塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年08月31日

二本松城

 二本松市は福島県中通りの北部、福島市と郡山市の中間にあります。
 市街地の北側に二本松城があります。山上の本丸と山麓の居館からなる平山城で、戦国時代は山上の本丸を使用し、織豊・江戸期に石垣造りに改築され、以降は山麓の居館(三の丸)が主に使われました。

 二本松には室町幕府の管領も勤めた畠山氏の一族(二本松氏)が入りましたが、早くに勢力を喪失。戦国末期には伊達・葦名・佐竹の狭間に生きる一豪族になっていました。のち伊達政宗の攻撃を受けて降伏しますが、この時の当主・二本松義継は伊達政宗の父・輝宗を拉致。政宗は父もろとも二本松義継を撃ち倒します。
 1986年の大河ドラマ『独眼竜政宗』で、為す術ない渡辺謙の伊達政宗に、北大路欣也の輝宗が「政宗、わしを討て!」と叫ぶ名場面。
 のち二本松城は怒り狂った伊達政宗の攻撃を受け、寡兵でよく耐えますが、9ヶ月後に落城、二本松氏も滅亡します。

 伊達政宗が仙台に移った後、江戸時代に入って丹羽氏10万国の居城となります。丹羽氏は織田信長の重臣だった丹羽長秀の後裔。
 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に帰属し、丹羽家の主力は白河口に出兵していました。白河小峰城をめぐって1868年4月から7月まで3ヶ月間の攻防が続き、その間に兵力を充実させた新政府軍は、7月29日に空き城同然の二本松城を攻撃します。
 留守部隊だけの二本松、最後は城に火をかけ家老全員が切腹するという、戦国時代のような壮絶な落城。
 歴史に残る落城を二度も経たことになります。

続きを読む


posted by ふくだ at 23:47| Comment(4) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白河小峰城

 源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼした後、白河は結城氏の所領となりました。
 白河に移った結城氏の一族が室町時代になって居城としたのが白河小峰城です。
 白河結城氏は豊臣秀吉の小田原攻めに参陣しなかったため改易され、江戸時代の白河は親藩・譜代大名が次々と赴任しました。寛政の改革を行った松平定信も白河城主から幕府の老中に就任しています。
 幕末は幕府領(二本松藩預り)になって城主不在でしたが、戊辰戦争の際に奥州の玄関口を扼する要所として奥羽越列藩同盟軍が占拠しました。

 1868年5月1日に新政府軍が攻めかかり、わずか1日で落城。この時、城内の建築物をほとんど焼失しています。その後、奥羽越列藩同盟軍が奪還を図って断続的な攻防戦が続きますが、その都度撃退され、7月14日をもって撤退。白河を新政府軍が抑えたことで事実上、会津戦争の帰趨が決まりました。

 現在の小峰城は、復元された三階櫓が本丸に建っています。ただ東日本大震災で本丸石垣が崩壊したため、2013年現在は本丸への立ち入りが禁止されています。柵越しに崩壊した石垣や、土嚢やビニルシートが見えるのですが、想像以上の被害です。これは復旧まで相当の時間がかかりそうです。

 小峰城内には1887年に白河で見られた皆既日食の記念碑があり、これはぜひ見ておこうと思ったのですが、お城の惨状に驚いて、探すのを諦めてしまいました。あとから確認したら立ち入り禁止エリアの外にあったのですが……またいずれ、復旧なった小峰城とともに訪ねたいと思います。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白河の関

 古くから奥州の入口として知られる白河の関
 文献資料が少なく、律令時代に存在し平安末には廃絶していたものと推定されています。関の場所も長らく不明で、現在国の史跡に指定されている福島県白河市旗宿は、江戸後期の白河城主・松平定信(寛政の改革を行った人)が考証して定めたものです。

 白河の関を有名にしたのは歌枕としての存在。
 数々の歌人がみちのくへの旅愁を込めて和歌に読み込み、わざわざ姿を消して日焼けして「行ったふり」をする酔狂な人まで出てきました。実際に足を運んだ人では古くは西行法師に新しくは松尾芭蕉。もっとも芭蕉の頃の白河の関は遺構も分からない伝承上の存在になっていたはずです。

 現代でも東北の玄関口としての意味合いは健在で、例えば高校野球で東北勢が上位に進むと「優勝旗が白河の関を越えるか!?」と話題になったりします。

 古代の東山道と現代の奥州街道・国道4号線は離れた場所を通っていて、白河の関は現在の白河市街から南東に10kmも離れた場所にあります。公共交通機関だと白河駅からバスで40分ですが、平日3往復・休日2往復という便の悪さ。東北には何度も出かけているのですが、訪問するのは今回が初めてです。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

旭川遠征計画(復路)

 帰りの飛行機は羽田までのフライトで、機材はボーイング767。国内線で乗った機材では過去最大級(国際線ならA340に乗ったことがあります)。
 旭川空港のフードメニューに「神戸長田そばめし」がありました。北海道までそばめしが進出していたのか。

 離陸時の旭川の天気は雨。成層圏直下に出るまではずっと雲の中。雲を抜き抜けた直後、ブロッケン現象が見えました。ベルトサインが消えていればデジカメで撮影出来たのに。
 夕刻のフライトで、東側の窓にすわったので、太陽は見えず。西側の窓なら金色に輝く雲が見えたかも。少し残念。

 時折、陸地も見えるのですがどこだかさっぱり分からないまま。やがて日も沈んで何も見えなくなり、眠りに落ちました。
 その後、機長のアナウンスがあり、揺れに備えてベルト着用サイン点灯。数分だけ消えた後に、今度は羽田ぬ向けて降下、再びベルト着用サイン。

 雲を抜けて地上の夜景が見えますが、どこだか分からないまま、羽田の滑走路に降りてしまいました。ちなみに羽田空港を使うのは初めて。関東出身者とも思えませんが、今までさんざん飛行機避けてましたから。
posted by ふくだ at 23:50| Comment(2) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川いろいろ

 左は旭川市科学館の自販機で売ってた北海道限定らしい炭酸飲料「キリンガラナ」。それほど強烈な特徴のある味でもなかったので、普通の炭酸飲料の範囲内という感じ。
 右は 白い恋人ドリンク。北海道もいろいろありますな〜。

 ご飯はラーメンにしてきました。左は梅光軒というお店の醤油ラーメン。右は山頭火というお店の塩ラーメン。ラーメン屋というと深夜まで開いているイメージがあるのですが、旭川のお店は20時くらいに閉めてしまうところがほとんどです。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:49| Comment(2) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上靖記念館

 旭川訪問にあたって、事前準備を全くしていませんでした。
 調べていたのは科学館のプラネタリウムの投影時間だけで、科学館への行き方も前日にネット検索。基本、旅行は下調べをしていくのですが(それでも予定通りにはいかない)、今回は現地に着いてから何があるのか調べ出すという体たらく。

 せっかく旭川まで来て、科学館と動物園だけ見て帰るのも芸がなさすぎます。投宿する前に旭川駅に寄り、観光案内所で地図とリーフレットを物色してきました。
 改めてガイドマップを見てみると、いろいろあるんですね旭川。お酒を飲めない私でも名前を聞いたことのある銘酒『男山』、屯田兵の歴史を紹介する旭川兵村記念館、『氷点』著者の三浦綾子記念文学館(読んだことないけど)、アイヌの文化や歴史を主に据えた旭川市博物館……ちょっと待て、一日で回れるかこんなにたくさん。

 そんな中で外せなかったのは井上靖記念館。井上靖は中高生の頃によく読んでまして、『敦煌』を皮切りに、『楼蘭』『天平の甍』『額田女王』『遺跡の旅・シルクロード』『西域をゆく』などなど、西域ものを中心に手を出してました。最後に読んだのは『孔子』だったかな。新潮文庫だと井上靖は黄土色の背表紙で、それが黄土高原や西域の沙漠のイメージに合っていたんですよね。
 まさか旭川の生まれとは、ここに来るまで知りませんでした。

 記念館には井上靖の遺品や遺稿のほか、世田谷の居宅から移設された書斎と応接間が公開されています。
 ちょうどスタッフによるガイダンスの時間。平日の午後で他に客がなく、私のために案内して頂いたようなものなんですけども。その後、もう一人男性がやってきて、どんな作品を読んだかで話に花が咲きます。
 私「西域ものばかり読んでました。好きなのは『天平の甍』です」
 男性「私はあんまり読んでないんですけど『おろしや国酔夢譚』は面白かった」
 スタッフ「私は『猟銃』ですね。あれが一番です!」
 うわ、見事に噛み合わない(苦笑)。それだけ幅広い作風だったということで。

 久しぶりに井上靖、読んでみたくなりました。文庫本、もう少し字を大きくしてくれないかなぁ。
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタルヒン球場

 旭川市のスタルヒン球場。陸上自衛隊旭川駐屯地の東隣にあります。
 現在の球場は1984年に改築されたもので、この時から「スタルヒン球場」の愛称が付けられています(正式名称は「旭川市花咲スポーツ公園硬式野球場」)。

 スタルヒンは日本プロ野球黎明期の名投手で、プロ野球(NPB)の歴史の本を読んでいると必ず名前が出てきます。
 ロシア革命で両親共にロシアから日本に亡命し、旭川で育ちます。高校野球(当時は旧制中学)では旭川中学で2年連続で地区大会決勝に進むも、2年連続敗退。甲子園出場はならずもプロに転じて活躍。太平洋戦争を挟んだ戦前戦後に活躍し、NPB初の300勝達成投手となります。生涯成績は303勝176敗、通算完封83はNPB記録。一シーズン最多42勝はNPB記録(タイで稲尾和久)。
# 戦時中は日本名への改名を余儀なくされたり、いろいろ苦労してます。

 1984年に当時の旭川市営球場が改築された際、スタルヒンを称えて、球場の愛称に採用しました。
 球場正面にはスタルヒンの銅像が設置されていて、彼の功績を偲ぶことが出来ます。
 スタルヒン球場では年に数試合プロ野球のゲームが開催されるほか、夏の高校野球の北北海道大会のメイン会場になっています。後付でナイター照明設備も整備され、ナイトゲームが出来る日本最北の球場なのだとか。そんなこんなで球場一回り散歩してきました。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北鎮記念館

 北海道旭川市には陸上自衛隊の第2師団が置かれていて、その敷地の隅に「北鎮記念館」があります。明治初期の屯田兵、そして陸軍第7師団の歴史を展示しています。写真は一階フロアに展示されている「第七師団関係記録」。焼却処分を避けて地中に埋めて難を逃れたものだとか。
 陸軍第7師団は北海道の防備に当たっていた部隊ですが、日露戦争以降の対外戦争にも出陣。

 日露戦争では旅順と奉天、その後はシベリア出兵。太平洋戦争ではガダルカナル戦とアッツ島……見ていて気が重くなります。高揚感もなく、過度な悲壮感もなく、ただ重さだけが残る感じ。じっくり見たら1時間くらい掛かりそうですが、30分で一周りしてきました。
 右の写真は展示物の中にあったニコンの双眼鏡。塹壕や防壁に隠れた場所から向こうを見るのに使ったのでしょうか。

 受付の方がやたらと感じのいい人で、自衛隊の施設でにこやかに迎えられるとかえって恐い気がするのですが、強面で迎えられてもやっぱり恐いので、難しいところです。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山動物園

 今や北海道で最も有名な観光スポットとなった旭山動物園。
 ユニークな展示施設で知られていますが、考え方のもとにあるのは「行動展示」です。
# 「旭山動物園」「行動展示」をキーワードに検索すると、いろんな解説が引っかかります。

 アザラシやホッキョクグマのユニークな展示施設は知っていたのですが、他の動物もじっくり見ていると様々な工夫がされているのが分かりました。ハード面はむしろ後から整備したものなのだと。

 旭川には2日間滞在して、初日は晴れ、2日目は雨でした。天気予報でも2日目はほぼ確実に雨予報でしたが、それでも初日に科学館に行ってしまいました。だって少しでも早くツァイス投影機に会いたいし、天文台を公開してるなら晴れてるほうがいいし……おかげで雨の中の動物園を歩きまわる羽目になりました。

 あざらし館の円柱水槽。パイプの中をアザラシが泳ぎまわってます。
 アザラシってしっぽがあるんですよ。さすが哺乳類。

 あほっきょくぐま館のシールズアイ。透明の半球ドーム内からホッキョクグマを観察します。クマからすると餌のアザラシの頭部に見えるらしい……私が観た時は絶賛お昼寝中でした。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

旭川市科学館「サイパル」 後編

 旭川市科学館の屋上には天文台のドームが2つあります。
 小さい方には20cm屈折望遠鏡、大きな方には65cm反射望遠鏡が収められています。いずれも三鷹光器製。
 すばらしいことに、昼間でも晴天時は毎日公開。なんと無料(展示室を通らずに天文台に直行できるつくりになっています)。

 午前中は20cm屈折では太陽の観察を、午後は65cm反射で昼間に見える星の観察を行っています。私はお昼前に到着したので、両方見せて頂きました。ラッキー。

 太陽は黒点が少なめでおとなしい感じ。昼間の星では、アルクトゥルスとベガ、デネブ、金星を見せて頂きました。明石で見るよりシャープな印象を受けたのは、シーイングがよかったせいだと思います。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。