塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年02月09日

D5000 vs D5300 vs D5500

機種名D5000D5300D5500 D7100 (参考)E-PL7
有効画素数12.3メガピクセル2416万画素 2410万画素 1605万画素
記録画素数(ピクセル)4288×28486000×4000 6000×4000 4608×3456
ファインダー視野率約95%約95% 約100% (別売りEVF)
ファインダー倍率約0.78倍約0.82倍 約0.94倍 (別売りEVF)
連続撮影速度最高約4コマ/秒最高約5コマ/秒 最高約6コマ/秒 最高8コマ/秒
ISO感度200〜3200100〜12800100〜25600 100〜6400 200〜25600
動画1280×720/24p1920×1080/60p 1920x1080/30p
液晶モニター2.7型液晶・VA
約23万ドット
3.2型液晶・VA
約104万ドット
3.2型液晶・VA
(タッチパネル)
約104万ドット
3.2型液晶
約123万ドット
3.0型液晶・VA
(タッチパネル)
約104万ドット
大きさ(W×H×D)(mm)約127×104×80約125×98×76約124×97×70 約136×107×76 115mm×67×38
質量(本体のみ)約560g約480g約420g 約675g 約309g

 ニコンから一眼デジカメの新機種D5500が発表されました。バリアングル液晶モニタ搭載のエントリークラスで、私が使っているD5000の後継系列です。D5000は2009年に購入したので、今年で丸6年になります。そろそろ買い替えだろと思いながらも思い切りがつかずに今に至っているのですが、さて今回はどうしようかな。

 D5500は先代のD5300とカタログスペックはほとんど差がありません。一番大きな違いは液晶モニタがタッチパネルになったこと。あと大きさ・重さともひと回り小さくなっています。この違いを気にしなければ旧機種となって値下がりが期待できるD5300が狙い目。

 タッチパネルは触ってみないとわからないのが正直なところ。天体写真はライブビューでのピント合わせを多用するので、画面の一部分を拡大してみることが多く、操作性が良ければ大いに期待したいところです。

 表記していませんが、D5300・D5500・D7100・E-PL7の画像センサーはローパスフィルターレス。上位機のD7100とセンサーだけなら大差無いようですが、かつてのD90とD5000と似たような関係でしょうか。

 それにしてもD5000と比較すると小さくなったものです。モニタは大型化しているのに140gも軽くなるとは。ただコンパクトさを取るならどうやってもマイクロフォーサーズ機にはかないません。レンズ含めた大きさ・重さで比べると2/3くらいに収まるはず。

 そのうち買った人のレビューが上がってくるでしょうから、しばらく情報収集です。



posted by ふくだ at 23:48| Comment(2) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
E-PL6が投げ売り状態なので,価格的には魅力があります。
Wズームキットで4万割りました。

あ,でも,ニコンとレンズマウントの互換性が無いか……

E-PL6とE-PL7の間には,結構機能差があって,E-PL7は「比較(明)合成」を自分でやっちゃうんですよね。
機能的にはOM-Dに近い。

ただ,画質や画素数に関しては6も7も大差ない。

簡易赤道儀に乗せるなら,軽いに越したことはありません。
既にニコンマウントのレンズを何本か持っている,と言う条件でD5500を選択,と言うところでしょうか。

あとは電池の持ちがどうなのか……
Posted by なかを at 2015年02月10日 09:03
D5000の買い替え候補は、もともとミドルクラスにステップアップしてD7000系を考えていました。
ところがD7000/D7100は大きくて重くて(よいカメラなのですが)、旅行などに持っていく気になれない。高価なカメラを買って天体専用にしてしまうのはどうなんだ?…というところから迷走しています。

昼間に外に連れ出す頻度を考えるとマイクロフォーサーズが最有力ですが、レンズシステム一式そろえ直しになるのが難点。私の場合は当面ダブルズームレンズキットで事足りるのですが、家にこれ以上レンズが増えるのも面倒。

もう一つはエントリークラスのAPS-C機とマイクロフォーサーズはポジションが近いこと。
所有しているカメラが仮にフルサイズ一眼またはミドルクラスのAPS-C機なら、サブ機としてマイクロフォーサーズを手元に置くのに迷いはないのですが、D5000系やD3000系だとポジション被るんですよね。

マイクロフォーサーズは先月だったか梅田のヨドバシで実機を触ってきて、もし買うならE-PL7かOM-Dのどちらかと思っています。E-PL7の比較明合成は魅力です。

簡易赤道儀はナノトラッカーを持ってはいるのですが、今のところ、あまり活用できていません。
極軸合わせが下手なのか歩留まりがあまり良くなくて、ミニボーグで短時間追尾できる程度の小型赤道儀(GPガイドパック級)がほしいと思い始めているところです。

D5500はすでに使っているカメラの延長というところで、「攻め」の選択肢ではないのですが、同系統での更新としては俎上に乗る機種が出てきたかなという印象です。
Posted by ふくだ at 2015年02月11日 01:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。