塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2010年06月26日

観測室一般公開(雨)+部分月食観望会(2010年6月)(雨)

 これまで天文科学館では、月に一度、16階天体観測室一般公開を行ってきました。リニューアル工事期間はお休みしていたのですが、本日、半年ぶりの再開です。
 が、あいにくの雨。しかも強風。ドームの中は、始終、風切り音が聞こえている状態です。晴れて条件がよければ昼間の星、曇ってもドームのスリットを開けて外の景色を見て頂いたりするのですが、とてもそういう状況ではありません。40cm反射望遠鏡そのものの解説がメインのメニューになります。
 今回は元気な若手(当社比)2名と組ませて頂いたので、私は楽させて頂きました。

 晩の天体観望会のメニューは部分月食。
 天候は悪化の一途をたどり、明石市内は大雨警報発令中。
 今回は天文科学館ボランティアの観望会グループの研修を兼ねていたのですが、お客さんとボランティアの人数が大して変わりません。まぁ……この雨では致し方ありません。
 少し早めに集合したボランティアは、天体望遠鏡の組み立て実習。星好きな人といえども、実際に自分で望遠鏡を持って使っている人はそれほど多くありません。経験値の部分が多いので、まずはやってみましょうというところから。
 観望会は雨天メニューとなり、プラネタリウムドーム内で星のお話。星座解説に続いて、天文トピックスで「はやぶさ」、そして双眼鏡の使い方実習、最後になよろ市立天文台のインターネット中継を上映しました。

 次の月食は2010年12月21日。皆既月食になります。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。