塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2013年11月23日

鳥瞰図絵師! KOBEに集う!! 記念フォーラム「鳥の眼に魅せられて」

 神戸波止場町TEN×TENで11月14〜26日の期間で開催されていた鳥瞰図展。その記念フォーラムが23日に開催されました。
 青山大介さん(神戸)、岡本直樹さん(倉敷)、中田匠さん(盛岡)、高山尚道さん(滋賀)の4人の鳥瞰図絵師が一堂に会するのも前代未聞。というか、日本で都市の鳥瞰図に取り組んでいる人は極めて少ないので、単位面積当たりの鳥瞰図画力密度が異様に高い空間が現出したことになります。
 コーディネーターは網本武雄さん。阪急電車の広報紙TOKKの連載「阪急沿線ちょい駅さんぽ」や、神戸新聞の連載「「工場を歩く」(終了)のイラストを担当されているので、目にしている方は多いはず。

 実直そのものの青山さん、ひょうげた雰囲気の岡本さん、飄々とした中田さん、職人的な高山さんに、真面目な顔でツッコミを入れまくる綱本さん。製作談を聴き比べるだけでも楽しいひと時でした。

 鳥瞰図の製作過程は、正確な縮尺のアクソメ式で描かれている3人がほぼ共通。建物の側面を描き込むために現地取材で膨大な写真を撮りまくり、青山さんに至っては建物の上面を描くためにヘリをチャーターしての空撮も敢行。とにかく正確を期すための取材あっての鳥瞰図です。
 高山さんは縮尺にとらわれずに鳥瞰図を描かれています。吉田初三郎の鳥瞰図に通じる作品もあるのですが、初三郎のような大業なデフォルメではなく、広角でありながらも違和感のない構図を柔らかなタッチで巧みに作り上げています。図の主題を分かりやすく表現するために、発注元と綿密な打ち合わせを行われていらっしゃるとのことで、やはり取材と資料集めは欠かせません。

 岡本さんと高山さんはもともと絵の勉強をされていた経歴があります。青山さんは石原正さんの鳥瞰図に衝撃を受けたのがきっかけ。
 面白いのは中田さんで、もともと鳥瞰図が好きで集めていたのが、実は世に出回っている数が少ないことを知り、「だったら自分で描いてしまえ」と思い立ったのだとか。
 「作品を見るのが好きなので、描きたい人がいたらどんどん背中を押します。ハシゴも外します!」と力強く語っていました。

 「4人の鳥瞰図絵師」ですが、鳥瞰図専業の人は一人もいません。みなさんそれぞれの本業の傍らで取り組まれています。
 果たして鳥瞰図で食えるのか!? という切り口になりましたが、個人的な感想としてはこれは安易な道ではなさそうです。
 なにせ一点描くのにかかる時間が半端でなく膨大。青山さんの「港町神戸鳥瞰図」のようなB1判を超える大作だと、仕事の傍らの作業とはいえ3年がかり。いかんせん、寡作にならざるを得ません。

 とはいえ、街の魅力や雰囲気を伝えるメディアとしての鳥瞰図の力は他にないものがあります。
 地図では読み取れず、航空写真では埋もれてしまう街の空気を表現できるのが鳥瞰図。
 今回の特別展では「くとうてん」さんが青山さんの鳥瞰図を元にノートと便箋のグッズを展開していましたが、くとうてんさんのアレンジも素敵で、いずれの品物もつい手に取りたくなる魅力があります。
 中田さんの鳥瞰図は観光協会のフライヤーや、市内の書店のブックカバーに採用された実績があるとのこと。
 岡本さんの倉敷鳥瞰図は出版されている他、案内図として街中の看板に使われています。今回の特別展に出展された50年前の倉敷鳥瞰図も出版すべく、寄付者を募っているそうです。
 高山さんは既にANAの広報誌に数々の絵図を描かれていらっしゃいます。
 四者四様に、それぞれの作品が世の中に少しずつ、広がっているのです。

 フォーラムから脱線しますが、地図のコレクションで知られる神戸市立博物館は、戦前に発禁処分でお蔵入りした「大神戸市景観図」の復刻版を作成し、青山さんの「港町神戸鳥瞰図」ともどもミュージアムショップで扱うべきです。

 鳥瞰図のファンとしては、文化として根付いてくれることを願いたく、またできることなら協力もしていきたいです。
 描くのはちょっと、その……実は前に1/2500の都市計画図を買ってトレースし始めて、挫折した経験がありまして、はい。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まとめ記事をありがとうございます。
この機会に茨城から見に行って、良かったと思いました。
Posted by かすてん at 2013年12月04日 22:13
同じ建物の中にいたはずなのに、見事にすれ違ってしまいました。
鳥瞰図絵師の皆さん、見事に意気投合されてましたので、またいずれ、さほど遠くないうちにどこかで次の企画がありそうな気がします。
Posted by ふくだ at 2013年12月06日 00:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。