塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年01月30日

はやぶさカプセル一般公開(神戸)

 2011年1月27日〜31日の日程で、はやぶさ帰還カプセルが神戸市立青少年科学館にやってきました。はやぶさのカプセル自体は、2010年8月の東京丸の内と、9月の大阪阿倍野で見ています。とはいえ、わざわざ神戸に来てくれるのですから、神戸市民として歓迎の意を表すのが筋というものでしょう。

 30日に開催されたJAXAタウンミーティングと合わせて、明石の友の会のメンバーで連れ立って出かけました。神戸市立青少年科学館はTwitterで随時、整理券発行状況やプラネタリウムの券売状況を流してくれていて、ありがたかったです。

 11時に三宮集合、11時半には青少年科学館に着きました。
 カプセル展示に合わせて「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 帰還バージョン」の上映も行われているのですが、なんと11:15時点で16:40までの「HAYABUSA」のチケットが完売とのこと。その次の会は19:00です。どうしようかと思いながら、とりあえず確保。これで帰宅は20時過ぎ確定。

 はやぶさカプセルは、12:00〜12:30の時間帯の整理券を入手。少し時間があるので、先に昼ごはんを済ませてしまいます。しかしIKEAのクーポンが付いてくるとは思いませんでした。整理券より立派だ。

 カプセル展の会場内は例によって撮影禁止(これは全国どの会場でも共通)。

 カプセルの前室では、はやぶさのクイズが用意されていたり、はやぶさのミッションの「すごいところ」が表彰状混じりで紹介されていたり、子ども向けに砕いた解説がなされています。さすが青少年科学館。

 すごかったのは「1/1はやぶさ模型」。青少年科学館のアストロクラブの子どもたちが作ったそうです。さすがに実物大が出てくるとは思わなかった。
 巨大なダンボールに金銀折り紙を貼り付けた本体と、プラダン製の太陽電池パドルというシンプルな構成ですが、実物大モデルをつくろうという意気が素晴らしい!
 学芸員の方が「子どもたちにとっては金や銀の折り紙って貴重でしょう。すごく楽しそうに貼ってました」とおっしゃってましたが、私も最近、金銀の折り紙を貼り付けていたので、その気持はよ〜くわかります(感心するのはそこじゃない)。
 JAXAからやってきた精密1/8模型よりはるかに存在感がありました。

 そうそう、和歌山から来ていた実物大帰還カプセル模型(リンク先は和歌山での展示写真)もよかったです。プラスチック製のカプセル模型と、カプセルの重さに合わせた16kgのウェイトがセットで展示されていて、実際に触ったり持ち上げたり出来るようになっていました。

 さて帰還カプセル。
 実物が来ていたのは、背面ヒートシールド、パラシュート、内部電子機器、インスツルメンツモジュール(上面のみレプリカ)。またカプセルのカットモデルと前面ヒートシールドのレプリカも並んで展示されていました。
 新しく加わったのは、カプセルのカットモデルと、前面ヒートシールドのレプリカ。

 個人的には背面ヒートシールドの迷子札を確認できたのが収穫。丸の内で見逃していたので、また見る機会に出会えてよかったです。

 カプセル展示、午前中は混雑していたようですが、お昼ごろには割とゆったり見ることができました。
 で、JAXAタウンミーティングが始まる前に、整理券をもらいなおしてもう一周。
 だってせっかく神戸までやってきたカプセル。時間が許す限り見ておかないともったいない。

 そしてタウンミーティングが終わったあと、青少年科学館向かいのIKEAでティータイム。例のクーポンでミートボールを食します。10個って多いんですけど。これだけで結構お腹いっぱいです。サラダとパンを合わせて頼んだのですが、パンは食べきれずに持ち帰りました。
 あと、盛り放題のポテトチップス。盛り過ぎです。

 はやぶさカプセルは、再度、科学館に戻ってもう一回りして、都合3回見てきました。同行者には呆れられたことと思います。

 19:00からはプラネタリウムで「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 帰還バージョン」(写真は1月16日の撮影)。
 もう4回目なので、最初はだらだら見ていたのですが、タッチダウンのシーンで的川さんのVサインを思い出したり、あとラストの「2010年6月13日」のテロップのところでいきなり涙腺がゆるくなったり。
 神戸の全天周映像のシステムは、デジタル化が始まったかなり初期のもので、最近の他の館と比べると、輝度も解像度もカラーバランスも像の合わせ目も、正直、ちょっと見劣りします。2004年に最初に見たときはすごいと思ったのですが、それからこの間が全天周映像の日進月歩の時期だったんですよね。
 とはいえ、カプセル実物を見て、この番組をその場で見ることが出来るという構成はよかったです。いっそ土日は全番組を「HAYABUSA」にしてもよかったのではないかと(ぉぃ)。

 そんなこんなで、期待以上に楽しめた一日でした。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 宇宙開発/宇宙科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミートボール美味しそうです
Posted by ryuji_s1 at 2011年02月06日 11:28
ryuji_s1さん、いらっしゃいませ。
ミートボールは、10個となるとさすがに少し飽きてきます。個人的には、5個くらいが美味しく食べられる範囲ではないかなぁと思いました。
Posted by ふくだ at 2011年02月07日 01:15
こんな時間に「はやぶさ」番組やってます。8ch
Posted by けろ at 2011年03月16日 01:41

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。