塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年02月26日

バーティノフマスク その後

 以前に自作したバーティノフマスク。
 望遠鏡での撮影時のピント合わせに欠かせないアイテムになっていたのですが、こともあろうに行方不明にしてしまいました。

 バーティノフマスクマスクを利用したピント合わせの様子は「ボケの形でピントを判断する」(虹色の旋律)が分かりやすいです。
 ライブビューでピントを追い込むとき、最後はピントの山の中心をカンに頼って探していましたが、バーティノフマスクマスクを使うと視覚的に中心が分かるので、劇的に歩留まりが良くなりました。
# 惜しむらくはある程度の焦点距離がないとパターンが見えにくいので、広角レンズには使えないこと。

 前に作った際の材料は余っているのでもう一度作りなおそうかとも思ったのですが、それなりに工作が大変。難しくはないのですが、きっちり平行に塩ビ板を切り抜くのが手間なのです。
 で、当時は国際光器扱いの製品(金属製・口径60mm級対応で3千円台)しかなかったのですが、現在はアストロアーツ扱いの製品(プラ製・口径60mm級対応で千円台)が出ています。費用対手間を考えると買った方が安いと判断。
# 組立望遠鏡木製架台と一緒に発注したので、送料が浮きました。

 で、届いた翌日にですね、失くしたと思っていた自作バーティノフマスクが出てきたわけです。望遠鏡を置いている棚の後ろに落ちていました。そんなところにはまっていたとは思わなんだ。
 なんであと一週間早く出てこなかったかなあ……
# ちなみに自作品が左、購入品が右。


posted by ふくだ at 23:46| Comment(1) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんのパーティーのマスクかと思いきや(笑)
やるな、棚の後ろ。それはなかなか気づけない。
Posted by あぴ at 2015年02月28日 23:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。