塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年08月31日

第59回全国高等学校軟式野球選手権大会・決勝戦

 準決勝と変則ダブルヘッダーになった決勝戦。
 試合は12時半開始でしたが、勘違いして1時間遅れで球場に到着。すでに5回を終えてグラウンド整備が行われていました。試合は中京0-0三浦学苑のまま動いていません。

 連戦の中京は疲労の蓄積で不利が予想されますが、一方の三浦学苑も休養十分とはいえ試合間隔が不規則に空いてコンディションの維持は難しかったと思います。びっくりしたのは中京の松井投手がまたマウンドに上がっていたこと。あとで知ったのですが別の投手が先発したものの、4回からリリーフに立ったそうです。
# ダブルヘッダーで投手が投げられるのは15回までという制限があります。

 6回裏中京、二死から内野安打と盗塁で二死二塁。さらに暴投で二死三塁。
 で、もう一回暴投。捕手は前に弾いたのですが、ボールが高くバウンドして、落ちてくるまでの間に三塁走者がホームを陥れます。

  7回裏中京、無死から安打、内野安打、バントで一死二、三塁。ここから投ゴロで三塁ランナーがホームを突いて1点追加。滞空時間の長い高いバウンドのゴロが進塁打になってしまいます。6回といい、7回といい、軟式野球らしい得点。

 このあとすごかったのは中京の松井投手で、8回・9回と6者連続三振。ほんとに4日連続で投げてる投手なのかと思いました。このまま中京2-0三浦学苑でゲームセット。
 写真は優勝の瞬間、マウンドに駆け寄る中京ナイン。

 試合後のインタビュー、中京の平中監督が涙でのっけから声になってません。松井投手の起用について毎日葛藤があったと再び声を詰まり、選手への感謝の気持を述べて嗚咽。スタンドからは温かい拍手が送られます。
 松井投手のインタビューは、涙涙の監督と一転して平静な雰囲気。「日本一を取って疲れはない」と言い切り、その胆力にスタンドから驚嘆の拍手。

 続いて行われた閉会式では優勝旗と準優勝盾の授与、そして両チームの選手にメダルが掛けられます。
 行進曲が「恋するフォーチュンクッキー」(選抜大会の行進曲)なのは後援に毎日新聞社が入っているからか。そういえば前に閉会式を見た時は何の曲が流れていたか、ぜんぜん覚えていません。
 ダイヤモンドを一周する選手たち。この夏、一番最後まで戦いを繰り広げた球児に、惜しみない拍手が送られていました。

 4日間50イニングに渡った準決勝と、ダブルヘッダーとなった決勝戦のスコアボード。日本の野球ファンの間で、一番有名なホワイトボードになったのではないでしょうか。

 閉会式の間、スタンドの上にはトンボが舞っていました。
 すでに硬式高校野球は秋季大会が始まり、選抜へ向けての戦いが続いています。
 まだ残暑は続きますが、季節はもう秋です。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。