塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年03月06日

2015年最小の満月

3月5日 16時33分:月の距離が最遠(1.057、40万6385km、視直径29.4′)
3月6日 03時05分:○満月
アストロアーツ:天文現象カレンダー
 ということで、3月5〜6日の晩は月が遠地点を通過した直後に満月を迎えます。実はこれが2015年で見かけの大きさが最小となる満月。
 宵のうちに写真を撮ろうと思っていたのですが雲が広がっていて、そのうちうっかり寝てしまって、早朝に目が覚めて慌てて撮影したのがこれ。といっても一枚だけでは大きいのか小さいのか分からないので、他の時期に同じ光学系で撮影した月と比べる必要があります。

 2015年3月6日4:38撮影。ボーグ77EDII+1.4倍テレコンバーターDG(D=77mm,f=714mm)+NikonD5000。トリミング、トーンカーブ処理済。
 クリックすると等倍切り出しの写真を表示します。

 若干、粒子が荒れ気味なのは、やはり薄雲(もや?)がかかっていたうえに低空で、超低コントラストの画像をきつめに処理したためです。本当はもう少しカリカリに硬調にしたほうが好みなのですが……

 一眼デジカメを引っ張りだしたのが1月12日にラブジョイ彗星を撮影して以来ほぼ2ヶ月ぶりで、望遠鏡を外に出してセッティングしたらカメラのバッテーリーが切れかかっていました。あわてて予備のバッテリーに交換しましたが、こちらも干上がっていて、カメラの電源が入りません(そういえば予備のバッテリーの充電したのいつだったんだ!?)。
 いやはや、焦りました。


posted by ふくだ at 05:12| Comment(0) | 星空観望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。