塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年04月13日

特別展「都会の星写真展」

 明石市立天文科学館で特別展「都会の星写真展」が開催中です(〜5月26日)。

 井上さんのブログの解説が的確で付け足す言葉もありません。

 フィルム時代は街の中で日周運動の星の写真を映すのは不可能だったので、はじめて東山さんの作品を見たときは、すごいと思うと同時に、「どうやって撮ったんだこれ?」と頭のなかが「?」だらけになったのを覚えています。

 街の景色の上に、様々な色で弧を描く星たち。
 東京タワーや明石海峡大橋のような馴染み深い景色、香港かと見まごうようなどギツイ色彩の大阪新世界。
 そんな中でも見あげれば、そこに星がある。

 「この街の空にも星は瞬く」という、元ちとせの歌の一節を思い出しました。

 東山さんのブログを見ると、「そこまでやるか!!」と驚くくらい突き詰めた作品づくりをされていることが分かります。私も星の写真を撮ることがありますが、お気楽にやっているので、そこまで突き詰めないといけないものなのかと思いながら読んでいました。でも、徹底的に突き詰めたからこそ、このクオリティなのだとプリントを見てわかりました。

 お近くの方は、ぜひ。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。