塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2014年12月31日

平将門胴塚

 平将門の首塚は東京の大手町にあります。将門の戦死後、首は京都に送られますが、後に郷里を目指して空を飛び、力尽きて落ちて葬られた場所と伝えられています。工事の手が入る度に凶事が起きるという逸話も知られています。

 では胴体はどうなったかというと、こちらは将門が本拠をおいていた茨城県岩井市(現:坂東市)に葬られたとされ、神田山延命院の境内に「平将門胴塚」があります。

 地元ながら足を運んだのは初めて(だと思います)。国王神社はじめ平将門の関連史跡は岩井市街地の北外れにありますが、将門胴塚だけは市街地の東側で、少し離れているのです。

 大きな木の根元が塚になっていて、というより塚に植えた木が大きくなってしまったのでしょう。
 一帯の地名は「神田山」と書いて「かどやま」と呼びます。文字面は東京の神田明神と共通なのが面白いところ。「神田」の方は将門の胴体すなわち「からだ」が「かんだ」に転訛したとも、「かどやま」の方は「将門山」が略されて「かどやま」になったとも言われていますが、さて。

 将門は逆賊として討伐されますが、後に崇敬の対象となります。
 地元では英雄扱いなので、日本史の教科書で反逆者になっているのはずいぶん後になって知りました。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 地図と地理と遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。