塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年01月31日

2011年1月の読書

川口淳一郎『はやぶさ、そうまでして君は』
司馬遼太郎『街道をゆく 43 濃尾三州記』
的川泰宣『小惑星探査機 はやぶさ物語』

 はやぶさ本2冊と街道をゆく完結編。
 的川泰宣さんの『小惑星探査機 はやぶさ物語』は新書。熱心なファンにはさほど新しい内容が盛り込まれているわけではないのですが、ミッションの概要や山場やエピソードを、さくっと読める分量に手際よくまとめてある印象。的川さんの文章はくだけていて読みやすいので、「はやぶさのことを知りたいんだけど、手っ取り早く何か一冊」という方におすすめ。
 『はやぶさ、そうまでして君は』は、はやぶさのプロジェクトマネージャーを務めていた川口淳一郎さんの本。当事者の思いが読みどころですが、はやぶさが行方不明になってからの救出運用の話がよいです。単体でも読める本ですが、できれば上記の的川さんの新書か、山根一眞さんの『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』を読んで、ミッションの概要を知ってから読んだ方が楽しめると思います。

 年末年始はサイモン・シンの『天地創造』(ハードカバーでは『ビッグバン宇宙論』)を帰省のお供に読んでいました。3回目くらいですが、何回読んでも面白いです。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。