塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2010年10月21日

NHK大阪第一vs中国国際放送

 朝はもっぱら、ラジオを聴いています。
 7:00からはNHK大阪第一(666kHz)のニュース。ところがこれに混信してくる放送があります。

 聞いているうちに、中国国際放送局の日本語放送と判明。それにしても、周波数表にはNHK大阪第一とかぶるような局は載っていないのに、どうして!?


posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | Radio/流星電波観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこか、近隣の強い局との混変調だと思って、さて、計算するかと思ったら、もともと、朝7時からは、中国国際放送の日本語放送、中波では放送していないではないですか?なぜ。
Posted by meineko at 2010年10月22日 10:35
ところで、混信って、どういう状態でした?
ラジオあさいちばんでなくて?
7:33-38  ワールドリポート・海外元気情報(金のみ)NHK国際部や、中国国際放送局が伝えるリポートです。
http://www.nhk.or.jp/r1/asa/bansho.html
Posted by meineko at 2010年10月22日 10:39
NHK第一は常時聞こえているのですが、たまに別の日本語の会話がフェードインしてきて、NHKにかぶって聞こえます。時にはNHKより強く入感することもあります。混信しているのはどこの局だろうと聞き耳を立てていると「CRI中国国際放送局」とのこと。数分間混信が続いて、そのうちフェードアウトしていきます。一時間のうちに4〜5回、いやもっと多いくらい繰り返されます。

私が聞いている番組は「ラジオあさいちばん」ですが、混信と「ワールドリポート」は別物です。

混信が起きるのはミニコンポのチューナーだけで、他のラジオを隣に置いて同時に聞いても、こちらはNHK第一のみクリアに聞こえます。何がなにやらという感じです。
Posted by ふくだ at 2010年10月23日 00:59

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。