塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年02月08日

ほしとも☆キッズ135「My望遠鏡を作ろう!」

 定番の天体望遠鏡工作。
 今回は星の手帖社の「組立天体望遠鏡 35倍」を採用。って私が担当したわけではなく、通りすがりでお手伝いさせて頂きました。
 天体望遠鏡工作キットとしてはオルビィス社の「コルキット スピカ」と双璧ですが、後発の星の手帖社のものは接着剤不要のスナップフィットプラモデル感覚。工作の充実感は大人としては物足りないくらいですが、実使用面はよく考えられています。

※2011年に書いた比較記事→こちら(情報が少々古いので後で修正します)

 工作自体は接眼レンズの組み付けを慎重にという程度で、さほど難しいところはありません。
 完成後は外に出て地上の景色で練習(というか遠くに天体写真を貼り付けてそれを導入)。

 35倍ともなると視野が狭くて導入に苦労するのですが(一般家庭にあるような三脚の雲台だと角度の微調整も難しい)、意外にみなさん健闘されてました。今回、風速15m/s(最大瞬間風速20m/s強)という強風下で、これだけはちょっと厳しかった。何台か三脚ごと風で倒されてました(ていうか私が持参した望遠鏡も目を離した隙に架台ごと転倒)。
# 買ったばかりの架台に傷が入っちゃいましたが、帰宅して点検したら修復可能な範囲でした。ほっ。

 夕方からの友の会の観望会で、何名かは早速、完成した望遠鏡を空に向けられていました。嬉しいですね。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。