説明はJAXAのパネルと、子ども向けに編集されたミッション解説のビデオ上映のみ。もう少し工夫の余地がありそうなものですが、人文系の博物館での開催なので、やむを得ないのかも。雑踏を想定して、混雑・混乱の回避に全力を尽くしたという感じ。
# 尼崎も宇宙関連の仕事をしている企業がいくつかあるので、あわせて紹介してもよかったんじゃないかな。

 カプセル自体は、これまで見た中で、いちばんのんびり眺めることができました。
 全国巡回展示、もともと宇宙に興味がある人ばかりでなく、「『はやぶさ』? そういやテレビでやってたな」という人が気軽に足を運べるのは、良いことだと思います。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

PC買い替えと手間暇あれこれ

 今まで使ってきたデスクトップPCが壊れて、新しくノートPCを買いました。
 デジカメを買って以来撮り溜めた写真データは、外付けHDDに置いてあったので無事。また旧PCの内蔵HDDのデータも救出成功。最悪の事態は免れました。
# 外付けHDDに書き出してる最中にOSが落ちて、ディスクエラーを起こしたりとかいろいろありましたけど。

 アプリケーションは全て入れ直し。WinXPから64ビット版のWin7に移行したので、素直にインストールできないものもあり、検索して対処法を探りながらの作業です。日常的に使っているものはともかく、たまにしか起動しないアプリは、いざ使おうという段になって「あれ、このソフト入れてなかったか!」となるので、非効率極まりません。
 以前と同じ水準で作業できる環境をつくるまでには、もう少し時間がかかりそうです。
posted by ふくだ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。