塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2010年07月17日

天体観望会「土星」(2010年7月)

 梅雨明け後はじめての天体観望会。観望対象は土星。
 三連休の初日でまずまずの天候に恵まれ、人気天体の観望とあって、参加者180人。

 私はブラック星博士の魔の手に掛かり、塔に幽閉されました(ぉぃ)。
 日時計広場では、金星、月、土星の観望をしていたそうです。

 20時過ぎには国際宇宙ステーション(ISS)の上方通過。明石では最大仰角20度ほどと、条件はさほどではないものの、ドームのスリットからゆっくり空を行くISSを見ることが出来ました。その直後にも天頂付近を通過する人工天体があったそうです。

 すべての参加者が16階天体観望室での観望を終えた時には21時半を回っていました(普段は20時半から21時頃に終わります)。お疲れさまでした。

 こちら、夕方のボランティア研修風景。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。