塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年11月08日

金戒光明寺

 京都・黒谷の金戒光明寺。京都市街の東に連なる山並みの裾野にあり、京都御苑から2.5kmほどの距離にあります。
 幕末に京都守護職として上洛した会津松平家が本陣を置いた寺です。金戒光明寺が選ばれたのは石垣で固められた小山が城郭のようで要害の地だったこと、というより金戒光明寺が陣所として使えるように江戸初期に改築されたという話もあります。上洛した会津藩士は千名とされていますが、もちろん野宿するわけにもいかず、多くの宿坊を抱えた寺院は人員収容の面でも好適地でした。

 寺の主要な建造物は昭和9(1934)年に火災で焼け、現在の御影堂(本堂)や大方丈は昭和19(1944)年の再建。図面があったため間取りは以前と同じにしてあるそうです。大方丈に会津藩主が使っていた部屋も復元されていますが、建物は代替わりしたにせよ、場所はそのままのはずで、ここで幕末史が動いたのかと思うと感慨深いものがありました。
# 新選組の近藤勇もここで松平容保にお目通りしたのです。また大方丈の展示には新島八重の写った会津関係者一同の記念写真もありました。大河ドラマ強し。

 秋の文化財拝観期間ということで、庭園を見てきました。まだ紅葉には早い時期でしたが、なるほど見事な庭でした。「石橋で写真を取られる方が多いのですが、うっかり落ちないように注意してください」と案内の方。しかし救命浮き輪まで備えてあるとは、過去にどれだけの人が水難に遭ったのか……
続きを読む


posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河原町界隈散歩

 幕末史の池田屋といえば新選組が斬りこみを行った池田屋です。当時、三条大橋の西側にあった旅館で、長らくパチンコ屋になっていましたが、近年、池田屋の名を冠した居酒屋になったそうです。
 史跡巡りの観光客向けなのか、昼営業も行っていて、めまいをしそうなメニューが出てきます。「沖田総司と原田左之助一つずつお願いします」とか言ってる方が恥ずかしくなります。せめて「土方定食」あたりにできなかったものか(苦笑)。
 ただあちこちのテーブルで歴史談義に花が咲いていたので、縁の地にこういうお店があるのは悪くないと思います。

 倒幕派の巣窟となっていた長州藩邸に近いせいか、付近には見たことあるような名前の石碑がたくさんあります。武市瑞山は土佐勤王党の首魁、武市半平太。右奥の吉村寅太郎は土佐脱藩浪士で天誅組の主導者。
 桂小五郎は後の木戸孝允、幾松はその夫人。その場所で「幾松」の名前で料亭やってるのにびっくり。

 京都市役所の東隣、京都ホテルオークラが長州藩邸の跡地。西側の通りに面して桂小五郎の銅像があります。これは近年作られたもののよう。
 右側は材木商の酢屋。三条河原町下ルなので池田屋の少し南になります。晩年の坂本龍馬が海援隊の本部を置いていたところです。いまも材木商として続いているのが京都の凄いところで、こちらのお店は木工品のギャラリーになっています。端材からして質がいいのはさすが京都の材木屋さんといったところ。
# ここから近江屋に移って一ヶ月ほどで龍馬は暗殺されます。

 通りがかった京都カトリック信愛幼稚園の園庭にある路面電車。説明が一切なかったので何の車両かは分からないまま。京都は日本で初めて電車が走った街なので、その名残の市電の車両なのかなとも思ったり。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都壬生散歩

 京都の壬生といえば幕末に新選組の本拠として知られています。当時は京の郊外で壬生村と呼ばれていました。歴史小説読みとしてはいずれは足を運ばねばならぬと思っていたのですが、友人の案内で散歩してきました。

 新選組が京都で活躍した大部分の期間、壬生村の郷士の家を屯所としていました。そのうち八木家旧前川邸が現存しています。

 八木家は今も同じ場所で続いていて、現在は和菓子屋を営んでいます。店の奥の住居部分の一部を公開していて、文化年間建築の母屋と長屋門は京都市指定有形文化財。
 中に入ると鴨居の低さに驚きます。初代局長の芹沢鴨が暗殺された時の刀傷が残っていますが、なるほど、うっかり振りかぶったら脇差しでもぶつかります。
 初老のガイドの方が鉢巻締めて扇子をもって案内してくださったのですが、これが名調子ですっかり楽しませていただきました。なんであんなに見てきたように喋れるのか。お話の中に度々出てきた「たかだか150年前」という感覚が新鮮です。さすが古都は時代の流れが違う。
 この案内時に見せて頂いた結成当初の名簿を見てびっくり。ドラマでは落ち着いた年配の配役の井上源三郎が35歳(鳥羽伏見の戦没時で40歳)。ちょいワル渋目の配役が多い芹沢鴨も36歳。みな若かったんですねぇ。
 お話の後は店舗で「屯所餅」と抹茶が出てきて、これ込みで見学料1,000円(大人)。民間で文化財を維持するのは費用負担が大きいので、これくらいの設定は妥当なところかなと思います。
# お菓子に釣られてる感あり(^_^ゞ

 八木家から道路を挟んで東向いの旧前川邸も当時の郷士の家。内部は基本的に非公開ですが、土日祝のみ母屋の土間の一部を改装した売店を開けています。長屋門をくぐって中庭に入るだけで雰囲気を感じることが出来ます。池田屋事件に繋がる古高俊太郎の拷問が行われたのは旧前川邸の土蔵で、外観を遠望できます。また山南敬助が切腹したのもこの屋敷。
 新選組の屯所が置かれていた間、八木家の方々は一緒に住んでいたようですが、前川家の方々は親戚筋に避難していたそうです。まあ、迷惑以外の何物でもなかったと思います。
 右写真は旧前川邸の板塀で、かつては切腹前の山南敬助が明里と別れを惜しんだ出窓があったそうです。このあたり、どこまでが史実でどこまでが小説や講談のお話なのやら。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

なんとかムーンのあれこれ

 旧暦では約3年に一度「閏月(うるうづき)」が入り、2014年は旧暦9月の後に閏9月が置かれました。閏月の置き方には決まりがあるのですが、夏至の前後になることが多く、閏9月が置かれるのは1843年以来171年ぶりとなります。

 旧暦9月には「十三夜」と呼ばれるお月見の風習があり、今年は旧9月と閏9月の2回、十三夜が来ることになります。ただ「『桃の節句』にしろ『中秋』にしろ、閏月で2度目となる行事はしないのが普通(@stellamallis 古屋昌美さん)」とのこと。今回も計算上では面白いことになるという話のはずでした。

 「171年ぶりのミラクルムーン」という言葉がtwitterで流れてきたのは11月に入ってのことだったか。たしかに閏9月は171年ぶりだけど、ミラクルムーンてなんだそれ。なにせ前回は江戸時代の出来事ですから横文字の名前がつくはずがありません。

 ということで、Yahoo!リアルタイム検索で「ミラクルムーン」を検索。なるほど11月3日頃から急増し、4日・5日でドーンと急上昇しています。
 ちなみに10月29日までに出てくる「ミラクルムーン」は格闘技だったり曲名だったりします。
10/26:1
10/27:1
10/28:1
10/29:4
10/30:200
10/31:98
11/01:176
11/02:366
11/03:1,426
11/04:5,925
11/05:60,028
(11/05は11/05 00:00-11/06 00:00のこと)
 詳細に見ていくと10月30日にポンと数字が上がり、11月3日にドンと跳ね上がります。

続きを読む
posted by ふくだ at 20:35| Comment(4) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

はやぶさ2 1/25ペーパークラフト

11月末に打ち上げが予定されている小惑星探査機「はやぶさ2」のペーパークラフトを作成しました。スケールは1/25、JAXAのサイトで公開されている「はやぶさ」ペーパークラフト熟練者版の型紙を元にしています。

 表面の金色は、主にカッティングシートを貼り付けています。部分的には折り紙の金紙や銀紙も利用。
 カッティングシートの他に紙以外の素材を使ったのは、太陽電池パドルの芯材と厚みを出す部分にスチレンペーパー、太陽電池パドルのアームが2mm角の木材、太陽電池パドルの繋ぎ目はΦ0.8mmのピアノ線、ターゲットマーカと再突入カプセルは紙粘土、またDCAM3のアンテナはボールペンのバネを切って貼り付けています。
# 太陽電池パドルは1mm厚のダンボールでも良かったのですが、前の工作で余っていたスチレンペーパーを流用しました。

 製作過程をツイートしたものを@SubaruTakeshimaさんがTogetterにまとめてくださっています。
 まとめの末尾に参考にしたサイトも掲載しています。
「はやぶさ2」作ってみた:ペーパークラフト編

 完成品は11月2日より明石市立天文科学館で展示して頂いています。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。