塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年04月28日

高エネ研・KEKコミュニケーションプラザ

 高エネ研こと高エネルギー加速器研究機構へ行ってきました。
 施設を見学するには年に一度の一般公開か、平日に団体で事前申し込みの施設見学ツアーを利用することになるのですが、常設の展示コーナーとしてKEKコミュニケーションプラザがあります。

 右写真の大きなレンズは、かつて東北大学で霧箱に使われていたもの。霧箱は最初期に使われていた放射線の検出装置で、関西では大阪市立科学館に常設展示されています。簡易的なものは実験キットも市販されています。私は生協でもらったドライアイスと消毒用のアルコールで自作を試みて、見事に失敗したことがあります。見ていて飽きないので、機会があればぜひ。

 コミュニケーションプラザの展示室にはイヤホンで聞くタイプの展示ガイドがあります(左写真)。これはおすすめ。高エネ研で扱っている素粒子は日常生活と縁が薄いものなので、解説文を読んだだけではイメージがつかみにくかったりします。もうひと押し音声ガイドを聞くと、なるほどと思えるようになります(効果には個人差があります)。

 右写真はCP対称性の破れを説明する理論を打ち出した「小林-益川理論」の論文。ラミネートした状態で全ページ読めるように展示されています。全ページと言っても6ページなんですが。もちろん英語の論文なので、私の読解力、いやそれ以前に物理の素養がですね……
 2008年のノーベル物理学賞を受賞した際の、メダルのレプリカが展示してあります。ノーベル賞のメダルは「公式のレプリカ」があり、たしか3枚まで作れるのだったか。前に上野の科博の特別展で触らせて頂いたことがあります。

 今や私達の生活とは切っても切れないインターネット。実は日本最初のウェブサイトが立ち上がったのは高エネ研でした。1992年9月30日のこと。その時使われたマシンこれで、日本で最初のWebサーバです。

 スパークチェンバーの展示。宇宙から飛んでくる放射線(宇宙線)を可視化するための装置で、放射線が通過すると中に重ねられた電極間に放電が起こって軌跡が見えます。手を入れる穴が開けてあり、試しに突っ込んでみると、人間の体などお構いなしに通過していくのが分かります。
 ヘリウムガスを使う装置のため、世界的なヘリウム需要の逼迫の影響で展示を休止している科学館もあるのですが、高エネ研で動いているのを見てびっくりしました。

 宇宙の物質エネルギーのうち、私達に見えているのはわずかに4%に過ぎず、残りの22%がダークマター(暗黒物質)、さらに残りの74%がダークエネルギー(74%)だとされています。
 あまりにピンと来ない話ですが、さて右写真の瓶の中。黒いキャンディがダークマターとダークエネルギーで、白いキャンディが私達に見えている物質エネルギーという割合です。宇宙は暗黒面に包まれておる……



 面白かったのはシリカエアロゲル(エアロジェル)の実物に触れる展示があったこと。
 シリカエアロゲルは体積の90%以上が空気という物質で、非常に軽く、薄く青みがかっていますが、ほぼ透明。
 アメリカのスターダスト探査機が彗星のチリを採取するのにエアロゲルを貼った装置を使いました。高速で彗星をすり抜ける際、硬い素材で受け止めるとチリが衝突時のエネルギーで蒸発してしまうため、スカスカのエアロゲルで減速して受け止めたのです(それでも無事だった粒子は少ないのですが、なんにせよサンプルを取れたことが大切)。

 高エネ研では加速器の衝突実験で飛び散った粒子の検出にエアロゲルを用いていて、粒子がエアロゲルを通過した際のチェレンコフ光を拾うのだそうです。

 フワフワしているのかと思いきや意外に固く、金属のような音がします(強い衝撃を加えると潰れたり割れたりするそうです)。
 比重はむちゃくちゃ軽いのですが、触感があるので存在を感じないわけではありません。

 スイスとフランスにまたがって建設された世界最大の加速器LHCで使われているATLAS測定器……の模型。実はレゴブロックで組まれています。
 職員数人が4日がかりで組み上げたとか。
 ATLAS測定器には日本各地の研究機関が関わっていて、ヒッグス粒子の検出にも大きな役割を果たしました。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(2) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わずかの時間なのに濃密に回られていますね。
KEKコミュニケーションプラザにはこんなに沢山見る物あったかなというくらいいろいろと紹介されている印象でした。
また行ってみようと思いました。
Posted by かすてん at 2014年05月22日 07:08
エキスポセンターが月曜休みなのは知っていたのですが、JAXAに振られ、国土地理院に振られ、地質標本館も調べたら月曜休みで、研究学園都市の北の果てのKEKしか行く場所が思い浮かびませんでした。

KEKは以前に一般公開に行った時は何をやってるのか今ひとつ理解してないままだったので、また改めて見に行きたいです。
Posted by ふくだ at 2014年05月22日 22:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。