塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2012年04月30日

2012年4月の読書

塩野七生「十字軍物語」(1)

 4月も読まなかったなぁ。
 塩野七生の新作「十字軍物語」。古代ローマ史に15巻費やした人なので、十字軍はいったい何巻まで行くのやらと思ったら、3巻で完結したらしい。十字軍で面白そうなのは曲がりなりにもエルサレムにたどり着いた第一回と、関係者の個性が際立っている第三回くらいで、あとは逸話として第四回と第六回が興味を引くくらい。あとはグダグダな展開になりそうな雰囲気。なので3巻くらいに絞って丁度よいのかもしれません。
 1巻は一冊を第一回十字軍に費やしましました。登場人物の名前のややこしさに辟易しましたが、なんとかエルサレムまで読みきりました。早いところ第三回十字軍を読みたいです。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

明石までツーリング

 自転車も整備して、天気も良いとなれば、これは走りに行くしかないでしょう。
 ということで、明石まで行って来ました。10km程度なので30分ほどの距離ですが、そんな距離を走るのも一年以上ブランクがあるという体たらくです。

 走り始めると、案の定、すぐに疲れが来ます。歩くのとペダルをこぐのは別の筋肉を使うので、ペダルをこぐほうが萎縮してしまったのでしょう。少しは乗らないとなぁ。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ドラゴン+ファルコン9 1/100ペーパークラフト 完成

 製作していたドラゴン宇宙船とファルコン9ロケットのペーパークラフト、完成しました。
 ファルコン9ロケットは上から下まで同じ太さの形で、パッと見スケール感に乏しいのですが、1/100の模型でも高さが54.3cmあります。前にも書きましたが、日本のH-IIAに匹敵する大きさのロケットです。

 こちらはドラゴン宇宙船。帰還カプセルは一つ余分に作って、宇宙船と同時に展示できるようにしました。
 ドラゴン宇宙船は中にピアノ線を仕込んで、磁石で台座に脱着できるようにしてあります。これも中川さんに教えて頂いた手法。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ISS上空通過(4月27日)

 4月27日の国際宇宙ステーションの上空通過。西空で金星と月の近辺を通ることに帰宅中に気付き、家に帰るなりカメラと三脚を担いで外に出ました。
 カペラの下から見え始め、金星の脇を上昇。やがてカストル・ポルックスの手前で地球の影に入りました。久々にきれいなパスでした。
 (写真はクリックで拡大)
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン+ファルコン9 1/100ペーパークラフト 建造中

 ドラゴンは、アメリカのスペースX社が開発したカプセル型の宇宙船。商用目的で開発された宇宙船としては、2010年12月に初めて地球周回・大気圏再突入・帰還を果たしました。

 スペースシャトル引退後の宇宙輸送の担い手として期待されており、2012年5月には、国際宇宙ステーションへのドッキングを目指して、打ち上げ準備が進められています。
 現在は貨物専用機として開発されていますが、将来的には有人型も運用される予定。

 ドラゴンを打ち上げるロケットは、ファルコン9で、こちらもスペースX社の開発。全長54.3m・直径3.66m・重量333tという大きさで、低軌道へは10.45t、静止軌道には4.54tの輸送能力があります。
 日本のロケットでは、H-IIA(202型)が全長53m・直径4m・重量289tで、低軌道へ10t、静止軌道へ4tの輸送能力を持ち、ほぼ同クラス。
 ただし、H-IIAの一度の打ち上げ費用が約100億円なのに対し、ファルコン9は約45億円(1$=80円)。軽量・高性能を狙ったH-II系列に対し、ファルコン9は徹底的なコスト重視のロケットです。

 と、いうことで、ドラゴンとファルコン9のペーパークラフトを建造中。

続きを読む
posted by ふくだ at 07:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ホイール交換3

 8速ギア用のホイールに7速ギアを付けるため、ギア1段分のスペーサーが必要です。
 というところで作業がストップした前回。近所の自転車屋を回ったのですが、そんなニッチなニーズの部品があるわけもなく、再度、通販で注文。届いたので、早速作業。ものの10分で作業終了。
 結局、ホイール交換に9日間かかりましたが、工具やらスペーサーやら、最初に必要なものを確保すれば30分で終わったぞ、この作業。

 スペーサーの分、ギアの位置がずれたので、後輪のディレーラー(変速機)の調整も行います。
 http://bicycle-info.jp/bicycle-maintenance/586
 こちらはさほどに難しい作業ではありません。これで自転車、復活です。

 ついでにサドルも皮が破れて中のウレタンが露出していたので、新しいものを買ってきて交換しました。
 元が元なので交換品もあまり高価なものは選ばなかったのですが、それでも心機一転。

 「まぁ、いろいろと大変でした」と、職場の雑談で漏らしたら、「ふつう自分でやろうと思わない」と一蹴されました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

ディスカバリー・ラストフェリーフライト

 スペースシャトル・ディスカバリーのフェリーフライトが2012年4月17日(日本時間)に行われました。
 ケネディ宇宙センターから、展示先となるワシントンDCのスミソニアン航空宇宙博物館への移動です。
 NASAが公開している写真はこちら

 スペースシャトル・オービターは、ボーイング747を改造したシャトル輸送機の背中に乗せて運びます。垂直尾翼を3枚に増強しているのが外観上の差異。シャトル輸送機は2機あったのですが、うち1機はJALのお下がりでした。今回使われたのはアメリカン航空のお下がりで、こちらはエンタープライズの滑空試験にも使われた機体です。シャトルの誕生から引退まで、面倒見のいいことです。

 NASA-TVでネット中継をしていたので、ワシントンDCへの着陸はずっとパソコンの画面で見ていました。22:30には画面に映っていたのに、その後画像が途絶えて、もう降りちゃったかなと思ったら、数十分後に画像が復旧してもまだ飛んでました。ワシントンDC上空をぐるぐる凱旋飛行していたようです。
 「やだー、まだ飛ぶー!」
 と駄々をこねていたに違いありません。結局、着陸したのは24時でした。俺の時間を返せ。
 最後に滑走路上空を低空でパスしていったのはカッコ良かったですけどね。実はスペースシャトルのフェリーフライトを映像で見たのは初めてでした。
# エンタープライズの滑空試験の映像は見たことあります。

 ディスカバリーは冒頭に書いたとおり、スミソニアン航空宇宙博物館で展示されます。いつか見てみたいです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

風見鶏の館

 神戸・北野異人館街のシンボル、風見鶏の館です。 「旧トーマス住宅」の名称で、国指定重要文化財に登録されています。
 観光目的の友人を案内するとか、用がないと北野界隈にいくことはないので(三宮から15分ほど坂を登った場所です)、前に来たのがいつだか思い出せないくらい久しぶりに見ました。

 実は、中に入ったことがないのはここだけの秘密です。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

天体観望会「金星」(2012年4月)

 桜と金星と明石市立天文科学館。まだ花を付けていない枝は毛利さんと一緒に飛んだ種から育った宇宙桜。「エゾヤマザクラ」という品種で、毎年ソメイヨシノより遅めに咲きます。

 この日の観望天体は「金星」。3月末に西方最大離角、4月末に最大光度を迎える金星は、今が見頃真っ盛り。
 夕方の西空でギラギラと存在感ありまくりの輝きを放っています。

 透明度のよい日で、星の友の会の有志でつくっているメーリングリストには「自宅から黄道光が見えましたよ!」という投稿も。天文科学館からではどうかと思って西空をうかがったのですが、西側は明石市街の中心方向と重なるので確認できず。でも地平線間際の木星が明るく見えていて、透明度の良さが分かります。もう少し早い時期ならカノープスも余裕で見えたかもという澄んだ空でした。

 そして空の澄み具合に加えて、シーイングもよく、16階の40cm反射望遠鏡で観る金星も、半月状の姿を輪郭はっきり確認できました。40cm鏡に耐えうるシーイングは意外に少ない機会なので、年度初めとしては、幸先の良い空でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホイール交換2

 今やっているのはこの作業。
 http://bicycle-info.jp/bicycle-maintenance/520

 古いホイールから新しいホイールに後輪のギア(≒スプロケット)を移植しています。「スプロケット押さえ」と「ロックリング締め付け工具」がなかったので、作業が止まっていたのですが、工具を調達して再開。
 ものの5分もかからずに、古いホイールから後輪のギアを外しました。

 で、新しいホイールにつけたのですが、うーん。幅が合わない。
 私の自転車は後輪7段なのですが、最近のロードバイクは8〜10段が普通。なのでその分、新しいホイールはギアの取り付け部(フリーハブ)の幅が広いのです。スペーサーを入れるか、フリーハブごと移植するしかありません。ううう。

追記)フリーハブの交換は不可と判明。スペーサーを発注。
posted by ふくだ at 10:57| Comment(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。