塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年05月02日

L字アダプタ自作

 コロラド・PST太陽望遠鏡は、架台固定用に下面に1/4インチのカメラネジが切ってあります。
 ただ、ポルタ経緯台やNewKDS2マウントなどの片持ちフォーク式経緯台には、そのままでは搭載できません。

 ならば工作だ。ガシガシ、ゴシゴシ、ゴリゴリ。
 ジャーン。ビクセン規格対応アリガタの付いたL字アダプタです。

 こんなんでも買うと9000円前後なんです。もっとも市販のものは双眼鏡を載せるために幅広なつくりですが、今回はPST太陽望遠鏡だけ載ればいいので、ホームセンターでL字アングルと木材の端材を買ってきてチャッチャと作りました。アリガタだけはコスモ工房さんの製品を使っています。全体の費用は2800円くらい(うち1800円がアリガタ代→1200円のもっと短いやつでよかった)。

 右はBORG片持ちフォーク式赤道儀に取り付けるための先代のL字アダプタ。
 これは家にある材料でとりあえず作ったのですが、「とりあえず」のまま8年使ってしまったので、ボロボロです。よくこれでがんばったなぁ。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。