塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年03月23日

“子午線を創造する”展

 アスピア明石で開催されている(〜2015.3.24)「“子午線を創造する”展」を見てきました。
 神戸新聞の明石版で「トキのまち明石から」と題した子午線をテーマにした連載記事があり、2014年11月に掲載された第三部で、子午線をテーマにした若手アーティストの創作作品を紹介。
 今回は記事で取り上げられた作品が一堂に会しての展示です。

 私の場合、子午線といえば天文か地理かどちらかのアプローチしかしないのですが、芸術やってる方々の手にかかるとあれこれ飛びまくった解釈をされていて楽しいです。
 直感的に「なるほど!」と分かるものもあれば、「これのどこが子午線やねん?」という作品もあります。作品の脇には連載当時の記事が添えられていて、それを読むと作者の込めた思いが分かるのですが、自分なりに読み解いたことと作者の意図が一致していると、気持ちが通じあったようで嬉しかったりします。ぜんっぜん分からないものでも「そういう切り口で来たか!」とそれはそれで面白い。

 個人的には精緻なネイルアートに心惹かれました。これは実物見ると造形の素晴らしさに感動します。
# いやまあ私が身につけるわけにはまいりませんけれども。

 今回「おおっ、明日までやんか。あ、最終日は17時終了か、今日の仕事帰りに見に行くしかないやんか」と慌てて寄ったのですが、また別の機会も検討されていらっしゃるとかで、子午線ファンとしては多くの人に楽しんでいただければ嬉しいなと思います。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。