塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2006年12月03日

映画「ありがとう」

映画「ありがとう」舞台挨拶 長田区の鷹取商店街で被災し、地域活動に奔走する一方、プロゴルファーになった古市忠夫さんの実話を元にした映画。

 私自身、震災後の神戸で仕事をしてきましたが、地震や直後の被災地の様子を知っているわけではなく、外からの目で神戸を見てきた人間です。だからこそ、震災に触れることにためらいを感じることがあります。

 正直なところ、映画も見るかどうか迷ったのですが、今あえて震災を題材につくった作品なのだから、半端な想いで取り組んだわけがないと、足を運びました。

 前後の予定の都合で午後一番の回を見に行ったのですが、これが舞台挨拶のあった回でした。赤井さんも田中さんも素敵な方でしたが、プロデューサーの仙頭さんが真摯にこの作品と向かい合っている姿が印象的でした。

 上映中、半分くらいは目頭が熱くなりっぱなしでしたが、ところどころにホッとするような笑いもあり、館内中で泣いたり笑ったり、エンドロールが流れ終わったときには拍手があがりました。

 近ごろ忘れかけていた気持ちを思い出させてくれた映画です。


posted by ふくだ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。