塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年08月31日

白河小峰城

 源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼした後、白河は結城氏の所領となりました。
 白河に移った結城氏の一族が室町時代になって居城としたのが白河小峰城です。
 白河結城氏は豊臣秀吉の小田原攻めに参陣しなかったため改易され、江戸時代の白河は親藩・譜代大名が次々と赴任しました。寛政の改革を行った松平定信も白河城主から幕府の老中に就任しています。
 幕末は幕府領(二本松藩預り)になって城主不在でしたが、戊辰戦争の際に奥州の玄関口を扼する要所として奥羽越列藩同盟軍が占拠しました。

 1868年5月1日に新政府軍が攻めかかり、わずか1日で落城。この時、城内の建築物をほとんど焼失しています。その後、奥羽越列藩同盟軍が奪還を図って断続的な攻防戦が続きますが、その都度撃退され、7月14日をもって撤退。白河を新政府軍が抑えたことで事実上、会津戦争の帰趨が決まりました。

 現在の小峰城は、復元された三階櫓が本丸に建っています。ただ東日本大震災で本丸石垣が崩壊したため、2013年現在は本丸への立ち入りが禁止されています。柵越しに崩壊した石垣や、土嚢やビニルシートが見えるのですが、想像以上の被害です。これは復旧まで相当の時間がかかりそうです。

 小峰城内には1887年に白河で見られた皆既日食の記念碑があり、これはぜひ見ておこうと思ったのですが、お城の惨状に驚いて、探すのを諦めてしまいました。あとから確認したら立ち入り禁止エリアの外にあったのですが……またいずれ、復旧なった小峰城とともに訪ねたいと思います。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。