塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年12月28日

つくばエキスポセンター

 夕方、つくばエキスポセンターへ。お目当ては「MUSICA〜宇宙はなぜ美しい?」。これも関西では上映館がなくて(以下略)。
 科学の枠を半分踏み出したような感覚で(ぎりぎりのバランスをキープしてる)、「Eternal Return」を切り口変えるとこうなるのか、と。上坂監督の映像はカッコいい印象なのだけど、この作品に関しては「美しい」。
 ふだん科学館などに縁の薄い友達を誘うのなら、おすすめの選択肢。
# 山梨県立科学館の高梨さんプロデュースというのが納得。

 エキスポセンターのH-IIロケット実物大模型は塗装工事が終わってきれいになっていました。写真の手前の八木アンテナは、「はやぶさ」カプセルの帰還の際にビーコンを受信するのに使われたもの。屋外展示されています。


posted by ふくだ at 23:47| Comment(3) | プラネ/天文台/科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カプセル回収時の八木アンテナ、そんなすごいものが展示されているのですか。灯台下暗し?
Posted by meineko at 2015年02月03日 09:20
昨年(2014年)の1月にはすでにありました>カプセル回収時の八木アンテナ
http://sao.seesaa.net/article/384749566.html

日本アンテナの製品だそうです。
http://www.nippon-antenna.co.jp/news/release/hayabusa_kikan.html

パッと見、アマチュア無線の144MHzと同じくらいの大きさかと思ったのですが、200MHz帯域用ということで一回り小さいことになりますね。
なお、ビーコンの周波数は242.0MHzだったそうです。
http://www.minorbody.org/message/nojiri_blog/nojiri_blog01.html
Posted by ふくだ at 2015年02月03日 21:03
大阪市立科学館の企画展「はやぶさ帰還とイトカワの石」で、カプセル回収時のアンテナも展示されるそうです。2月5日(木)〜2月22日(日)開催。
http://www.sci-museum.jp/news/?p=1388

なお主役はアンテナじゃなくてイトカワの微粒子です。
Posted by ふくだ at 2015年02月03日 21:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。