塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年12月28日

筑波宇宙センター見学ツアー参加

 JAXA筑波宇宙センターの見学ツアーに参加してきました。
 以前は宇宙飛行士の訓練施設なども見ることが出来たのですが、現在は曜日によってコースが分かれていて、訓練施設や国際宇宙ステーションの管制施設を見ることが出来るのは平日のみ。土日祝はロケット音響体験+展示施設「スペースドーム」のガイド付き案内の「ロケットコース」のみになっています。

 右写真がロケット音響体験の部屋。ていうか以前からJAXAの広報ビデオを見るのに使っている部屋です。
 マンガ/アニメ『宇宙兄弟』で、子どもの頃の六太と日々人が解説のお姉さんを困らせるのもこの部屋だったと思います。
 JAXAの広報ビデオを見たあと、重低音のスピーカーでロケット打ち上げの際のお腹に響くバリバリという振動を体感できます。面白いのですが、実際の打ち上げを見たことがないので、どの程度の再現度なのかは分かりません。
# 六太が1993年、日々人が1996年生まれの設定なので、2015年現在は2人とも大学生のはず。既に2人の子ども時代は追い越しちゃったんだな。

 スペースドームは何度も見ているので割愛。ガイドの解説があると、より理解が深まって良いと思います。ツアーに参加しなくても定時に解説があるのでぜひご利用を。

 筑波宇宙センターについていえば、スペースドームが出来て展示は充実した一方、「中」を見ることが出来る部分は減ってしまいました。
 そういえば国土地理院も「測量と地図の科学館」が出来てから、測量の日イベントでの本館公開が無くなりました。
 セキュリティなど考えると見学者の動線は分けたほうが望ましいですし、ふだんから見学できる部分は充実したのですから、メリットは分かります。加えて「現場の特別な何かを見たときめき感」も欲しいと言ったら贅沢なのかもしれません。
# 私は学生時代に地理を学びましたが、高校時代に国土地理院の測量の日イベントを見学した影響が大です。

 ちなみに2004年に参加した筑波の見学ツアーはこんな感じでした。
JAXA筑波宇宙センター訪問(2004.5.31)
 展示物の多くはスペースドームに移された一方、訓練用のプールは無くなりましたし(東日本大震災で被災して廃棄)、一般の食堂利用もできなくなっています。

 おまけ。
 私が入る機会はなさそうです。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。