塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年07月15日

漁業実習船「但州丸」一般公開

 兵庫県立香住高校の漁業実習船「但州丸」。
 香住高校には県内唯一の海洋科学科(旧漁業科・旧水産食品科)があります。県立高校なので、船にも兵庫県のマークが入っています。船体の青いラインと相まって、いい感じのデザインです。
 兵庫県内とはいえ、香住は日本海側ですから、はるばる関門海峡を越えて大回りしてきたに違いありません。お疲れさまです。

 船体後部はトロール漁(底引き網漁)の設備。網を引き上げるゲートや、網を巻くリールが見えています。

 左写真のこれはニコン20×120双眼鏡の架台。さては公開前に片付けたな。
 船橋内にはニコン7×50双眼鏡が4台。うち3台はトロピカルでした。

 海図台は、下から赤ランプで現在地を示すようになっています。
 神棚にはペーパークラフトのメバチマグロ。これは奉納したものなのでしょうか。
# 魚群探知機などあったはずですが、写真を撮ってません。漁業実習船なのに何を見てきたのでしょう。

 サロンは「偉い人が来た時に使う部屋」とのことですが、救命胴衣が山積みになっています。
 生徒の居室は4人部屋。長期の実習だと2ヶ月近くの航海になるそうです。「2年生と3年生では顔つきが違う」くらい逞しくなるそうです。女性用の居室もあって、インテリアは暖色系でまとめられていました。男性用の部屋に比べると心なしかきれいだったような。

 左写真は食堂。
 右写真は客室のような区画ですが、講義などで使うようです。この日は実習の様子を紹介するビデオが上映されていました。

 左写真は風呂。海水だそうです。「機関から蒸気をもらって海水を沸かす」そうです。お風呂の後に浴びるシャワーだけは真水とのこと。長期航海中、水は貴重ですものね。
 右写真は洗濯室。船の外壁に沿ったカーブに上手いこと詰め込んでいますというか窮屈なくらい。水道の上には「節水すること!」。

 漁業実習船ならではの設備といえば、急速冷凍室。説明係についていた高校生が「バナナで釘がうてます」と言ってましたが、君たち元ネタ知らないでしょ。
 マグロ延縄漁の実習で獲ったマグロを-55度に急速冷凍するのだそうです。
 獲った魚は食べるんですか? と聞いたら、「それもありますけど、売ります」とのこと。そりゃマグロ何匹も食べきれないですね。売上は兵庫県のお金になるそうです。さすが県立高校の実習船。

 受付のテントで高校生が実習で作ったという缶詰があったので買って来ました。一缶100円。お味はどうかな。


posted by ふくだ at 23:50| Comment(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。