塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2012年01月31日

2012年1月の読書

カフカ「変身」
最相葉月「ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来」
笹本祐一「妖精作戦」
長谷川善和「フタバスズキリュウ発掘物語 八〇〇〇万年の時を経て甦ったクビナガリュウ」

続きを読む


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

第2回 星なかまの集い

 「第2回 星なかまの集い」、無事に終了しました。
 前回は参加者で好き放題楽しませて頂いたのですが、今回は運営側に回りました。いろいろ勝手の分からぬことばかりで、どれほどお役に立てたのか甚だ怪しい限りですが、参加されたみなさんの笑顔を見ることが出来たのは前回とは違った嬉しさでした。
 至らぬことも多々あったと思いますが、みなさんありがとうございました。
posted by ふくだ at 23:53| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

乗りつぶしオンライン2011

 以前も紹介しましたが、乗りつぶしオンラインというサイトがあります。
 これまでに乗った鉄道路線を入力していくと、国内の鉄道の何%乗ったかを計算したり、あるいは乗った路線を地図で表示してくれるものです。

 2011年末までの私のJRの乗車分がこれ。2008年時点で61.039%だったのが、62.098%に伸びました。3年間で1.059%の増。この間さんざん移動はしていますが、新しいところに行ってないか、行っても自動車・バス移動。

続きを読む
posted by ふくだ at 22:32| Comment(5) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平清盛・その2

 NHK大河ドラマ。2話まで見ました。面白いです。
 中井貴一の平忠盛、いい父親っぷりです。そしてドラマの幕を開けて死んじゃいましたけど、伊東四朗の白河法皇の理不尽っぷりもなかなかのもの。保元・平治の戦乱が物語の大きなクライマックスになるのですが、白河院に虐げられた鳥羽上皇の憂鬱、血縁なき嫡男を快く思わぬ叔父・忠正、風采の上がらぬ源為義に爽やかに登場する義朝と、すでにあちこちに敷かれた伏線は、歴史好きにはワクワクする展開です。

 平清盛は「平家物語」のおかげで悪虐非道な印象が強いのですが、実質的に武士の世を開き、日宋貿易で海の向こうを見据えた人物として、再評価されつつあります。特に神戸では、後の神戸港の原型といえる大輪田泊の修築をし、福原(現:神戸市兵庫区)に都を移したことから、偉人の一人に数えられています。
 物語的には、三国志演義の曹操に近い役回りかもしれません。曹操も、近年は単純な悪役ではない描き方をされることが多くなりました。

 第1話の冒頭、源頼朝が「平清盛なくして武士の世はこなかった!」と叫んだのは、こうした流れを踏まえてのもの。
 タイトルバックを挟んで遡るは平家滅亡から67年前。屋台骨が腐りきった平安の世で、王家の犬とまで蔑まれた武士の立場の弱さが徹底的に描かれます。清盛の母をめぐる忠盛と白河院のやり取りの無残さ。ここから清盛がどこまで駆け上がるのか。
 この調子で年末まで突っ走っれば、名作になりますよ。

続きを読む
posted by ふくだ at 18:43| Comment(3) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

トライXで万全

米コダックが破産法申請 デジタル化への対応遅れ」(2012.1.19 47NEWS)

 私の家にあった天文の図鑑の末尾に天体写真の撮り方の解説があって、フィルムは「ネオパンSSかSSSかトライX」を使えと書いてありました。ネオパンSSとSSSは富士フイルム、トライXはコダックの白黒フィルムです。

 天文雑誌のフォトコンテストコーナーでは、カラーの部がサクラカラーSR400全盛の時代。Hαの散光星雲が異様に赤く写るフィルムでした。
 モノクロではトライXが多かったのですが、コダックのスペクトロスコピック103aEもよく見かけました。赤に感度域のあるフィルムで、R64という真っ赤なフィルターを組み合わせて、赤い散光星雲を狙うのです。輝星の周りにリングが出来たような写り方をするので、すぐに見分けがつきました。
 103aは間もなく、コダックのテクニカルパン2415というフィルムに取って代わられます。これを水素増感すると103aEのように赤い星雲がよく写ってしかも粒子が細かい(今風に言えば解像度が高い)。デジタルに変わるまで使われ続けたのではないでしょうか。

 とまあ、知ったようなことを書いていますが、実は銀塩時代にモノクロの天体写真を撮ったことがありません。モノクロは自家現像、自家引伸をするのが普通で、未成年ではとてもそこまでの機材を入手できませんでした。
 カラーネガフィルムでは何度か撮ったことがあるのですが、こちらの現像・引き伸ばしはラボ任せ。フィルムはフジかサクラ(のちのコニカ)ばかりで、コダックは一度も使いませんでした。フジHR1600やサクラのSR3200(コニカGX3200」)なら固定撮影でも星がほぼ点に写せたんですよ。
 結局、当時の天体写真はとてつもなくお金のかかる世界で、すぐにやめてしまいました。でも天文雑誌のフォトコンテストはあこがれのコーナーだったので、写真と撮影データはよく眺めていたのです。

 しかし、コダックがねぇ。ううむ。
posted by ふくだ at 21:42| Comment(9) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

震災17年

 4時半起床。下弦の月に薄雲。
 始発電車で市内へ向かう。まだ暗い時間なのにたくさん人が乗っていて驚く。
 兵庫駅で下車。区内のNGOの事務所へ向かう。ここ何年かで知らない顔がずいぶん増えた。活動に参加する人が増えるのはよいことだ。これで大きな災害さえなかったら。
 ふと空を見上げる。北斗七星をかすめてISSが行く。神戸の灯は宇宙から見えるのだろうか。

 5時46分、黙祷。

 7時頃に駅に向かう。ビルの間から朝日がさす。いつの間にか快晴の空。
 満員電車。普段と変わらない一日の始まり。でもこの街の歴史から、消えることのないこの一日。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

祝日と祭日

 今の今まで知らなかったのですが、現在の日本に「祭日」の規定はないのだそうです。

 現行の祝日は「国民の祝日に関する法律」で定められていますが、戦前は「休日ニ関スル件」という勅令が根拠になっていました。以下、新旧の対照表をつくりました。日付を赤くしてあるのが、現在の祝日です。休日に関する件については1926(昭和2)年の最終改定時を元にしました。

 
日付休日ニ関スル件(勅令)国民の祝日に関する法律備考
1月1日(四方節)元旦旧令では慣習で休日。
1月3日元始祭(廃止)
1月5日新年宴會(廃止)
1月の第2月曜日(なし)成人の日1999年までは1月15日。
2月11日紀元節建国記念の日戦後改めて1966年制定。
(3月)春分日春季皇靈祭春分の日
4月3日神武天皇祭(廃止)
4月29日天長節昭和の日1988年まで天皇誕生日、のち2006年までみどりの日。
5月3日(なし)憲法記念日日本国憲法施行日
5月4日(なし)みどりの日1988年制定、2006年までは国民の休日。
5月5日(なし)こどもの日
7月の第3月曜日(なし)海の日1996年制定、2002年までは7月20日。
9月の第3月曜日(なし)敬老の日1966年制定、2002年までは9月15日。
(9月)秋分日秋季皇霊祭秋分の日
10月の第2月曜日(なし)体育の日1966年制定、1999年までは10月10日。
10月17日神嘗祭(廃止)
11月3日明治節文化の日明治天皇誕生日、日本国憲法公布日。
11月23日新嘗祭勤労感謝の日
12月23日(なし)天皇誕生日今上天皇。1989年より。
12月25日大正天皇祭(廃止)

 「休日ニ関スル件」で定められたもののうち、「祭」の付くものがあります(太字)。これが「祭日」で、皇室の祭祀を行う日を指していました。それ以外の休日は「祝日」。現行法の「国民の祝日に関する法律」には「祭日」の定義がなく、すべて「祝日」になります。何気に使っている「祝祭日」という言葉は昔の名残。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:37| Comment(5) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

とんど焼き

 塩屋小学校の校庭でとんど焼きをやっていました。私の田舎にはなかった行事なので、こちらに引っ越してきたときは珍しく思えたのですが、すっかり慣れたというか、竹の爆ぜる音が聞こえて来ると正月気分もすっかりおしまいです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

宇宙花火(WIND-2ロケット実験)

 延期されていたJAXAのS-520-26号ロケット実験(WIND-2ロケット実験)、通称「宇宙花火」が1月12日早朝に実施されました。
 5:51に観測ロケット打ち上げ、5:57:46(高度210km)、5:58:26(高度155km)、5:58:24(高度127km)の3度に渡ってリチウムガスを放出。一般的に「宇宙」とされるのは高度100km以上ですが、そこにもごくごく薄い大気があるので、その動向を調べるための実験です。

 前回2007年の実験では、神戸からも赤いリチウムの雲が見えたので、今回も挑戦。
 5:30に目覚ましをかけて待機。しかーし、窓から外を見ると一面の曇天。

 PCを立ち上げて倉敷の三島さんの中継を見ていたのですが、予定時刻になっても画面上では確認できず。念のため窓から外を見るも、雲があって確認不可。

 twitter経由の情報では、6時頃の時点で目視での観測はなし。とりあえず布団に再度潜り込みました。

続きを読む
posted by ふくだ at 07:50| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

110番の日の高さ110m兵庫県警察本部庁舎

 1月10日は110番の日。兵庫県警察本部庁舎のビルが高さ110mなのを思い出して、通勤途中に元町駅のホームから撮影しました。阪神・淡路大震災から2年後、1997年1月の完成。Wikipediaによれば、東京桜田門の警視庁本部庁舎よりも高い建物で、警察関係では日本一だとか。高さ110mは狙ったんでしょう、たぶん。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。