塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2010年05月16日

月と金星の接近

 地球照の月と金星。
 ミニボーグ 60ED(D=60mm,f=350mm)+NikonD5000。
 19:30(神戸市垂水区)。ISO800、露出 1/4秒。

 沈みゆく月と金星。
 ミニボーグ 60ED(D=60mm,f=350mm)+NikonD5000。
 20:56(神戸市垂水区)。ISO1600、露出 1/2秒。

 いろいろ撮ったうちから、とりあえず2枚。


posted by ふくだ at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2枚目の写真,東日本では月没後になってしまい,見えなかった位置関係です。

地球照もいい感じですねー
Posted by なかを at 2010年05月17日 17:17
あ,こちらで19:28に撮影した写真がありました。
これを,上の1枚目の写真と組み合わせると,月が手前に見える可能性があるかなぁ……

目標物が金星1つだから,上手くいくかどうか,分かりませんけどね。
Posted by なかを at 2010年05月17日 17:20
さすがです〜
うなりました〜\(^o^)/
うまいですね〜
Posted by MASAYO at 2010年05月17日 23:01
なかをさん
ぜひぜひ試してみましょう!
月が手前というよりは、金星が奥に見える感じになるでしょうか?

MASAYOさん
望遠鏡とカメラのおかげです。はい。(^_^;
Posted by ふくだ at 2010年05月18日 00:45
「沈みゆく月と金星」は、地上との構図が大変すばらしいです。沈む直前のナイスタイミングで捕えたと思います。
露出もちょうどいいですね。
大きく引き伸ばして飾りたいくらいの出来栄えです。
Posted by みわんぱぱ at 2010年05月18日 13:49
接近の経過を追ううちに月没になってしまったというのが本当のところです。
時間帯にもよりますが、露出は1秒から1/500まで変えながら何枚も撮っています。数打てば当たるを地で行っています。フィルム代を気にせずに済むデジカメならではです。
Posted by ふくだ at 2010年05月19日 00:40

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。