塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年02月04日

HTV「こうのとり」ペパクラ ビール缶仕様

 「宙飛ぶビール缶」とも言われる宇宙ステーション補給機「こうのとり」。
 こないだ模型をつくりながら思ったのです。
 こんな面倒な工作しなくても、ビール缶に印刷した紙を巻けばいいじゃないか。

 で、つくりました。ペーパークラフトと言ってよいものかどうか、とにかく簡単バージョンの「こうのとり」です。
 つくるのに何が困ったって、私はお酒を飲まないので、家にビール缶がないのです。仕方がないので職場の缶ビールを借りてきたのですが、「お前が何に使うんだ!?」と怪訝な目で見られました。

 型紙はこちら。
 HTV「こうのとり」ペーパークラフト・ビール缶仕様(PDF:3403kB)
posted by ふくだ at 20:02| Comment(10) | TrackBack(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくださん、ビールはやはりエビスですよね、と書きかけましたが、飲まなかったのでしたね。
ということは職場のみなさまがエビス党ということですか。さすがです。よろしくお伝えください。

それにしても、HTVはエビスビールそのものですね。
Posted by かすてん at 2011年02月04日 20:59
なんというか、お歳暮で頂いたものです。私以外は全員飲んべの職場で困ったものです。

HTVですが、金色系の缶が似合います。
ヱビスの他だと、プレミアムモルツが金とメタリックブルーで太陽電池パネルの雰囲気を出しています。それとキリンのどごし〈生〉も、塗り分けが補給キャリアと電気モジュールに似た雰囲気です。
Posted by ふくだ at 2011年02月05日 07:55
ええのーう。
金色の缶が飲める職場。
てか、…ひま??
Posted by api at 2011年02月06日 08:57
これいいですね。配布の制約ってありますか?
ビールでなくてもよいとおもうので、小学校などへの出前講習などでつかえるといいかなと思ったので。
Posted by しゃけ at 2011年02月06日 09:26
apiさん
職場では普段は飲まないです。イベントの打ち上げのときくらい。だから頂き物がすぐに消費されないで置いてあるというか。
で、ひまっていうか、ふっふっふっ。年度末前のあがきですな。

しゃけさん
そういうことでしたら、活用していただけるとうれしいです。
確かにビールに限定する必要はないですね(^_^;
Posted by ふくだ at 2011年02月06日 10:31
ですよねえ。
あたくしも、仕事がつまるとよそごとがねえ。
Posted by api at 2011年02月07日 11:44
いいもの作られましたね(^^)
ダイエーにあるジンジャエールジュースの缶38円も
ゴールド(ちょっと赤いかな)
けろずぺーじに画像置いてます。
エビスビール歳暮の見本缶なら中身なしの軽い缶が
あったのですが捨てちゃいました。
Posted by けろ at 2011年02月10日 00:45
見ました掲示板。いいですね〜、ノンアルコールの金色缶。これなら子どもたちにも安心して工作に使ってもらえそうです。
http://303.teacup.com/kero/bbs/7808

野口聡一さんが、ISS滞在中のこうのとりの写真を紹介されています。西日本上空なのがうれしい写真です。
http://twitpic.com/3y0l7t
Posted by ふくだ at 2011年02月10日 20:10
最近、この手の形の空き缶が少なくなって困ってます。
コーラとか、キャップのついたタイプになってるじゃないですか。
もちろん、あれはあれで飲用しては便利なのですが…工作には不向きなんですよね。

しゃけさんに便乗して…
もしかしたら、クラブ活動で使わせていただくかもしれません。
そのときはご報告します!
Posted by つかだ at 2011年02月13日 17:02
近所のコープで見てみたのですが、意外にないのですね。お酒以外はみんなペットボトルになっていました。

型紙は機会がありましたら、お気軽にお使いください。

子ども向けにソフトドリンク缶仕様の型紙も用意しておきましょうかね(説明の写真と文を入れ替えるだけですけど)。
Posted by ふくだ at 2011年02月14日 01:43

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。