塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2009年06月14日

中波BCL その2

 前に一度記事にした中波BCLの続きです。

 使ったラジオは頂き物のビクター・RA-H7。シンプルながらしっかりとしたつくりで、おそらく高齢者を想定した商品。BCL狙いではありませんが、感度が良い上に、9kHzきざみの隣の周波数もきっちり分離してくれます(ダイヤル操作はそれなりにシビア)。内蔵バーアンテナだけで国内AM局の7割以上を受信できるとは思いませんでした。

 再び「経県」のサイトをかりて、この一ヶ月の成果を図示しました。5〜1の点数は受信状態を評価したもので、5が最良〜1が最低です(SINPOコードの総合評価)。

北海道・東北

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090516 23:00 1260 TBC東北放送 宮城 20 2
20090517 22:23 1431 STVラジオ 北海道 50 2
20090519 21:18 1287 HBCラジオ 北海道 50 2
20090526 20:33 918 YBC山形放送 山形 5 1

周波数はkHz、出力はkW(他の表も同じ)
◆未受信:IBC岩手放送(684kHz)、ABS秋田放送(936kHz)、RFCラジオ福島(1098kHz)、RAB青森放送(1233kHz)

 距離が遠いので、関西での受信が難しいエリアです。大出力の北海道2局と東北放送は比較的容易でしたが、北東北は残念ながらかすりもしません。

 ラジオ福島は同じ周波数に信越放送と大分放送がいる悪条件で、やはり受信できませんでした。

関東甲信越

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090518 20:13 1134 文化放送 東京 100 2
20090521 22:07 954 TBSラジオ 東京 100 2
20090522 00:53 1422 ラジオ日本 神奈川 D50 2
20090522 19:30 765 YBS山梨放送 山梨 5 2
20090522 22:46 1242 ニッポン放送 東京 100 3
20090527 21:03 1530 CRT栃木放送 栃木 5 1
20090603 21:30 1197 IBS茨城放送 茨城 5 1
20090604 20:48 1098 SBC信越放送 長野 5 1

◆未受信:BSN新潟放送(1116kHz)

 大出力のキー局は簡単に受信できます。とはいえ夜間の電離層の反射頼りなので、電波が強くなったり弱くなったりするフェーディングの影響を受けて、出力の大きさの割にはきれいに聴けません。もっとも内容を理解するには十分です。

 山梨放送は山口放送と同じ周波数ですが、山梨の方がよく入ります。茨城放送は熊本放送と同じ周波数。こちらは熊本の方が強くて、内容を聴き取るのは困難です。信越放送はラジオ福島・大分放送と同じ周波数で、この中では大分がいちばん強く入ります。栃木放送は中国放送の中継局と新潟放送の中継局が混信、電波は入るものの放送内容を聴くのは困難です。

 未受信で残ったのは新潟放送。私の自宅はラジオ関西(558kHz)の送信所からさほど遠くない場所で、この第2高調波に重なってしまうため、全く受信できません。

東海・北陸

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090517 21:14 1332 東海ラジオ 愛知 50 3
20090518 18:36 1053 CBCラジオ 愛知 50 2
20090523 19:44 864 福井放送 福井 D5 1
20090529 00:30 1404 SBS静岡放送 静岡 D10 2
20090601 00:03 1431 GBS岐阜放送 岐阜 5 2
20090602 20:31 738 KNB北日本放送 富山 5 1

◆未受信:MRO北陸放送(1107kHz)

 東海ラジオとCBCラジオは夜になると簡単に聴くことが出来ます。静岡放送もダイヤルさえ合わせれば内容はじゅうぶん聞き取れます。しかし残りは難関ぞろい。

 岐阜放送は和歌山放送と周波数が同じ。日曜の夜に和歌山の方が先に放送を休止するので、その後の時間を狙うしかありません。

 福井放送はラジオ沖縄と周波数が同じ。両方とも同じくらいの強さで入るので中身を聞き分けるのが大変です。北日本放送は琉球放送と周波数が同じ。さらに韓国のKBSが同周波数で大出力100kWを出しているので、韓国語の合間に聞こえる日本語から、2つの局を分離しないといけません。どちらかというと北日本放送の方が強く入りますが、放送内容を聞き分けるのは難しいです。

 最後に残ってしまった北陸放送は、南日本放送と周波数が同じ。そのうえラジオ関西(558kHz)の第2高調波の影響で、ほとんど聴けません。

近畿

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090515 20:45 1314 OBCラジオ大阪 大阪 50 4
20090517 09:30 558 ラジオ関西 兵庫 D20 5
20090517 10:42 1179 MBS毎日放送 大阪 50 5
20090517 14:00 1008 ABC朝日放送 大阪 50 5
20090517 15:00 1431 WBS和歌山放送 和歌山 5 4
20090518 11:30 1143 KBS京都 京都 20 3
20090527 00:15 1651 海上交通情報放送 兵庫 0.01 4

◆未受信:KBS滋賀(1215kHz)

 出力1kWのKBS滋賀は、日中は難しく、夜間はノイズに埋もれてしまいます。その他の局はさすが近場だけに、日中に楽に聴くことが出来ます。

 変わり種では、海上保安庁の大阪湾海上交通センター(大阪マーチス/淡路市)が送信している海上交通情報放送。周波数が1651kHzと通常のAM放送より少し上なので、ラジオによっては同調できないこともありますが、手持ちのラジオでは上限いっぱいで入りました。出力10Wながら、送信所に近いのでしっかり聞き取れます。

中国・四国

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090515 21:29 1350 RCC中国放送 広島 20 3
20090516 22:14 1269 JRT四国放送 徳島 5 3
20090518 13:00 1494 RSK山陽放送 岡山 10 3
20090518 14:30 1449 RNC西日本放送 香川 5 3
20090525 00:36 765 KRY山口放送 山口 5 2

◆未受信:山陰放送(900kHz)、高知放送(900kHz)、RNB愛媛放送(1116kHz)

 四国放送と西日本放送は、日中でも受信できます。山口放送は山梨放送と同周波数で、山梨の方が強く入ります。

 未受信の愛媛放送は、ラジオ関西(558kHz)の第2高調波と重なって受信不可能。山陰放送と高知放送は韓国の放送が同じ周波数で強力な電波を出しているので、全く聞こえません。

九州・沖縄

日付 時間 周波数 局名  都道府県 出力 評価
20090515 22:50 1413 KBC九州朝日放送 福岡 50 3
20090518 21:52 1278 RKBラジオ 福岡 50 2
20090520 21:30 864 ROKラジオ沖縄 沖縄 10 1
20090601 01:04 1197 RKK熊本放送 熊本 D10 2
20090601 21:50 1098 OBC大分放送 大分 5 2
20090602 19:33 936 MRT宮崎放送 宮崎 5 2
20090608 21:00 738 RBC琉球放送 沖縄 10 1

◆未受信:MBC南日本放送(1107kHz)、NBC長崎放送(1233kHz)、NBCラジオ佐賀(1458kHz)

 福岡のKBCとRKBは出力が大きく、簡単に受信できます。

 熊本放送は茨城放送、大分放送は信越放送とラジオ福島、宮崎放送は秋田放送と同じ周波数ですが、いずれも九州勢が強く入ります。

 ラジオ沖縄は福井放送と同周波数で、同じくらいの強さで入るために、内容を聞き取るのは大変です。琉球放送は北日本放送と同周波数かつ韓国のKBSが大出力で送信しているので、ラジオ沖縄以上の難関です。

 南日本放送はラジオ関西(558kHz)の第2高調波の混信を受けます。「MBC」という声は数度聞き取ったものの、受信報告書を送るだけの放送内容は聞き取るのが困難です。長崎放送は大出力のニッポン放送(1242kHz)の混信を受け、「NBC」という声は数度聞き取れたものの、やはり受信報告書を送るだけの内容を聞き取るのは困難。

海外

 北京放送改め中国国際放送(1044kHz)は良好に受信できます。モスクワ放送改めロシアの声(630kHz・720kHz)は、630kHzは受信困難、720kHzはフェーディングがひどいながらも内容を聴き取ることが出来ます。韓国のKBS(1170kHz)は毎日放送(1179kHz)に近いのが不運で、歪んだ混信を受けながら何とか内容を聞き取れるという程度。

 東京から送信中のFEN改めAFN(810kHz)は混信もなく、良好に受信できますが、英語のヒアリング力が試されます。えへへ。



posted by ふくだ at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Radio/流星電波観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビクター・RA-H7我が家にもあります。
音質がよい、との宣伝に乗せられて家内様に買いましたが、感度が悪くて在阪5局でも綺麗に入ら内局があります。
同じラジオでこの違いは何?と思いましたが、我が家は鉄筋の箱の中で電波が入りにくい上に、左右も上下も余所のお家が密接していてもうれつな雑音です。そのせいでしょうね。
交流電源を使うと、他家からの雑音で時間帯によっては殆ど何も聞こえません。
それと海上交通情報放送が中波で聞こえるとは知りませんでした。一度試してみます。
Posted by ウインドコール at 2009年06月14日 23:43
鉄筋造りの建物では、受信状況が悪いのは仕方ないですね。
私も高校生の頃までは、自宅でラジオをよく聴いていたのですが、大学の寮が鉄筋コンクリートで、部屋の中では満足に電波が入らず、それを機にすっかり遠ざかってしまいました。

大阪マーチスの海上交通情報放送は、本文にもあるとおり1651kHzです。
中波放送の周波数割り当ては531kHz〜1602kHz、ハイウェイラジオが1620kHzなので、一般的に使われている周波数よりほんの少しだけ上で、ラジオの機種によってはあと一歩の所で届かないこともあります。私の自宅のRA-H7では上限いっぱいで入りましたが、もしかすると製品の個体差に影響されてしまう部分かもしれません。
大阪マーチスの海上交通情報放送の放送時間は、毎時15分と毎時45分から、それぞれ10分程度です。
Posted by ふくだ at 2009年06月15日 23:37
大阪マーチスの海上交通放送キャッチしました。
何といっても、距離が明石海峡の幅だけですから薬4キロ、バルコニーから大阪マーチスが見えていますからもっと綺麗に入るかと思ったのですが・・・・・・。聞き取ることに困る様な状態ではないですが、音質は悪かったです。
それにしても、何メガヘルツかも表示されないラジオで30何局も良く特定されましたね。
私の様なサンデー毎日なら兎も角、現役の時間に追われている方が、と脱帽です。

私の場合、時間はありますが、局名が分かるまでじっと聞いている様な根気の持ち合わせがあり編ません。
Posted by ウインドコール at 2009年06月16日 20:43
タネを明かすと、今はネットで周波数表も各局の番組表も見ることが出来るので、以前に比べると格段に楽に放送局を同定できます。地方局は広告の地域性が濃いので、コマーシャルが入ればその時点で、たいていどの局かわかってしまいます。

5月後半はインフルエンザの影響で大っぴらに外出する気にもなれず、天候不順で星見もままならなかったので、ちょうどよい暇つぶしになりました。
# とはいえ、最後の頃は混信と戦っていたので、それなりに気合いを入れてラジオを聴いていました。

一通り受信報告書は送ったので、今はベリカードが届くのを楽しみにしています。
Posted by ふくだ at 2009年06月17日 01:00

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。