塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年07月27日

軍師官兵衛 ・その12

 山崎の合戦は来週かとおもいきや、あっという間に片付けました。
 今回の大河、全体的に合戦シーンにあまりやる気を感じないのがもったいないところ。
 官兵衛は帷幕の人なので、それでも話は回るのですが、戦国ドラマなら見せ場はきちんと用意してほしいものです。
# そういえば明智方の斎藤利三は山崎で討死してないです(後ですぐ死にますが)。注進の場面でびっくりしました。

 中国大返し、兵たちが走りまくってるのは演出。荷駄もいるので、兵だけ走ってもあまり意味はありません。実際は行軍速度ではなく、行軍時間を伸ばして距離を稼いだのでしょう。
 だから街道脇に松明を灯すのは正解。中国大返しは旧暦6月6日から13日なので月はあったはずですが、街道が山林を抜ける場所では足元もおぼつかない暗さだったでしょう。
 面白かったのは握り飯の配給所で「味噌なめろ〜!」と怒鳴りまくる人がいたこと。喉の乾いた兵士は水をがぶ飲みするので、味噌を舐めるのは低ナトリウム血症の予防として理にかなっています。昔からやっていたのでしょうか。

 黒田長政、今回はさんざんでした。後藤又兵衛が官兵衛に帰参するシーンで複雑な表情を見せていたのは、今後の伏線なので覚えておきましょう。

 長浜城がボロボロに荒らされていましたが、光秀の性格的に無駄な狼藉はしなさそうです(領国支配の拠点になるので壊す理由がない)。山崎の敗報のあとに駐留明智兵が荒らして撤退したのなら説明がつきますが、荒らす暇があったら逃げると思うんだな。
# 安土城天主の炎上も明智勢が犯人では「ない」とするのが有力。

 来週は柴田勝家との対立がメインになりそうですが、このドラマの勝家は猪武者かつ守旧派的ノリ。織田家中の第一の家老として秀吉の前に立ちはだかる重厚さが欲しいところですが、今からでは仕込みが間に合わなさそうです。
 一方で徳川家康がなんとなく不気味な感じを醸し出してるのは、これは秀吉亡き後を想定しているのだろうな、と。
# しかし家康が老けすぎているのは納得いかん。


posted by ふくだ at 23:48| Comment(2) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この回、見逃しました(泣)
まぁ、この前の回を見逃すよりはマシだったと納得しつつ…。
柴田勝家の軽さにはちょっと残念です(笑)
そもそも近藤芳正さんだと声が高くて、
それがより軽さを助長してしまっているかも…。

安土城に火をかけたのは蒲生さんらしいですね。
下の名前忘れました(笑)
Posted by つかだ at 2014年08月06日 09:13
まあ、見逃しても大丈夫な回でした>中国大返し

なるほど声の高さはあるかもです>勝家
髭をつけた顔の雰囲気は悪くないのですが、台詞をしゃべると「あれ!?」という感じでしたので。

安土城の蒲生さんは留守居役の蒲生賢秀でしたっけ。蒲生氏郷のお父さんですね。
この人は安土城を無傷で明智勢に明け渡してたと思うのですが、犯人説もありましたか。
Posted by ふくだ at 2014年08月06日 23:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。