塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年12月22日

信長協奏曲(ドラマ)・その3

 いきなりの全編シリアス展開。
 いかにも「To be Continued」な幕切れ。

 帰蝶は信長の入れ替わりに気付いてたのか。池田恒興もびっくり。

 サブローが城を後にする場面。既に知っている帰蝶と、帰蝶が知っていることに気付くサブロー。お互い分かった上で、サブローが「信長」である建前を貫く芝居。こういう芝居は好きです。

 話は戻って浅井攻め。小谷城の攻略戦、羽柴勢による京極丸奪取、浅井久政の籠もる小丸の攻略、最後に浅井長政の本丸の陥落。実はほぼ史実に近い経過です。
 後に竹中半兵衛が「お市を救出せずに久政を攻めたのは変だ」と「気付く」のですが、この戦いは浅井父子の討伐が第一なので、隠居の身ながらも家中に影響力をもつ久政を討つのは当然のこと。身内の救出を優先するのは現代人の感覚だよね。
# しかしサブロー、ちゃんと介錯できるんだな。すごい大根斬りだったけど。


 サブローと帰蝶が城門の櫓で語ってるところで幕を下ろせば、ほのぼの終わったのに。

 本来の信長である明智光秀がついにダークサイドに。
 恒興にあそこまで言われたら、そりゃ腐るわな。本来自分で巻いた種なんですけど。
 まさかの竹中半兵衛手討ち。史実では三木合戦まで生きる人なのに、ここで殺しちゃいますか!

 サブローにこれからもよろしくと握手を求められ、一瞬のためらいの後に手を取り合うも、見送る光秀の後ろに「本能寺」の扁額。うわあ、やっぱりこの光秀なのか!
 最初から暗黒面丸出しの秀吉と、ダークサイドに落ちた光秀で本能寺を描くのか、これ。

 しかし2015年12月映画公開って、ちょっと間が開き過ぎでないかい。
 そうか原作の連載がまだ終わってないんだった。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。