塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2011年08月07日

姫路城「天空の白鷺」(後編)

 7階へは階段で下ります。ここから見えるのは、五層(最上層)の壁面と、四層の屋根。

 丸裸の姫路城大天守が見えるのは、ここだけ! 漆喰が化粧とすれば、地肌まで剥いじゃったお姿ですけど(例えが穏当じゃない)。でもこの高さから天守を見ることが出来るって、大凧に乗った忍者くらいなものですよ。

 取り外された瓦は全てチェックを受け、痛んでいるものは交換されます。丸瓦に刻まれた紋は、それぞれ築城・修理に当たった城主の家紋を反映しているので、注意してみると面白いです。
 置くに積まれた土のう袋は、剥がした漆喰や壁土だと思うのですが、これは再利用するのでしょうか。フロアにいた人に聞けばよかったなぁ。

 7階床面にはこんなお遊びも。姫路城大天守は、東西2本の大柱が五層六階の構造物を支えているのですが、その実物大の断面表示です。




 7階からはエレベータで1階へ直行。エレベータの天守側はガラス張りなので途中階の様子もかいま見えます。
 左上は、三層屋根。右上と左下は二層唐破風。右下は一層壁面。
 三層以下の壁面は漆喰の塗り直しだけなので、まだ白い壁が残っています。
 この辺り、エレベータでなく階段で降りることが出来るなら、ぜひとも志願したいです。

 1階は展示スペースになっています。修理の模型や、過去の修復の歴史などなど。

 良くできた模型なのですが、天守周囲の床の高さが、実際と違うのが惜しいところ。展示施設の構想中に作ったのでしょうか。とはいえ、さすがに作業の雰囲気は良く出ていると思います。

 外に出て目に付いたこの覆い。何を囲ってあるのかと思ったら、中には放水銃がありました。国宝ですから、備えは万全。

 小天守と素屋根。2015年には、装いを新たにした大天守の姿を拝める予定です。そのうちいずれ、工事の進捗を見に来たいと思います。


posted by ふくだ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姫路城に行かれたんですね。
工事中のお城、外(覆い)からはよく見るのですが、まだ中に入ったことがありません。

また進捗を見に行かれるときにお声掛けいただければ嬉しいです!
Posted by すしたろ at 2011年08月14日 08:59
ふっふっふっ。
私に城の話をさせると必要以上に長いですよ。
Posted by ふくだ at 2011年08月15日 00:31

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。