塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年10月13日

L字アダプタ自作(1年ぶり2度目)

 コロラド・PST太陽望遠鏡は、架台固定用に下面に1/4インチのカメラネジが切ってあります。カメラ三脚には載るのですが、カメラ用の雲台は微動がついていないものが多く、太陽を追尾するにはちょっと不便です。
 一報、ポルタ経緯台やNewKDS2マウントなど、天体望遠鏡の経緯台として一般的になりつつある片持ちフォーク式経緯台は、ビクセン規格のアリガタ・アリミゾで、PST太陽望遠鏡を直接には搭載できません。

 というわけで工作です。なんか前にもつくった気がするけど、きっと気のせいだ。
 実は以前持ってた鏡筒についていたアリガタのパーツが手元に残っていたのです。せっかくなので有効活用。

 ポルタ経緯台に搭載するとこんなんなります。
 無骨ですけど、この場合、頑丈なのが第一ですから。このタイプのL字アダプタ、購入すると一万円弱しますが、今回はアリミゾを使いまわしたので、千円ちょっとで作っています。自作の余地が生きるところ。

 ついでにポルタ経緯台もデコってみました。宇宙っぽい柄のマスキングテープ巻いただけですけど。
 男子的にはこれが精一杯。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。