塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年08月02日

「HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-」を見てきました

 2014年7月から上映が始まっている「HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-」を見てきました。近畿圏ではまだ上映館がなく、青春18きっぷで倉敷科学センターまで遠征。

 倉敷科学センターは2011年10月にはやぶさ帰還カプセル展が行われたり、2013年の夏に企画展「小惑星探査機『はやぶさ』と宇宙機模型大集合」が行われたり、何かとご縁があります。

 今回は小惑星探査機「はやぶさ2」が主題。
 2014年12月に打ち上げが予定されている、「はやぶさ」を継ぐ探査機です。

 監督の上坂さんはドームスクリーンの名手。3D版ではない映像なのに立体感を感じ、ドームがあることを忘れて、スクリーンがそのまま空に続いている気がしてしまったり。そしてとにかく映像がかっこいい。

 人々の想いを載せて、新たな旅立ちのプロローグ。

 見終えた時に心ここにあらず状態だったのは、「はやぶさ2」とともに自分の心も宇宙へ旅立ってしまったから。
 倉敷は帰還カプセル公開の会場だったこともあり、思いっきり気持ちを揺すぶられました。

 倉敷では夏休み期間中、14:00〜と16:20〜の一日2回の上映が行われています。せっかく足を運んだので、2回分の券を購入。初回はストーリーに没頭し、2回目は映像と音楽を楽しみました。

 今はまだ上映館が少ないのですが(倉敷・相模原・山梨・新潟・鹿児島)、これから徐々に広がると思います。お近くで上映のあるときはぜひ。


posted by ふくだ at 23:49| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。