塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年01月17日

震災20年

 年に一度の始発電車。この日はいつも座れない程度に人が多いのですが、今年は朝ラッシュに届こうというほどの混み具合。
 兵庫駅の改札で知人と会う。長らく活動してきた鷹取へ向かうのだという。私は友人と兵庫区のボランティアグループの拠点へ。
 20年という節目と土曜日に重なったこともあって、例年の倍以上の人が集まりました。
 焼香、そして5時46分に合わせて黙祷。

 私は関東の出身で震災の経験はありません。いつも戸惑いながらまぶたを閉じ、気持ちが静まると、風の音だけが夜明け前の空間を通り抜けていきます。想像するにはあまりにも大きな出来事。

 この日は職場の会議があり、そのまま出勤。ここでも参加者で黙祷しました。
 午後、職場つながりの追悼行事に参加。

 夕方、友人と合流して新長田駅前の追悼の集いに参加。当初の数年間、お手伝いさせていただいたこともあって、今でも毎年、会場に足を運びます。ここ数年は平日だったので夜の遅い時間しか来ていなかったのですが、久しぶりにろうそくの点灯に間に合いました。
 こちらも昨年までよりずっと人が多く、ろうそくの点灯も後ろで見守っていました。
 夕方の17時46分、半日ずらしての黙祷。
 地元の学生たちが合図の掛け声を送ります。この子たちの半分は震災後に生まれたのかと思うと歳月を感じます。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。