塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年08月07日

京羊羹「天の川」

 8月7日は月遅れの七夕。
 2014年は7月7日の新暦の七夕も、8月2日の伝統的七夕(旧暦の七夕)も天候に恵まれなかったのですが、月遅れの七夕でようやく星空を仰ぐことができました。東の空に輝く職女性と牽牛星。七夕の日に見るのはひとしおです。

 ということで、夜のおやつに用意したのがこれ。京都は七條甘春堂の「天の川」。季節限定商品で6月・7月だけの扱い。昨年知った時には扱いが終わったあとで、密かに一年待っていました。
 下が水ようかんで、上が寒天。星は銀箔を散らしてあります。星好きのためのお菓子と言って過言ではありません。

 日持ちするので伝統的七夕まで取っておいたのですが、星空を見てから食べようと、月遅れの七夕までさらに取っておきました。本物の天の川は先日の佐治で見ましたし、お菓子の天の川も食しましたし、めでたしめでたし。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(4) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は甘い物には特段興味がある方ではありませんが、このお菓子はきれいで、
お土産にすると喜ばれそうですね。
そうか、去年どこかで私も目にした話題だったのですね。
Posted by かすてん at 2014年08月09日 08:37
涼しげですし、和菓子ならではの風情です。
たまにはこういうのを楽しむのもよいものです。
Posted by ふくだ at 2014年08月09日 13:05
うぬう、青は食欲わかねえなあw
でもきれい。
Posted by あぴ at 2014年08月12日 17:59
そこは目で楽しむお菓子ですから。
寒天の部分なので、実物を見るとそんなに気にならないですよ>青
Posted by ふくだ at 2014年08月12日 22:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。