塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年11月22日

軍師官兵衛・その16

 第45回「秀吉の最期」、第46回「家康動く」でやっとこ放送回に追い付きました。

 竹中直人の秀吉は最期まで好演でした。
 秀吉は数え62歳で死にます。本能寺の変が45歳、関白就任が48歳、小田原征伐と天下統一が53歳、秀長死去と利休切腹が54歳、文禄の役が55歳、秀頼誕生が56歳、秀次切腹が59歳、慶長の役が61歳。
 天下とった途端にダークサイドまっしぐらな人生で、周囲にいた人たちも大変だったろうなと思います。
 歴史の「if」はいろいろな設定ができますが、羽柴一族に限れば、秀長が長生きするか、秀頼が生まれなければ、たやすく徳川に天下が移ることはなかったでしょう。
# 後者の場合、後継者が秀次しかいないので、信長亡き後の織田家のような家督争いは起こらなかったはず。

 劇中で北政所が「豊臣の天下は一代限り」と言いましたが、彼女にしても天下を取るまでが秀吉との共同作業で、天下を取った後の豊臣政権は半ば手の離れた存在になっていたのでしょう。

 岡田准一の演技もいいですね。
 官兵衛の若い頃は知略も才気走っていましたが、今となっては円熟味と安定感がにじみ出てます。これをきちんと表現できる役者なんですね。ジャニーズ系のアイドルなのをすっかり忘れていました。

 このドラマの徳川家康の描き方はやっぱり好きになれない。
 何かを企んでそうなタヌキおやじなのはいいとして、黒田長政や加藤清正がついていくだけの人間的魅力があるはずなんですけど、そこが描かれていないんだな。なんか長政が怪しいオヤジに籠絡されただけに見えて(劇中そうなんですけど)ちょっと可哀想。

 秀吉は織田家、家康は豊臣家を追い落として天下人になるのですが、家康は印象が今ひとつよくない。
 秀吉も悪辣なことをやっていて、信長の二男・信雄と三男・信孝の家督争いに乗っかって、信孝は殺して信雄も改易して、いつの間にか織田家を乗っ取っちゃいます。ただ他の後継候補にも柴田勝家や徳川家康といった強力なライバルが後見人に付いていて、その争いを勝ち抜いてのし上がったので、あくどいイメージは薄い。また織田家も潰すことはせず、信長・信忠直系の三法師(秀信)は岐阜の領主になってますし(関ヶ原で西軍に与して没落)、信雄の子孫も小藩ながら大名として存続しています。
 家康も家臣間の争いに乗っかってるのですが、関が原は家康自身が挑発してるのと、後に大阪の陣に持ち込む手口が陰湿というかなんというか。壮年期までは律義者で通っていた人なのにどうしてこうなっちゃったのか。秀吉が死んだ時点で家康は55歳だったから、多少は焦りもあったのでしょうか。

 何はともあれ、関ヶ原へ向けて再び面白くなってきました。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。