塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年02月17日

映画「繕い裁つ人」

 友人がチラシをくれたので見に行ってみました。
 官兵衛の奥さん(中谷美紀)とあまちゃんの安倍ちゃん(片桐はいり)が出てるので大外しはないだろうと思っていましたが、まずまずよかったです。

 先代の仕立てた服の仕立直しを続けている街の仕立て屋さん。
 一生着続ける服。もちろん普段着の話ではなく、特別なときに着る服の話ですが、身の回りのほとんどの品物からそんな感覚が失われている中で、頑なにそのスタンスを守り、またそれに信頼を寄せているお客さんがいる。

 テンポは緩めながら、主人公のスタンスを丁寧に丁寧に描いているのが好感。

 原作コミック(お試し版で冒頭だけ読みました)では特定の舞台は定めていないようですが、映画は神戸を中心とした兵庫県内のロケ。神戸の風景を隠しもしない撮り方をしているので、映画の中の洋裁店は灘区の山手なのだなと。あの辺の山手なら、あの洋裁店の商売が成り立つ世界があるかもしれん(勝手に納得)。
 百貨店は神戸大丸ですが、出先で夜までお団子食べている悠長な社員抱えていてお大尽なお店だなと思いました(いや劇中の話ですからそれ)。大丸神戸店の建物は、いかにもな百貨店の雰囲気で絵になるんですよね。映画はシネ・リーブル神戸で見たのですが、外に出てすぐにスクリーンの風景が出てくると、めまいがしそうになります。
# 神戸が舞台なのに登場人物がみな関東弁ですが、原作がそうなのでこれは変えられなかったでしょう。

 終盤、塩屋のグッゲンハイム邸が出てきます。内階段がちらりと映ったところで「あれ、これもしかして」と思ったのですが、やっぱりそうでした。グッゲンハイム邸は街のイベントで使われたり、友人があそこで結婚式をあげたりしているのですが、馴染みのある場所を大切に撮ってくれると嬉しいですね。

 原作付きの話ということで、エピソードをつなぎあわせた感はあります。作品としてまとまっていますが、連ドラ向きの話なんだろうなという気も。でも今の時代、淡々としたテンポのドラマはNHKあたりでないと出来ないだろうなあ。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。