塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年03月28日

D5500触ってみた

 家電量販店でD5500触ってきました。結論からいうと「これいい」です。

 ボディのサイズだけなら幅と高さはマイクロフォーサーズのOM-D並み。奥行きはOM-Dのほうが薄いのですが、D5500くらい厚みがある方が持ちやすい(これは個人差のあるところ)。
 D5300との比較だと、D5500の方が一回り小さいのですが、これは持ち比べて分かる程度。D5500は小さくなってもグリップが深いので、持ちやすさにそれほど違いはない感じ。
# D5000と比べると、D5300もD5500も小さいです。感覚的にかつてのD3000くらい。

 D5300とD5500の撮像素子は同じなので、タッチパネルの有無が一番大きな違い。
 D5500のタッチパネル、ライブビュー時に指の操作で拡大・縮小ができないようなのが残念なところ(撮影した写真を見るときは可能)。メニュー操作時にもタッチパネルが使えるのですが、これは試してくるのを忘れました。ぬかった。ただタッチパネルで設定できるのは便利なはず。

 D5300との比較だと撮像素子が同じなので、いっそ値崩れするD5300を狙うのもありだし、撮像素子が更新される(かもしれない)次の機種を待つのも良いかもしれません(タッチパネルもより洗練されるかも)。
 マイクロフォーサーズ機との比較だと、持ち易さと操作性はD5500。ただレンズを含めた全体の大きさはマイクロフォーサーズ機が圧倒的にコンパクト。D5500はキットレンズの標準ズームも小さく、一眼デジカメの中ではじゅうぶんコンパクトですが、ミラーレスには敵いません。操作性と可搬性のどちらを取るかはかなり悩ましいです。
# むかしパナソニックG1を買うつもりで、手に馴染んだニコンD5000を買ってきた前科あり。

 理想を言うと一眼デジカメは天文用にフルサイズ機、旅行用にミラーレス機の二台持ちで使い分けたいのですが、街中観望メインの身では天体写真でフルサイズ機の性能を引き出せる機会が少ないのが思案のしどころ。だったら両方そこそここなせるAPS-C機の更新でいいような。ああ。


posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。