塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年04月26日

姫路城

 2009年から6年間に渡って行われた「平成の大修理」が完了した姫路城を見てきました。
 今回の大修理は大天守の外装を全面的に改修したもので、屋根の葺き直しと外壁の漆喰の塗り直しが行われました。天守の保護と工事の足場を兼ねた覆屋が出来た後、2011年3月から2014年1月までは工事の様子を見学できるようになっていました。

・2011年8月 姫路城「天空の白鷺」(前編)(中編)(後編)
・2012年8月 姫路城「天空の白鷺」(2012夏)
・2013年11月 姫路城「天空の白鷺」(2013秋)

 2014年春には覆屋が撤去されて大天守の姿を見ることが出来るようになりましたが、足場の解体や資機材の撤去はその後も続き、大天守内部の公開が再開されたのは2015年3月。
 というわけで、久々に足を運びました。

 天守群遠望。大天守の屋根瓦をおさえる漆喰が塗り直されたため、屋根全体が白っぽく見えます。今回の修理の対象外だった小天守と比べると差は歴然。「驚きの白さ」「白すぎ城」とも言われているようですが、そのうち黒ずんでくるはずです。ちなみに黒ずみの主原因はカビで、漆喰には防カビ剤が混ぜてあるそうですが、これも2〜3年程度の効果。

 菱の門より内側の有料エリアのチケットと別に、繁忙期には天守へ登るための整理券が配られています。整理券そのものは無料で、一日15,000人限定。これは天守の入り口で回収されます。

続きを読む


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

ISS上空通過

 2015年4月23日19:16(神戸市垂水区)。久々の国際宇宙ステーション(ISS)の夕方のパス。iPhoneのカメラで撮影。点ですが、写るものです。薄雲がなければもう少しわかりやすかったかもしれません。

 来月末には油井亀美也宇宙飛行士が滞在をはじめているはずです。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出の艦船模型

 少し前に久しぶりに船の模型を作ったので、子どもの頃に作った艦船模型のこと。

 一番最初に作ったのは戦艦「大和」。
 「宇宙戦艦ヤマト」は小さな頃から知っていましたが、海上の戦艦「大和」を知ったのは小学校3、4年生の頃だったと思います。
 今から思えばニチモ(日本模型)の「30cmシリーズ」で、中にマブチの130モーターを仕込んで水上走行できるものでした。塗装もしましたが、なにせ小学生のすることですから、塗り分けの境界がグニャグニャでひどかったのは言うまでもありません。模型店ではなく近所の駄菓子屋で購入。
 プロペラシャフトが船底から水中に突き出す穴は箱状のグリスボックスにマーガリンを詰めろという指示。最初は風呂場に浮かべていましたが、そのうち学校の池でも航走させました。

 次に作ったのは戦艦「榛名」。1/700のウォーターラインシリーズ(年代的にフジミのキット)。
 順番から行けば長門型を選びそうなものですが、艦船の知識はないに等しかったので、金剛型を選んだ理由は自分でも謎。箱絵がかっこよかったのかもしれません。水線上だけ模型化した「ウォーターライン」の意味を知らなかったので、箱を開けてから船底がないのにびっくりしました。組み上げると上記の大和とは比較にならないほどの精密さに驚いたのですけれども。

 やがて歴史の本など読み始めて「戦艦より空母が主役だったのか」と知り、次は空母「赤城」を製作。やはりウォーターラインシリーズで、小さな艦載機がたくさん付いてくるのが嬉しかったです。

 もう一隻、空母を作ったのですが、艦名を覚えていません。彗星艦上爆撃機がついていたので、マリアナかレイテ仕様の翔鶴型の可能性が大です。赤城と並べるなら「加賀」だろうに、やはり我ながら謎な選択。

 これらの「艦隊」ですが、何年か棚に飾った後に家の裏庭で艦体にベンジンを注ぎ込み、着火したマッチを「急降下!」と上空から投下して、処分しました。爆発炎上は男子のロマンです(いや、炎上はしたけど爆発してない)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

ミノトールVロケット 1/100ペーパークラフト

 ミノトールV(Minotaur V)はオービタルATK社が運用する全段固体の小型衛星打ち上げロケットです。
 元はアメリカのICBM(Inter Continental Ballistic Missile=大陸間弾道ミサイル)で、核弾頭の代わりに上段ロケットと人工衛星を載せたのがミノトールシリーズ。ミノトールI・IIがミニットマンICBM、III・IV・VがピースキーパーICBMの退役した機体を転用しています。同様のロケットにはウクライナのドニエプルがあり、比較的安価なのが特徴です。
# 核抑止力の思想下とはいえ、ピースキーパーとはすごい名前です。

 今回製作したミノトールVは直径2.3m・全長24.6m、重量89t、日本のイプシロンが直径2.5m・全長24m・重量91tですから、ほぼ同クラスのロケットといえます。2013年に月探査機のLADEEを打ち上げたのがデビューで、見事に月軌道投入に成功しています。

 型紙はErick's Modelsから。他にもスカウトにトーラスなど、模型としての需要があるのか心配になりそうな見事なラインアップです。元は1/96ですが、1/100に縮小して作りました。
# 今回は2機製作しています。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

特別展「まあるい星展」

 天文科学館で3月から行われていた、たけいさきよさんの写真展「まあるい星展」の最終日。お昼にギャラリートークがあり、その流れで展示室でたけいさんといろんなお話をさせて頂きました。

 たけいさんの作品は銀塩フィルムしかもブローニー版の円形写野。35mm版フィルム用のレンズでブローニー判のフィルムに露光すると、レンズの写野をフルに活かした円形写野になるのです。Photoshopで切り抜いているわけではありません。
 使用しているカメラはかつて天文ガイド誌で頒布していた「ヒノサワさんちのアストロカメラ」。シャッターもファインダーもなく、ほとんどフィルムホルダーみたいな箱です。露光はレンズキャップの開け閉めで行い、ファインダーもないから構図も現像してみるまで分からないとのこと。
# 現像するまで結果がわからないというのは、銀塩時代の写真はみなそうでした。

 デジタルカメラの星景写真は鋭くシャープでかっこいいという印象ですが、今回はなんとなくホワッと手作り感とぬくもりがある感じ。アナログな過程を想像してしまうからなおさらそう感じるのかもしれないのですが。

 星の写真っていいな、と思える写真展でした。大きく引き伸ばした作品を見ることができてよかったです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

星見行

 お誘い頂いて県内の山中に星見遠征。
 天気予報では当初より雲が来るのが早くなり、「ちょっと厳しいかもね」と前置き付きで出発。

 結局、雲間から少しだけ星々を垣間見て帰って来ました。天気ばかりは仕方ありませぬ。
 一緒に行ったメンバーにはそれなりに楽しい時間を過ごして頂けたようなのが何よりです。
# というか私のほうが乗せて行っていただいたわけですが。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

ロケットの名前と星座名

 備忘録。使う機会があるかどうか分かりませんが。

ESA(欧州宇宙機構)
[アリアンスペース]

アリアン(Ariane)=クレタ島の王女アリアドネ(Ariadne)の仏語読み。かんむり座の冠の持ち主。衛星打ち上げロケット。
ベガ(Vega)=こと座α星。小型衛星打ち上げロケット。

アメリカ
[ULA]

アトラス(Atrus)=ティーターン神(ヘルクレス座・りゅう座の神話)。衛星打ち上げロケット。
セントール(Centaur)=半人半馬ケンタウルスの英語読み。アトラスロケットの上段ロケット。

[オービタルATK]
ペガサス(Pegasus)=小型衛星打ち上げ用の空中発射ロケット。
ミノトール(Minotaur)=牛頭人身の怪物ミノタウルスの英語読み(かんむり座の神話)。小型衛星打ち上げロケット。
トーラス(Taurus)=おうし座の英語読み。小型衛星打ち上げロケット。
シグナス補給船(Cygnus)=はくちょう座の英語読み。ISSの無人補給船
アンタレス(Antares)=さそり座α星アンタレス。シグナス補給船の打ち上げ用ロケット。
キャスター(Castor)=ふたご座α星カストルの英語読み。デルタIIやトーラスで使用される固体ロケットブースタ。

[ロッキード・マーチン]
オライオン宇宙船(Orion)=オリオンの英語読み。開発中(試験機のみ飛行)の宇宙船。

 オリオンが英語読みでオライオンになるのは知っていましたが、キャスターがカストルなのはびっくりでした。ついつい台車の小さい車輪のキャスターを思い浮かべていましたが、車輪の方は"Caster"なので、綴りが違うのでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

パトレイバー at 長田区大正筋商店街

 「機動警察パトレイバー」は1980年台後半のSF作品。レイバーと呼ばれる作業用ロボットが活躍する近未来の、警察用ロボットを運用する部隊の物語です。コミック版(ゆうきまさみ)とアニメ版が平行して制作されていて、コミック版の方だけ読んでいました。
 ロボットの戦いよりも人間模様を描いた内容で、たまたま最近になって読み返す機会があったのですが、今になって分かる描写も多々あったりします。

 それはさておき、2015年5月に実写版の映画が公開されるのに伴うキャンペーンで、劇中に登場する実物大のパトレイバーがやって来ました。歩いたり動いたりはさすがに無理で、トレーラーに載せられた状態の原寸大模型。なんとなく近未来感が漂っていますが、作品が発表されたのが80年台後半とあって、劇中では1998年に導入された機体という設定です。つまり2015年現在だと稼働17年の老朽機。現実は厳しい……
 コミック版・アニメ版に比べると、より「ありそうな機械」に寄ったデザイン変更がなされています。

 トレーラーに寝ているだけではなく、荷台ごと起き上がる演出(デッキアップ)があります。劇中でも現場への移動はトレーラーで現着後に荷台を起こして起動しますから、ちょっとワクワクします。

続きを読む
posted by ふくだ at 22:52| Comment(4) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

雪風1945 & ユキカゼ2199

 雪風を作ったのはこれをやりたかったからです。
 手前の艦は旧日本海軍の陽炎型駆逐艦「雪風」。
 後ろの宇宙船は「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場するイソカゼ型突撃駆逐艦「ユキカゼ」です。

 「宇宙戦艦ヤマト2199」はSFアニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」の基本的な筋書きはそのままに、作画や設定を現代に合わせてリメイクしたものです。TVで放送されたのは2013年で、久々に毎週楽しみにみたアニメでした。
# ここ数年で見たTVアニメはこれと「宇宙兄弟」くらい。

 第一話がバンダイチャンネルで無料公開されているので、冒頭10分ほどの冥王星沖海戦だけでもお勧めです。
「宇宙戦艦ヤマト2199(TV版)」第1話 イスカンダルの使者

 ここで印象的な活躍を見せるのが主人公・古代進の兄、古代守が艦長を務める「ユキカゼ」です。艦名は陽炎型駆逐艦「雪風」から。ということで、これは並べてみるしかないじゃないですか。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

駆逐艦 雪風 1/700プラモデル

 旧日本海軍の駆逐艦「雪風」は1940年に就役。
 太平洋戦争時の日本の駆逐艦は機動部隊や輸送部隊として最前線にあり続け、開戦時に就役していた艦はほとんどが戦没。「雪風」と同級の陽炎型駆逐艦は19隻中18隻を喪失しています。「雪風」は南太平洋を駆け回ったのち、レイテ沖海戦や坊ノ岬沖海戦を戦いぬき、終戦まで健在だった稀有な艦でした。
 終戦後は引揚船の任を務めたのち、台湾海軍に引き渡されて旗艦を務め、現地で退役・解体しています。

 駆逐艦は小型という印象を持っていたのですが、海上保安庁の巡視船「せっつ」と並べるとこの通り。けっして小さくありません。ていうか当時の戦艦や空母はどれだけ大きかったんだ。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。